失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

0.310ctのダイヤモンドを買取

須賀質店五反田本店でダイヤモンドを1万2千円で買取りました。今回買取したダイヤモンドは内包物が少ない質の高いお品物でした。ダイヤモンドは4Cという基準に基づいて行ないます。「Cut(カット)」「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティー)」の4項目の頭文字が全てCから始まるため4Cと呼ばれており、それぞれランクを付ける事によりダイヤモンドの価値を決めていきます。査定後に鑑別を依頼したところ、Kカラー・VS1クラリティ・Goodカットと言う結果がでました。

ルースダイヤの買取

 

ダイヤモンドの査定方法

 

 

ダイヤモンドを査定する際は、上でも書いた「4C」を用いてグレードを決めていきます。

 

先ずは「Carat(カラット)」。専用のゲージを用いてCaratの検討を付けていきます。鑑定書やソーティングと呼ばれる資料あれば、正確にCaratを判断する事もできますが、ダイヤモンドのみの場合はおおよそのCaratをゲージで判断します。

 

次に「Cut(カット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティー)」を判断します。この際はピンセットを用いてダイヤモンドを慎重につかみ、質屋の必須道具であるルーペを用いて査定を行います。

 

肉眼では確認できないカットの精度、内包物やキズの確認、色味を確認するのですが、数多くのダイヤモンドを見てきたかの経験値も重要になります。

 

須賀質店の全ての査定員は、日々の査定業務をはじめ、業者専門オークションへの参加など、ダイヤモンドに触れる機会を数多く経験してきております。

 

「4C」を正確に判断する事ができるからこそ、自信をもって高額査定をお客様に提示する事が出来るので、ダイヤモンド売却をご検討中の方は、お気軽に須賀質店にお問い合わせください。各店舗の査定員が、精一杯の買取金額を提示させていただきます。

 

 

 

0.310ctのダイヤモンド(Cut :Good・Color :K・Clarity:VS-1)買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では0.310ctのルースダイヤモンド(Cut :Good・Color :K・Clarity:VS-1)買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店は五反田、渋谷、池袋に店舗を構え、各店舗にダイヤモンドの査定に精通したスタッフが常駐しております。

 

また、今回はダイヤモンドのみの買取となりましたが、貴金属ジュエリーとセットでの買取も大歓迎です。貴金属、ダイヤモンドそれぞれの査定額を算出し、合計した金額が買取査定額となるのでお任せください。

 

「ダイヤモンドは永遠の輝き」というキャッチコピーの通り、中古市場でも高値で取引されるダイヤモンド。買取査定前にはジュエリーとダイヤモンドの隙間に溜まった汚れや埃を取り除くだけでも輝きが戻り査定員に好印象を与える事ができます。

 

他の宝石が付いている場合は輝きが失われる場合があるの要注意ですが、ダイヤモンドのみの場合は石鹸とぬるま湯を用いて歯ブラシなどで優しく汚れをかき出すと驚くほど輝きを取り戻すことができます。他店での査定でも有効だと思いますので、是非お試しください。

 

ダイヤモンドの相場←こちら

ダイヤモンドの買取事例→こちら

ダイヤモンドの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。