失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金のダイヤモンドつきノンブランドリングを五反田本店で高価買取

2019年12月13日

須賀質店五反田本店でノンブランドのリングを32,000円で買取りました。こちらのお品物は18金イエローゴールド製で、合計0.33ctのメレダイヤがついたお品物です。

18金リングの買取

メレダイヤとは中石を引き立てる脇石などの小粒なダイヤモンドの事を指します。ダイヤモンドは研磨で精製する前に、形を整えるために一部分を切り落とします。

 

その切り落とされた小さなダイヤを集めて加工したのがメレダイヤです。メインの加工には必要ない部分を再利用する事から、一部ではクズダイヤと呼ばれる事もありますが、正真正銘のダイヤモンドですので須賀質店でもクオリティーに応じてしっかり査定をさせていただきます。

大きさの明確な定義はないのですが、一般的に0.1ct以下のものを指すことが多いようです。

 

今回はメレダイヤつきのノンブランドリングをどうすれば高く売ることができるのかを須賀質店が解説します。

 

 

須賀質店が解説するメレダイヤつきノンブランドリングの高価買取

 

今回買取したお品物は、いわゆる「ノンブランドジュエリー」と呼ばれるもので、百貨店や宝石店などが独自に仕入れたり作成したお品物等がこれにあたります。

 

一方、カルティエやブルガリなどの有名ジュエラーのお品物は「ブランドジュエリー」と呼ばれて区別され、査定額も変わってきます。

 

 

ブランドジュエリーと呼ばれるお品物は、金やプラチナ等の素材と、ダイヤモンド等宝石の価値+ブランドに対する価値が評価されたお品物です。一方、ノンブランドジュエリーと呼ばれているお品物は、素材や宝石に対する価値で買取されるお品物です。

リングが歪んでキズだらけなので査定額が下がってしまうのか、ネックレスが千切れてしまっているので買い叩かれてしまう・・・と思う方もいらっしゃいますが、ノンブランドジュエリーの場合は査定額が変わる事はありあせん。

 

ブランドジュエリーであれば中古品として再販する事が殆どですので、状態は査定ポイントの1つになります。しかしノンブランドジュエリーの査定は、上でも書いた通り金やプラチナ、宝石に対する価値を査定しているので形状はどの様な状態でも査定額が変わりません。

 

但し、メレダイヤがついたお品物は「メレ落ち」と呼ばれるダイヤモンドの欠損に注意してください。1つひとつが小さいので、ぶつけた拍子にダイヤが1つ外れてしまう等があり得るのですが、こうした場合は査定額に影響があります。

メレダイヤ付きのノンブランドリングで高額査定を目指す場合、形状やキズなどは気にする必要はないが、メレ落ちが無いかを確認して査定にお持ちください。

 

 

18金ダイヤ0.33ctつきリングの高価買取まとめ

 

今回の記事では18金ダイヤ0.33ctつきリングの買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店では18金やプラチナ900など貴金属の買取実績がとても豊富です。

 

貴金属とはジュエリーに限らず金貨、食器などの雑貨、金歯なども含まれております。経験豊富な須賀質店のスタッフだからこそ査定できるケースも多々ございますので、貴金属の売却をお考えの場合は、お気軽に須賀質店にご相談下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事