失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメスのドゴンが人気の理由とは?買取の際のポイントもご紹介!

2020年7月6日

エルメスの中でも、とりわけ人気が高いことで知られているのがドゴンです。
その知名度の高さやブランド力に惹かれて、ドゴンを購入したという方も多いのではないでしょうか。
時代の変化に関わらず人気のドゴンは買取でも高い値段がつきます。
今回は、エルメスのドゴンが人気の理由と買取の際のポイントをご紹介します。

□ドゴンの特徴

高級ブランドエルメスが販売している財布の中でも、代表格と言える知名度を誇っているのがドゴンです。
新作として発表された当時から世界中のエルメスファンの注目を集め、現在も多くの方が愛用しているモデルの1つです。
では、15年以上も前から発売されているドゴンがこれほどまでに愛されている秘密に迫りましょう。

ドゴンの1番の特徴は、そのデザインのシンプルさです。
エルメスが発表している財布の中でも、余計な装飾が目立たない型になっています。
その分、財布に使用されている素材の上質さとデザイン性の高さが求められます。
ブランド品ならではの質で勝負するというポイントが多くの方に支持されているのかもしれません。

また、ドゴンはエルメスを愛用している方にとっては「エルメスらしさ」をしっかりと反映している点で愛着がわくのかもしれません。
一見手帳のように見えるシンプルなデザインですが、現金やカードをたくさん収納できる容量もあります。
現金を多く持ち歩いておかないと不安な方や、カードや現金の入れすぎで不格好な財布に見えるのを敬遠する方にとっては美しいフォルムが崩れにくいドゴンは魅力的な一品ですよ。

また、ドゴンのもう1つの特徴として挙げられるのがカラーリングの自由度です。
エルメスの看板としての顔を持ちつつ、他のモデルと一線を画すカラーリングであることに気づいている方も多いのではないでしょうか。
ブランド全体で販売している財布やバッグは、大人の印象を与えてくれる落ち着いた色のものが多いです。

一方で、ドゴンは鮮やかな色のデザインのものもあり、他のモデルとは違った雰囲気を醸し出しています。
エルメスらしい色彩感覚の豊かさと他の財布とは一味違った味わいを楽しめるのがドゴンの特徴といえるでしょう。

□ドゴンが人気の理由

ドゴンは年代や性別を問わずに人気の高い商品となっています。
これほどまでに多くの人を惹きつける理由としては主に2つあります。

*抜群の収納力

1点目は上述した通り、収納力があるという点です。
ドゴンと他のブランド物の財布を比較した時に真っ先に注目するポイントがこの収納力ではないでしょうか。
ブランド物の財布はお金やクレジットカードをあまり入れられないと思っている方も多いでしょう。
しかし、ドゴンはそうしたブランド物の通説を覆すような画期的なモデルなのです。

ドゴンGMの大きさは横20センチメートル、高さ12センチメートルと比較的大きいです。
一般的な財布の大きさが横19センチメートル、高さ9.5センチメートルであることからもドゴンの容量の大きさを伺えますね。
ブランド物でありながら、実用性を兼ね備えた財布を持ちたい方には非常に人気があるでしょう。

*高級感のあるデザイン

エルメスが販売する財布にはブランドらしさを期待しますよね。
エルメスが販売している商品の多くには高級な本革が使用されており、ドゴンもその点は一緒です。

また、手帳のようなフォルムをしているドゴンは財布の口を留めるベルトがついています。
そこにエルメスの商品の証として、HERMESのロゴが入ったボタンが取り付けられており、高級感をさらに増幅させてくれています。
ベルトと財布本体の色が同じタイプのものもありますが、ベルトにアクセントカラーをあしらったモデルは非常におしゃれです。

□ドゴンの種類

これまでドゴンの特徴や魅力をご紹介してきましたが、ドゴンには大きく分けて4つの種類があることをご存知ですか。
ご自身に合ったものを探すためにそれぞれの違いも熟知しておきましょう。

