失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

コーチのシグネチャートートバッグを五反田本店で高価買取

2019年12月5日

須賀質店五反田本店でコーチのトートバッグを2,500円で買取りました。こちらのシグネチャーラインのお品物で、女性が普段使いするにはピッタリなトートバッグです。

コーチのバッグを買取

コーチと言えば「アクセシブル・ラグジュアリー=手の届く高級品」の考えから、買いやすい価格設定でありながら高品質なアイテムを販売し、老若男女問わず人気の高いブランドですね。

 

そのコーチの中で最も人気があるラインの1つがシグネチャーラインです。2001年に誕生した同ラインは、1941に創業したブランドの歴史から見れば新しいラインです。しかし、ブランドイニシャルである「C」をモノグラムとしてあしらったシグネチャーラインは、日本等のアジア圏を中心に人気を獲得し、瞬く間にブランドの代表ラインに成長しました。

今回はコーチのシグネチャートートバッグをどうすれば高価買取してもらえるのかを須賀質店が解説します。

 

 

須賀質店が解説するコーチのシグネチャートートバッグを高く売るポイント

 

シグネチャーラインのアイテムは、デザイン性だけでなく機能性や耐久性が高くので人気があります。レザーアイテムに比べるとお手入れが簡単な点や、雨などに気を使うことも少ない為、特に女性のお客様に愛用者が多いのではないでしょうか?

今回買取したアイテムはキャンバス素材にコーティングを施したものです。但し「レザーより丈夫でお手入れも簡単だから乱暴に扱っても平気」という考えは、特に高価買取を目指すお客様は持たない方が良いでしょう。

 

バッグは丁寧に扱っているつもりでも、細かな傷や汚れは避けられませんし、使用頻度が高ければ角部分の擦れやハンドル部分の劣化、型崩れなどが現れやすくなります。

 

ブランドバッグの査定額を決める大きなポイントは「状態」です。状態が良ければ高額査定となり、傷や汚れなどがあり状態が悪ければ査定額は下がってしまいます。

コーチのシグネチャートートバッグで高額査定を目指す場合、普段から丁寧に扱い状態の悪化を防ぐことがポイントにまります。

 

 

コーチのシグネチャートートバッグ買取まとめ

 

 

今回はコーチのシグネチャートートバッグをどうすれば高く売ることができるかについて説明しました。一部限定品やレアアイテムを除き、販売価格(新品を購入する価格)より売却価格(中古品として売ってしまう時の価格)が高くなると言事はありません。

 

コーチと言えば「アクセシブル・ラグジュアリー=手の届く高級品」と言う観点から近年ではアウトレットモールに積極的に進出し、そのイメージが定着しています。

 

デパートやアウトレットではないブティックでは通常の価格で販売されていますが、アウトレット店では「定価の〇〇%オフ」と値引き率の高さを前面に出して販売していますね。

 

品物も一部を除いてアウトレット専売品として生産されたものが店頭に並んでいます。一般的にもこのイメージが強い為か、中古品のコーチを買う場合に「この値段ならもう少し頑張ってアウトレットモールで新品買おうかな」と考えるお客様が多いようです。

 

こうなってしまうと、中古品としての人気は低くなってしまい、高額査定を得る事は難しくなってしまうでしょう。しかし、少しでも高く売りたい場合は上でも説明したように状態の悪化を防ぎ、売却したお金で新しいバッグに買い替えたりできるようにしましょう。

コーチのバッグ買取事例←こちら

コーチの財布買取事例←こちら

バッグ(取扱い品目)←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事