失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスを所有している方必見!傷で査定金額はどれほど変動するのでしょうか?

2020年9月16日

ロレックスを買取に出すと、傷などの状態によって買取価格が変わります。また、付属品が揃っていると買取価格が上がります。ロレックスについた傷によって、買取価格はどのように変動するのでしょうか。傷がひどくても、傷の場所によって査定に影響する場合と影響しない場合がありますが、その違いについても解説しましょう。

□傷の程度によって査定金額が変動する

ロレックスについた傷は、程度によって3段階に分かれます。

*軽い傷

普段の生活でロレックスを腕につけていると、ぶつけたりしないでも細かい傷がつくものです。小さな傷や擦り傷はどうしても避けられませんが、磨けばほとんど目立たなくなるので、それほど査定に影響しません。特にラグ部分は使っているうちに小さな傷ができやすく、普段使いの傷が目立つ部分でもあります。

ただし、傷を目立たなくしようとして、専門知識のない人が見よう見真似で磨いたりすると、かえって傷を大きくしてしまったり、時計そのものにダメージを与えるおそれがあるので、そのまま査定に出すほうが無難です。

*中程度の傷

何かにぶつけたり、落としたりしたためにできた傷です。ぶつけたことが目で見てわかるほどだと、磨いて目立たなくするのは困難で査定にも影響します。特に傷が目立ちやすいのは風防部分で、ひどい場合はガラスが割れることもあります。風防部分には、サファイアガラスという堅牢な素材が使われていますが、それでも傷がつくということは、相当な衝撃が加わったことになります。

*重度の傷

目で見てはっきりわかる深い傷やへこみです。ロレックスにかなりの衝撃が加わった証拠なので、場合によっては内部機構にも影響があるかもしれません。ロレックスの中でも、スポーツタイプの時計は傷がつきにくく、激しい運動時に腕につけても耐えられるのですが、スポーツタイプ以外の時計は傷がついてしまうこともあります。

ロレックスは動かなくても買取してもらえる場合が多いのですが、重度の傷があると買取店によっては買取を拒否されることもあります。動かないのは内部パーツに原因がある場合が多いので、パーツを交換すれば動くようになりますが、表面の傷が深いと修復が難しくなります。また、表面の傷とは別に、衝撃によってリューズが変形したり、劣化しても買取価格に影響が出ます。

□傷の場所によって査定に影響が出る

ロレックスに大きな傷がついていると、たとえ買取してもらえても、ほとんどお金にならないと考える人もいるでしょう。しかし、ひどい傷がついた時計でも、専門家の手にかかればほとんど目立たなくさせられます。そのため、傷の場所によっては買取価格に影響しないこともあるので、一度査定に出してみるといいでしょう。

傷が多いロレックスでも、ポリッシュ仕上げという研磨を施せば、ほとんど傷が目立たなくなります。そのため、豊富な知識と経験のある時計修理店であれば、傷だらけの時計も新品同様に生まれ変わらせられます。ただし、外装研磨を繰り返すとそのたびに外装が削られるため、時計自体に厚みがなく貧相になってしまいます。

外装研磨は買取に出さなくても行えるため、すでに何回か外装研磨をしている時計は、それ以上削らないほうが良いこともあるでしょう。表面の傷をなくしても、時計自体が貧相になってしまったら、ロレックスとしての価値が半減してしまいます。

一般的に、ロレックスの外装研磨は5回が限度と言われており、それ以上研磨すると見た目が悪くなるため、買取価格に大きく影響します。また、風防ガラスに大きな傷がある場合や、ベゼルに目立つ傷があったり、エッジがくぼんでいたりすると査定に大きく影響します。

*リューズや内部機構への影響

ロレックスの表面に大きな傷がある場合、懸念されるのはリューズや内部機構への影響です。時計の表面に、大きな傷やへこみができるほどの衝撃を受ければ、リューズや内部機構が損傷することもあります。特にリューズは繊細な作りなので、直接リューズの部分に衝撃が加わると壊れてしまう可能性があります。

また、内部機構も同様に、衝撃によってパーツが破損したり、変形したりして動作に不具合が生‎じるおそれがあります。時計表面の傷に加えて、内部機構にも損傷があると、査定額に影響するのは避けられません。

□優良な買取店の探し方

ロレックスに傷があっても、査定額があまり変わらないのは、優良店だけと考えましょう。ロレックスは中古市場の価格が安定しているので、買取店としても利益が上げられるでしょう。そのため、いろんな買取店がロレックスの買取に乗り出しています。しかし、買取店の中には優良店とそうでない店があるので、買取に出す前に優良店かどうか見分けることが大切です。

*優良買取店を見分けるポイント

優良店を見分けるには、その買取店を利用した人の口コミを見るのも1つの方法です。買取店によっては、最初の査定額からいろんな名目で金額を差し引く場合があるので注意が必要です。また、研磨すれば簡単に修復できる程度の傷でも、その傷を理由に査定額を下げる店もあるので気をつけましょう。こういったリスクを避けるには、ネットの口コミが役に立ちます。

*サイト情報から見分ける

買取店のサイトに書かれている情報から、優良店かどうかを見分けることもできます。優良店かどうかというより、しっかりした設備や、販売ルートを持った買取店の見分け方といったほうがいいかもしれません。ロレックスは動かなくても買取してもらえる場合が多いのですが、すべての買取店が、動かないロレックスを買い取ってくれるわけではありません。

買取店によっては、動かないロレックスは買取を拒否されることもあります。では、動かないロレックスを買取できる店と、できない店の違いは何かというと、その買取店が持っている販売ルートの違いなのです。

動かない時計は、何もかも動かないわけではありません。内部機構の中で、どれかのパーツが損傷して動かない場合がほとんどです。つまり、損傷したパーツ以外のパーツは使えるのです。

そこで、パーツごとに分解して、パーツとして中古市場に流通させられますが、そのためには、中古パーツの販売ルートを持っている必要があります。つまり、動かないロレックスを買取できるのは、中古パーツの販売ルートを持つ買取店なのです。動くロレックスの販売ルートを持つ買取店は多いのですが、パーツの販売ルートを持つ買取店は少ないので、動かないと買取を拒否されてしまうのです。

動くロレックスしか買い取れない店に比べて、動かないロレックスも買い取れる店のほうが、ロレックスの中古市場に精通しているのは言うまでもありません。そういう買取店はそれなりの規模があり、必要な設備も整っていると推測して良いでしょう。もちろん、信頼と実績もあるはずなので、サイト情報を見て動かないロレックスでも買取してくれる店なら、優良店と見なせます。

□まとめ

ロレックスを買取に出す際、気になるのは傷によって査定額が変わるかどうかです。ロレックスの査定額は、傷の程度によって変わります。日常使っているだけでついてしまう程度の軽い傷なら、ほとんど査定に影響しません。

しかし、傷が大きかったり時計の表面にへこみがあると、査定額に影響します。また、傷の場所によって査定に影響したりしなかったりするので、一度査定に出してみるといいでしょう。優良な買取店を見つけるには、ネットの口コミを見たり、買取店のサイト情報から信頼できる店かどうか調べられます。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事