失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンのダミエが人気の理由とは?買取の際のポイントもご紹介!

2020年7月28日

ルイヴィトンの買取をしてもらうことを検討中の方はいらっしゃいませんか。
ルイヴィトンの中でも、ダミエは非常に人気の商品で、購入経験がある方も多いのではないでしょうか。
今回は、ダミエの特徴をあらためて確認したのちに、ダミエが人気の理由やダミエを高く売るためのポイント、さらに注意点についても紹介します。

□ダミエの特徴について

ルイヴィトンのダミエはかなり有名であるため、名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
デザインまでイメージできる方も多いと思いますが、あらためて特徴を確認していきましょう。

まず、ダミエの財布は性別や年齢を問わず幅広い層の方に愛用されています。
その理由は、主にデザインがシンプルで落ち着いたものであるからです。
ダミエとはフランス語でチェック柄を意味しており、実際にそのデザインもシンプルなチェック柄になっており、落ち着いた印象です。
ルイヴィトンのもう1つの人気ブランドアイコンのモノグラムとの対比が絶妙で面白いですよね。

そんなダミエは、ルイヴィトンの最初のブランドアイコンとして1888年に誕生しました。
ルイヴィトンと言えばモノグラムをイメージする方が非常に多いため、モノグラムの方が先に作られたとお思いの方も多かったのではないでしょうか。
ダミエは、誕生した翌年の1889年にはパリの世界博覧会で金賞を受賞している、かなり歴史があるデザインと言えるでしょう。

また、ダミエにはさまざまなバリエーションのデザインがあるため、確認しましょう。

*ダミエのデザインの中で人気のバリエーション2つを紹介

ダミエのデザインの中でも人気であるのが、ダミエエベヌとダミエアズールの2つです。

まず、ダミエエベヌは、1996年に誕生しました。
実はモノグラムが登場してから当分の間、ダミエはルイヴィトンのコレクションから姿を消していました。
モノグラムが100周年を達成した際に、記念としてダミエが復刻されたのですが、その際にダミエとして復刻したのがこのダミエエベヌです。
ルイヴィトンらしい茶色とベージュの濃淡を活かしたチェック柄が変わらない人気を集めています。

ダミエアズールは、2006年に登場した新しいダミエのデザインです。
ルイヴィトンと言えば、茶系色のイメージがありますよね。
しかし、ダミエアズールはそのイメージを覆して、ブルーとオフホワイトがメインでデザインされています。
青系のチェック柄は爽やかなイメージも兼ね備えているため、カジュアルな雰囲気も出したい方にはおすすめです。

このダミエアズールに加えて、ダミエグラフィット、ダミエコバルト、ダミエアンフィニは茶系ではなく青系や黒系の色であるため、特に男性の方はぜひ検討してみてください。

□ルイヴィトンのダミエが人気である理由とは

有名ブランドとして、最初にルイヴィトンを思い浮かべる人もかなり多いのではないでしょうか。
それほどルイヴィトンは日本で圧倒的な人気を誇っています。
その中でもダミエは人気の商品なのですが、その理由は一体どのようなものなのでしょうか。
ルイヴィトンが人気である理由と合わせて確認していきましょう。

まず、ルイヴィトンが人気な理由は、長年の間衰えることがないブランド力であると言えるでしょう。
ルイヴィトンは、セールや値引き、アウトレットモールへの出店を行わないため、ブランドとしての価値がとても高いです。
これができるのは、ルイヴィトンの商品が何年使っていても古臭くならないため、在庫処分をする必要がないからです。
また、10年以上は使用できるように設計されており、長年使えるアイテムであるため、購入する側も安心して購入できますよね。

ここからは、ダミエが人気な理由について説明していきます。
ダミエが日本で人気な理由は、そもそもダミエが日本の文化の影響を受けたものであるからでしょう。

1867年に開催されたパリ万国博覧会で、日本の文化が世界に広まり特にフランスでは日本ブームが起こりました。
ルイヴィトンはその影響を大きく受け、市松模様から思い浮かべてダミエを作りました。
日本人に馴染み深いのもこのような理由からかもしれませんね。

□ダミエを高く売るためには

せっかく商品を買取に出すからには、高く売りたいですよね。
高く売るためのポイントがいくつかあるため確認していきましょう。

まず、新品のように綺麗な状態であることが1つ目のポイントです。
購入してから意識しておいて、綺麗な状態を維持できるように使用し、大切に保管しておくことが重要です。

よくある劣化には、日焼けによる変色、シミ、チャックの故障などがあるため確認しておきましょう。
また、修理する際に正規店以外で修理すると、買取価格が下がる可能性があるため気をつけてください。
さらに、買取に出す際には、自分で取り除けるホコリや汚れは掃除しておくと良いでしょう。

次に、できるだけ早めに売りに出すことが高く売るポイントの2つ目です。
もちろん早めに売る方が状態が良い場合が多いことも理由ですが、ルイヴィトンは発売年が新しい方が価値が高くなることが大きな理由と言えるでしょう。

高く売るポイントの3つ目は人気のある商品かどうかです。
ダミエやモノグラムをはじめとする人気デザインは、やはり買いたい方が多いため高く売れる場合が多いです。
また、ダミエの中でも落ち着いた雰囲気のものの方が長年人気が衰えないため、他のデザインより高く売れやすいと言えるでしょう。

□偽物には注意しましょう

ルイヴィトンはそのブランド価値の高さから、偽物が多く出回ってしまっています。
そのため、買取査定をした際に偽物であると知り、落胆してしまう方も多くいらっしゃいます。
このようにならないためにも、偽物の見抜き方を確認しておきましょう。

まず、ブランドのロゴで確認する方法があります。
ロゴ部分のフォントの形式や太さ、文字の間隔は基本的にすべて統一されています。
少しでも違いがあれば、偽物である可能性が高いでしょう。
しかし、偽物のロゴはうまく一部分だけ気づかないように変えているものが多いため、確認が難しいかもしれませんね。

その場合には、製造番号を確認するのがおすすめです。
ルイヴィトンの正規品には製造番号が印字されていますが、偽物には印字されていないものが多いため、判断しやすいです。
しかし、偽物の中には製造番号まで印字しているものもあります。
これもロゴと同様にわかりにくく一部分を変えているため、注意深く確認しましょう。

他にも、ファスナーの金具や、金具ボタン、裁縫の仕方で見分ける方法もあります。
正規品はいずれも統一されていますが、偽物はそこまで再現できていないため、よく確認すると違いを確認できるでしょう。
特に偽物の裁縫は、歪みがあったり細かな部分の処理がされていなかったりと、雑になっている場合が多いため、確認しやすいかもしれません。

いずれの確認方法においても、偽物は一部分だけを変えてわかりにくくなっており、1つの方法ではわかりにくいかもしれないため、複数の確認方法で確認すると安心でしょう。

□まとめ

今回は、ダミエの特徴を改めて確認したのちに、ダミエが人気の理由やダミエを高く売るためのポイント、さらに注意点についても紹介しました。
売却時のためにも、偽物はしっかりと見極められるようになっておきましょう。
当店では、ルイヴィトンの買取を長年担当してきた実績があるため、気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事