失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン タイガのベルトを買取

須賀質店渋谷営業所でルイヴィトンのベルトを2万円で買取りました。こちらのベルトはタイガシリーズのお品物で、ブラックの型押しレザーはシックな装いにピッタリです。

ヴィトンのベルトを買取

世界中でバッグ、アパレル、腕時計などの愛用者が多いルイヴィトンですが、まわりの人と同じになってしまう・・・と敬遠される方もいらっしゃいます。その際はベルトやネクタイ等の小物、さりげなくマネークリップなど自分にぴったりなアイテムをルイヴィトンで探してみるのはいかがでしょうか。初対面の方から「よく見たらそのアイテムはルイヴィトンですね」と一気に距離を縮めることができるかも知れません。

 

 

ルイヴィトンの逸話

 

 

ルイヴィトンの設立は1854年にフランスで、スーツケースの職人であったルイ・ヴィトン氏が創始者です。現在ではLVMHグループの中核ブランドとなっています。

 

ルイヴィトンは映画にもなったタイタニック号の沈没事件において、「ルイヴィトンのトランクに入っていた衣類は濡れていなかった」や「ルイヴィトンのトランクは沈まずに海中に浮かんでおり、乗客たちがつかまり助かった」などの言い伝えをよく耳にします。

 

残念ながらこれらの話が真実かどうかを検証することは困難ですが、この様な逸話ができるくらい素晴らしい品物を私たちに提供しているブランドであることは間違いないです。

 

 

ルイヴィトンタイガのベルト買取金額と査定

 

 

今回はルイヴィトンのベルトを買取りました。状態は未使用で箱や布袋などの付属品が揃った状態での2万円査定となりました。

 

まず全てのベルトが買取査定の対象になるかと言えば、残念ながらそうではありません。今回のルイヴィトンの様にハイブランドの品物で、使用感が少ない状態が対象となります。

 

更に「状態」が非常に常用となり、使用してベルト穴の広がり等の劣化、着用による反り返り等がある場合はかなり低い査定額か、お値段をつける事ができずにお断りする事もありえます。

 

バッグや財布等の革製品同様、ベルトの査定において状態は非常に重要な判断要素となります。上記以外ではバックル部の金属に大きな傷があったり、変色がみられる場合はマイナス査定となりますので注意して下さい。

 

 

ルイヴィトンタイガのベルト買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではルイヴィトンタイガのベルト買取について解説しました。ルイヴィトンで人気のカテゴリーと言えばバッグや財布類ですが、この記事を書いている須賀質店では今回買取したルイヴィトンのベルトをはじめ、腕時計やアクセサリー、ネクタイなども取り扱い実績が豊富です。

 

買取店や質屋にはお店によって得意なお品物と苦手なお品物があると思います。須賀質店ではルイヴィトンなどのブランドバッグや財布、ロレックス等の腕時計、カルティエ等のジュエリー、貴金属製品、スマートフォンなどの家電、デジタルカメラなどが取扱い実績豊富なお品物です。

 

逆に着物、毛皮、骨董品、絵画などはお取扱いができずにお断りする事が多いお品物となります。売却をお考えのお品物が取扱い可能か?等もお気軽にお問い合わせ下さい。

ルイヴィトンの財布(取扱い品目一覧)←こちら

ルイヴィトンのバッグ(取扱い品目一覧)←こちら

ルイヴィトンの財布買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。