失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

【プラチナ買取】Pm刻印のプラチナ指輪を高価買取

2020年7月25日(土曜日)須賀質店五反田本店にて、プラチナの指輪、プラチナのネックレスを買取いたしました。プラチナ製品は、金製品と一緒に持ち込まれることが多いのですが、今回の買取はプラチナ製品のみの買取査定の作業となりました。

 

 

Pmプラチナ高価買取

プラチナは金と同様に、地金買取として質屋や買取専門店、リサイクルショップなどに持ち込まれることが多い金属です。今から15年くらい前、リーマンショックの前までは、プラチナの買取レートは金の買取レートよりもずっと高くて、およそ金の倍のレートで取引されていたのです。プラチナの価格は、リーマンショックを受けて高値から大暴落し、半年くらいで3分の1程度の価格になってしまいました。

 

 

そして現在の買取レートは7月末日現在、24金インゴットの買取レートが1g 7,190円、プラチナ1000インゴットの買取レートが1g 3,300円ですから、金の価格はプラチナの倍以上のレートで取引されていて、15年前の先ほどの事例は完全に逆転してしまったといえるでしょう。

 

 

本日の相場価格レートは以下の通り【手数料はいただいていません】

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
プラチナ850(Pt850) 14.7g 2,620円 38,500円

 

 

【目次】

Pm刻印の指輪とは何でしょうか?

プラチナ850(Pt850)のネックレスと比較して買取価格を決定した

プラチナ買取で気を付けることは

   ①プラチナの買取レートはぶれやすい

   ②プラチナ買取価格は、どの店舗でも同じでない

Pm刻印のプラチナ指輪を高価買取 まとめ

 

 

Pm刻印の指輪とは何でしょうか?

今回買取したプラチナの指輪には、リングの内側に「Pm」の刻印が打たれた指輪がありました。プラチナ製品の刻印は、Pt850、Pt900、Pt950、Pt1000といった、Pt+数字の組み合わせが多いのです。少し古いプラチナの指輪の場合、Ptの表記はPmになっている場合もありますが、PmになっていたとしてもPm+数字の表記になり、数字が組み合わされることは変わりません。

 

 

Pm刻印の指輪

PtやPmの後に表記される数字は、プラチナの含まれている割合を表しています。プラチナの指輪やネックレスは、宝飾品としての強度を保つためや耐食性を上げるためにプラチナ以外の金属を混ぜているといわれています。プラチナに混ぜる金属としてよく使われる金属が、パラジウム、テルニウウム、イリジウムといわれる金属です。

 

 

プラチナに混ぜる金属の特徴をあげると、以下のようになります。

 

パラジウム プラチナに柔らかく加工しやすさを残しながら、硬くすることができる
テルニウム 少し混ぜるだけでプラチナを固くすることができる
イリジウム プラチナの耐食性を保つことができる

 

これらのプラチナ以外の金属を混ぜてある比率が、PtやPmのあとの数字は表しているのです。例えばPt850であれば、85%のプラチナとその他の金属が15%混ぜられているということを意味しています。Pt900であれば、90%のプラチナとその他の金属が10%ということになりますね。

 

 

では数字の記載のないPmだけのプラチナ製品は、どのように考えればよいのでしょうか。Pmだけ、Ptだけの刻印のプラチナ製品は、プラチナの純度が通常よりも低い場合に打刻される刻印であることが多いのです。そのために鑑定士は、Pmだけ、Ptだけの刻印の指輪を買取査定するときは、買取価格の付け方に慎重になります。

 

 

プラチナ850買取

その理由は、Pmだけ、Ptだけの刻印の場合、買取価格を通常よりも下げなければいけないのですが、どのくらい下げればよいか、判断に迷うからです。下げすぎた買取価格は、せっかくお持ちいただいたお客様の手取り分が減ってしまうので、ご迷惑をおかけすることになります。

 

 

プラチナ850(Pt850)のネックレスと比較して買取価格を決定した

今回の買取をおこなった鑑定士は、一緒に持ち込まれたプラチナ850のネックレスとPm刻印の指輪をじっくりと比較してみたそうです。プラチナ製品は、プラチナの純度が下がってくると、プラチナ特有の色が黒く、汚くなってくることがあります。プラチナの純度は、製品の色に現れてくることが多いので、Pt850のネックレスと比較することでPm刻印の指輪のプラチナの純度を判断しようとしたようです。

 

 

プラチナ買取

また、プラチナ製品にはプラチナ特有のずっしりした重さを手に感じることができるのが特徴です。プラチナ以外の金属が混ぜられた比率の高い指輪の場合、プラチナ特有の重さを感じることができなくなり、違和感のある軽さを感じることになります。今回買取をおこなった鑑定士は、金やプラチナの買取の経験が多く、小さな指輪ではありましたが、Pm刻印の指輪にはある程度プラチナが含まれている重さを感じることができたということでした。

