TAG HEUER

タグホイヤー(取扱い品目一覧)

アクアレーサー、リンク、カレラなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
タグホイヤー
創業 大正 9 年の老舗タグホイヤーの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではタグホイヤー(TAG Heuer)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。タグホイヤーの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

タグホイヤーの時計にはモナコ、カレラ、アクアレーサー、リンク、アクアグラフ、シルバーストーン、モンツァなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

タグホイヤーの時計は、クロノグラフ付の時計が多く、自動車レースやスポーツに深くかかわっているモデルもあり、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、タグホイヤーはクロノグラフ機能が不調になっている時計や、乱暴に扱われて傷が多かったりパーツがなくなってしまっている時計があります。須賀質店では、このような壊れた時計も査定できますが、できる限り正常な状態でお持ちいただくことをお勧めいたします。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。タグホイヤーの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

タグホイヤーの査定相場

下記のタグホイヤーの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のタグホイヤー買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のタグホイヤー質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

タグホイヤー 取扱い品目一覧
アクアレーサー
AQUARACER
リンク
LINK
カレラ
CARRERA
タグホイヤーの査定のポイント
タグホイヤー(TAG Heuer)について

ホイヤーは1860年、エドワード・ホイヤーという時計技師によってスイスのサンティミエに設立されました。創業者のエドワード・ホイヤー自身が優秀な時計技師であったと同時に、彼の元に同じような技術をもった職人が集まってきたために、ホイヤーはすぐに技術力のある時計メーカーとしての地位を確立しました。
1882年にホイヤーは懐中時計ではありますが、独立したストップウォッチ機能を備えた世界初のクロノグラフを発表します。当時は各時計メーカーがこぞってクロノグラフ機能付きの時計を開発している最中でしたが、構造的に高額になってしまうのがネックでした。
1887年、ホイヤーは「振動ピニオン機構」という装置を開発し、それまでのクロノグラフ機能と異なった機構でクロノグラフを開発し、特許まで取得しました。ホイヤーが開発したクロノグラフ機構は現在の多くのメーカーが採用しているクロノグラフ機構で、「振動ピニオン機構」のおかげで複雑なクロノグラフ機構の製造、組み立て、調整、メンテナンスを簡単に安価なものへと変えることに成功しました。

ホイヤーの技術力について

ホイヤーの革新的開発はその後も続きます。1911年に「ダッシュボード・クロノグラフ」という飛行機や車での移動時間と距離を測定する装置を開発し、こちらでも特許を取得します。この3年後腕時計にクロノグラフ機能を組み込んだ、クロノグラフ付腕時計を世界で初めて発表します。
移動する距離や速度の測定はホイヤーにとって研究開発の糧になっているようで、1916年に100分の1秒単位で時間を測定できる、世界初の機械式ストップウォッチ「マイクログラフ」を開発します。100分の1秒の計測には366,000ビートのムーブメントが必要で、通常の腕時計のムーブメントが28,800ビートであることを考えると、けた違いに早いムーブメントであることが判ります。このような究極ともいえるムーブメントの開発はホイヤーの知名度や信頼の向上にもつながり、1920年代のアントワープ、パリ、アムステルダムのオリンピックでホイヤーは公式のストップウォッチとして採用されました。

ホイヤーの時計は、スイス製の時計で最初の宇宙空間を経験した時計になります。1962年2月、友人地球周回飛行を計画していたアメリカは、マーキュリー計画でマーキュリー・レッドストーン3号の打ち上げに成功します。この機体に乗り込んでいたのがジョン・グレンという隊員で彼の腕には、宇宙服の上から特殊なストラっプを装着した「ホイヤー2915A」が巻き付けられていました。この時計は任務の最中、予備タイマーとしての機能を担いながら宇宙で使用され、現在はワシントンDCの国立宇宙博物館でマーキュリー・レッドストーン3号と共に保管されています。

自動車レースとホイヤーの関係

1960年から70年にかけて、ホイヤーはストップウォッチと時間計測機器の主力メーカーになっていたために、自動車レースとのかかわりが特に深くなっていました。歴史ある自動車レースであるインディアナポリス500やF1グランプリのための、専用クロノグラフが発表されたりもしました。
1971年にはフェラーリF1チームが、ホイヤーの自社の専用タイムキーパーとして採用することを発表しました。また、ホイヤーには「カレラ」というクロノグラフ付の時計がありますが、この時計の由来はメキシコの公道で行われていた、最も過酷なレースと言われていたカレラ・パナメリカーナ・メヒコに由来するものです。

ホイヤーが自動車レースとのかかわりを深めているのと同時期、様々な時計メーカーがクロノグラフの開発に力を入れるようになり、ホイヤーにとってライバル的なメーカーも出てきました。その中でもセイコーとゼニスは、技術力も高くホイヤーと十分に渡り合えるくらい生産力を高めてきました。
ホイヤーはハミルトン、ブライトリングと共同で自動巻きクロノグラフを製作することに成功します。そして、この共同制作のクロノグラフは1969年のバーゼルウォッチショーで発表され、その際のサンプルとして何百もの腕時計を用意することで、彼らの生産能力の高さと連続生産技術をアピールすることとなりました。