PANERAI

パネライ(取扱い品目一覧)

ルミノールパワーリザーブ、ルミノールマリーナGMT、サブマーシブル、ラジオミールブラックシールなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
パネライ
創業 大正 9 年の老舗パネライの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではパネライ(PANERAI)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。パネライの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

パネライの時計にはルミノール、サブマーシブル、ラジオミール、ルミノール1950、フェラーリなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。パネライの時計には、複雑機能を組み込んだルトゥールビヨン搭載のモデルがありますが、こうした珍しい時計であっても買取、質入れできるので、他店で買取価格や質入れ価格を出せなかった場合などはぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

パネライの時計は、軍用時計であったために大型で厚みもありインパクトのあるデザインなので、現在の流行にのったデザインの時計なので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、パネライの時計でもケース径が小さな40mm程度のモデルは査定が低くなりがちです。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。パネライの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

パネライの査定相場

下記のパネライの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のパネライ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のパネライ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

パネライ 取扱い品目一覧
サブマーシブル
SUBMERSIBLE
ラジオミール
RADIOMEAL
ルミノール1950
LUMINOR1950
ルミノールパワーリザーブ
LUMINORPOWERRESERVE
ルミノールマリーナGMT
LUMINORMARINAGMT
ルミノールGMT
LUMINOLGMT
ルミノールマリーナ
LUMINORMARINA
ルミノール1950クロノ8デイズ
LUMINOR1950CHRONO8DAYS
ルミノールクロノグラフ
LUMINORCHRONOGRAPH
ラジオミールブラックシール
RADIOMEALBLACKSEAL
フェラーリクロノグラフ
FERRARICHRONOGRAPH
パネライの査定のポイント
パネライ(PANERAI)について

1860年、イタリアのフィレンツェ グラツィエ橋の近くにパネライの工房兼時計店が完成します。この工房を完成させたのは、後のパネライの創業者となるジョバンニ・パネライです。ジョバンニは時計技師であっただけでなく、この工房で弟子の指導もしていたので時計学校としての役割も担っていました。なお、イタリア フィレンツェでの時計学校は、この工房が最初と言われています。この工房は後に、現在のパネライの店舗のあるサン・ジョバンニ広場の大司教宮殿内に移転することとなり、20世紀最初の頃に店名も変更されて「Orologeria Svizzera(スイス時計店)」と呼ばれるようになりました。

ラジオミール開発について

第2次世界大戦の始まる直前 1936年に、パネライはイタリア海軍の特殊部隊工作員のために、特殊な時計の製作を依頼されます。この時計は現在の「ラジオミール」の原型とも言われている試作品で、47mmの大型ケース、夜光性能のある数字とインデックス、手巻きの機械式ムーブメント、潜水服の上から腕に付けることが可能な長い防水性ストラップの採用などが特徴です。これらの特徴は、現在のラジオミールにも多く残されていて、ラジオミールのルーツは海軍の特殊時計であったことがわかります。

海軍用に作られた特殊時計の試作品製作から2年後の1938年、その試作品の特徴を生かした「ラジオミール」の製品としての製作がスタートします。このラジオミールは、二重に重なり合った文字盤構造を採用し、ラジウムベースの夜光塗料を塗布した板の上に、インデックスの数字部分を切り抜いた板を重ねた文字盤が採用されました。また、金属製の棒をまげてケースに接着させたワイヤーループ式のアタッチメントの採用、秒針やスモールセコンドを省いたシンプルな構造、4つの大型数字のマーカーなどが特徴です。

1940年頃からイタリア海軍の要請はさらに高いものになり、より過酷な条件でも長時間、正確に作動し、破損しない時計が求められるようになりました。そのためにケースとラグが一体になったケースの採用し、製作方法もステンレススチールから削り出す方法がとられました。リューズも激突で破損しないように、円錐型から円柱型のリューズが採用されました。後の2012年 国際高級時計店に「ラジオミール1940スペシャルエディション」として出品された時計は、このモデルをリニューアルしたものだと言われています。

ルミノール開発について

1949年、ラジウムベースの塗料に変わって、新しい蛍光塗料 ルミノールが発表されます。この素材もラジオミール同様に1949年1月11日に「ルミノール」という商標で特許を取得しています。
1950年には、この新しい蛍光塗料の名を冠したモデル「ルミノール」が発表されます。ラジオミール1940でも採用された、ケース本体とラグが一体になったケース、半円形のリューズガード、幅広型のベゼルなどが採用されていおり、これらは「ルミノール1950」と呼ばれています。

1956年にはエジプト海軍用として「エジツィアーノ」と呼ばれる、ケース径が60mmのラジオミールが製作されました。また同年半円型のリューズガードに関する特許申請が行われ、このリューズガードは後々までパネライの時計の象徴ともいえる存在になりました。