 

 

指輪であればPt900であることが多いのですが、通常の指輪ほどのプラチナの純度はないだろうとの予想のもと、Pt850の買取価格レートでPm刻印の指輪の買取をおこないました。経験の少ない鑑定士が担当していれば、今回のPm刻印の指輪の買取は「買取できません」ということになっていたかもしれません。

 

 

プラチナ買取で気を付けることは

もし皆さんがプラチナの指輪、プラチナのネックレスなど、プラチナ製品をお持ちで、買取を考えているのであれば、気を付けてほしいことがいくつかあります。少しでも高くプラチナの指輪やネックレスを売るのであれば以下のふたつの点は注意しておいてほしいことです。

 

 

①プラチナの買取レートはぶれやすい

プラチナの買取レートは、金よりも大きくぶれることが多いといわれています。それは、金買取のマーケットよりもプラチナ買取のマーケットが小さく、少しの売買で買取レートが上下に振れやすいからです。プラチナ買取のマーケットは金買取のマーケットの10分の1程度といわれているので、売買のバランスが崩れると、その影響が価格レートに大きく反映するのです。

 

 

プラチナ850買取グラフ

そのために、プラチナを少しでも高く売るのであれば、日々の買取レートのチェックは欠かさないようにした方が良いですね。こちらは2020年4月からの、須賀質店でのプラチナ850の買取価格をグラフにしたものですが、上下に大きく振れている日があることがわかりますね。

 

 

②プラチナ買取価格は、どの店舗でも同じでない

プラチナの価格は、売買のマーケットがあるの同じになりますが、プラチナの買取価格はプラチナの価格をもとに買取業者が決めているので、店舗によって買取価格は異なっていることをご存じでしょうか。プラチナ買取価格は店舗によってかなり大きな差があって、買取価格が高い店舗もあれば安い店舗も存在します。

 

 

買取価格は同じでない

皆さんが少しでも高く、お持ちのプラチナの指輪やネックレス、ブレスレットやピアスを売ろうと思うのであれば、買取を依頼する店舗の買取価格については事前にチェックしておくことをお勧めいたします。プラチナの買取価格についてはWebサイトに公表している店舗が多く、毎日更新されています。これらのWebサイトのプラチナ買取価格を比べてみて、高くプラチナ買取をしている店舗を探してみるのが良いと思います。

 

 

Pm刻印のプラチナ指輪を高価買取 まとめ

こちらのページでは、須賀質店がPm刻印の指輪、プラチナ850(Pt850)ネックレスを高価買取した事例をご紹介しました。Pm刻印の指輪は安い買取価格を付けられてしまう場合があったり、買取出来ないといわれることが多いプラチナ製品ですが、経験豊富な須賀質店の鑑定士はプラチナ850で買取をすることといたしました。

 

 

須賀質店では、金製品と同様にプラチナ製品に関しても積極的に取り組んでいる商材で、買取価格を特に高く設定して買取に取り組んでいます。プラチナの買取価格は、金の買取価格とは大きな差ができてしまいましたが、同じ貴金属ということで金価格が上昇しているときはプラチナの価格も上がることが多いです。

 

 

皆さんがプラチナ買取をお考えで、少しでも高く売りたい、高く買取りする店舗を探しているというのであれば、ぜひ須賀質店にご相談になってみてください。金買取価格と同様にプラチナの買取価格も業界最高値水準の買取レートに設定して、積極的に買取に取り組んでいます。また、プラチナ買取価格には手数料をいただいていないので、算出した買取価格をそのままお客様にお渡ししています。

 

 

【2020年7月25日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 6,610 プラチナ1000インゴット 3,140円
24金 Au1000 6,410円 プラチナ1000 3,040円
22金 Au916 5,820円 プラチナ950 2,890円
20金 Au833 5,320円 プラチナ900 2,780円
18金 Au750 4,890円 プラチナ850 2,620円
14金 Au583 3,630円

 

 

Pm刻印のプラチナ素材、指輪・ネックレスの買取←はこちら

Pm刻印のペンダント 高価買取←はこちら

本日の金買取価格←はこちら

本日のプラチナ買取価格←はこちら

この記事を書いた人
T.K
2018年より須賀質店で働き始めました。質屋で仕事をする前はフリーのライターとして雑誌の記事投稿や、ブログサイトの更新などに記事を書いてきました。 先輩社員の方々に商品の知識や査定の方法について、教えていただいている最中ですが、今のところ文字を書く方が得意なので、仕事で覚えた知識や出来事をWebサイトに書いてゆくつもりです。 取り扱い商品の中では、時計に興味があり勉強中なので、時計の質入れをお考えの方はよろしくお願いいたします。