タグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110を高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

タグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110を高価買取

タグホイヤーの買取須賀質店渋谷営業所で、タグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110を買取いたしました。以前はホイヤーという社名でしたが、資金難の際に、タグ社から資金援助を受けた事で、タグホイヤーに変更されました。現在では、ルイヴィトンを擁するLVMHの傘下のブランドの一つとなっています。

 

タグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110の買取

 

タグホイヤーは設立当初からクロノグラフ等の製造に力を入れていて、F1やインディカーシリーズといったモータースポーツの公式時計を務め、そういったカーレース向けのスポーツウォッチのイメージの強いブランドです。

 

しかし、アクアレーサーはモータースポーツ向けの時計では無く、ダイバーズウォッチ、つまりは潜水仕様のモデルになります。

 

タグホイヤーの買取

WAY2110は300mの潜水に耐える事の出来る防水仕様で、文字盤の周りは時間の経過を計る事の出来る回転ベゼルになっています。素材はステンレスで、搭載されているのは自動巻きの機械です。

 

金やプラチナと違い、ステンレスというのは素材として見ると、買取査定でお値段を付ける事は出来ません。素材自体にお値段を付ける事の出来る貴金属製のジュエリー等と違い、ステンレス製の時計の買取は、その時計にいくら付ける事が出来るのかがポイントとなります。

 

つまりは、どのブランドのどの商品かが重要になります。アクアレーサーと同じようなダイバーズウォッチの時計は、様々なブランドから販売されていますが、そのどれもが定価や人気が違うため、買取価格はどれもが違うのです。

 

今回の買取査定は、お持ちいただいたタグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110をしっかりと見させて頂き、状態、商品の中古品としての相場等を加味した上で出させていただいた金額となっています。

 

タグホイヤーの買取須賀質店渋谷営業所で、70,000円で買取いたしました。時計の状態は、細かなキズや使用感はありましたが、全体的にはキレイであったため、高価査定での買取となりました。

 

時計の買取の場合は故障さえなければ、キズが付いていたとしてもそこまで大きなマイナスになる事は少ないのですが、状態が良いに越した事は無く、キレイであれば今回のような高価査定に繋がるのです。

 

タグホイヤー、アクアレーサー、WAY2110の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

時計だけではありませんが、買取査定を行うためにはある程度の知識や経験が必要になります。時計の買取を行っているお店であれば、知識が無いなんて事は無いと思いますが、須賀質店のような老舗にお任せいただければ安心ではないでしょうか。

 

営業開始から100年経過した老舗質屋の須賀質店に時計の買取、タグホイヤーの買取をお任せください。

 

渋谷、池袋、五反田の三店舗で皆様をお待ちしております。

 

タグホイヤー他の時計の買取事例←はこちら

同価格帯、他ブランドの買取事例←はこちら

タグホイヤーの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。