*ドゴンGM

ドゴンの中でも最も大きいモデルがドゴンGMです。
やや大きめの長財布として利用でき、紙幣やカード、レシートをたくさん収納できるでしょう。
定期的に財布の中身の整理をするのが面倒くさいという方に人気の商品です。

その大きさと素材の丈夫さから、男性から高い支持を得ています。
シックな色の財布にすればプライベートとビジネス双方で使えるため、非常に使い勝手が良いと言えますね。

さらに、ドゴンGMに付属しているカードケースを忘れてはいけません。
カードケースは財布と切り離せるため、カードケースだけを持ち歩いたり、財布の中身を薄くしたりすることで利便性を高められます。
ご自身に合った使い方をアレンジできるのがドゴンGMの魅力の1つでしょう。

*ドゴン・ロング

ドゴンGMより一回り小さいモデルがドゴン・ロングです。
サイズという点ではドゴンGMに劣りますが、長財布として十分役目を果たしてくれるため、ドゴンシリーズの中では最もポピュラーなサイズとなっています。
ブランド品としては珍しい広い奥行きがあるため、ドゴンGMと同様にたっぷりものを収納できるでしょう。

財布の裏面にはポケットが縫い付けられており、こちらを小銭入れにしたり、頻繁に使うカードなどを入れたりしても良いでしょう。
ちょっとしたお買い物なら、財布を開くことなく小銭を取り出せます。

*ドゴン コインケース

収納力のあるドゴンの財布ですが、中には少し大きすぎると感じている方もいらっしゃるかもしれません。
財布は必要だけど、ちょっとしたお出かけやカバンが小さい時に使うコインケースが欲しいという方には非常におすすめです。
コンパクトなデザインと機能性を兼ね備えたモデルになっており、ドゴンの魅力をより堪能できますよ。
留め具部分が他のモデルよりも目立つようになっているため、コインケース本体との色のコントラストも楽しめます。

*ドゴン カードケース

あまりブランド品をひけらかしたくないという方にはカードケースがおすすめです。
カードケースという名前ですが、コインケースとしても利用できます。
オンライン決済で支払いできる箇所も増えているため、小銭とクレジットカードだけを保険として入れておけば、ちょっとした買い物やデートには十分ですよね。

□ドゴンを高額査定してもらうポイント

ドゴンシリーズの中でも高い価格で取引されるのはドゴンGMとドゴン・ロングの2種類です。
そして、それぞれの商品を査定する際に見るポイントは製造番号、状態、素材の3点です。
以下で詳しく見ていきましょう。

エルメスが販売している財布やバッグには製造年ごとに番号が割り当てられています。
一般的には製造年が新しいものに高値がつけられます。
理由としては、トレンドのデザインに沿っている可能性が高いことや状態が比較的良いことが挙げられます。

しかし、製造が何十年も前だから安い値段でしか買取されないというわけではありません。
ビンテージのものでも希少性の高いデザインや保管状態の良いものは高値で取引されます。

商品の状態が良いと高額査定してもらえることは言うまでもありませんよね。
自分では大切に保管していたつもりでも、素人目では分からない傷や劣化の状況もプロのバイヤーは見抜いてしまいます。
査定額が予想よりも低くならないためにも、自分がもしその財布やカバンを買う立場ならいくら払うかを考えてみましょう。

そして、つや出しや汚れ落とし、しわの取り除きなど自分でできる範囲でケアしてあげることで少しでもブランド品の価値を上げましょう。
ドゴンに使用されているのは雄仔牛の柔らかなレザー素材です。
耐久性のある素材ですが、使用すればするほど傷みが進行することは避けられません。
状態を維持、向上させるためには日々のケアが非常に重要になってくるといえるでしょう。

□まとめ

今回はエルメスのドゴンシリーズの人気の理由と買取の際のポイントをご紹介しました。
ドゴンシリーズは大きく分けて4種類あり、その収納力と高いデザイン性を売りとしています。
高額査定をしてもらうためにはこうしたドゴンシリーズの良さを損なわないように使うことが大切です。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事