失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金、ダイヤモンド、サファイア付きの指輪を高価買取

2020年9月5日

指輪 買取 ダイヤ サファイア須賀質店五反田本店で、指輪を買取いたしました。金やプラチナといった貴金属と、ダイヤモンド等の天然の宝石を使って作られた、高価な装飾品をジュエリーと呼びます。対して、メッキや模造石、人口石を使って作られるのは、アクセサリーやコスチュームジュエリーと呼ばれます。

 

指輪やネックレスを買い取る際は、ブランド品という例外はありますがジュエリーでないと買取は出来ません。素材そのものに価値がないと、買い取る事が難しいのです。

【目次】

①ジュエリーとそれ以外の査定の違い

②買取の出来る金属や宝石についての解説

③実際の指輪の買取、メレのサファイアとダイヤモンド

④ダイヤ、サファイア付きの指輪の買取を通してのまとめ

ジュエリーとそれ以外の査定の違い

 

バッグや時計の買取と、指輪やネックレスの買取には大きな違いがあります。時計やバッグの場合は、どこかのブランドの製品で無いと買取はほとんどの場合出来ませんが、指輪やネックレスといったジュエリーと呼ばれる商品は、買い取る事が出来るか否かに関しては、ブランドはあまり関係ありません。

 

素材が高価な物であれば良いんです!!

 

どういう事かと言うと、例えばバッグ作っている素材の革というのは、元々がどれほど高価な物であったとしても、一度それを製品にしてしまうと素材としての価値はほとんど無くなってしまいます。価値を見出すのであれば、製品としての価値という事になります。

 

しかし、ジュエリーは一度製品にしたとしても、ブランド品であれば製品としての価値、そしてノンブランドであったとしても素材の価値を見出す事が出来るのです。

 

これは作り変えやすさの違いも関係していると思います。金や宝石は新たな物に作り変える事が出来ますが、革は別の製品に作り変える事はほとんど出来ません。

 

買取の出来る金属や宝石についての解説

 

では、買取可能な金属や宝石というのはどのような物なのでしょうか。金属については分かりやすいと思います。貴金属と呼ばれる、金属の中でも希少な物で、その中でジュエリーに使われるのは3つで、金、銀、プラチナです。この3つが買い取る事の出来る金属、ジュエリーの素材です。

 

しかし、金とプラチナ、銀を比べると価値というかグラム単位の金額に数十倍の開きがあります。銀の場合はある程度の重さ、量が無いと買取が出来ない、値段を付ける事が出来ない事もあるので、金属として素材に値段を付けて買い取る事が出来るのは、金とプラチナ、ほとんどこの2つに限られるという事です。

 

宝石についてですが、まず前提としてどのような物でもそれを最初に指輪やネックレス等の製品にする時には原価がかかっていると思います。ジュエリーの販売する時には、その原価の分や、それ以外にも様々な要因の金額が上乗せされているのでしょう。

 

しかし、買取をするのにあたり、値段の付ける事の出来る宝石という物が極端に少なく、そもそも一切値段を付ける事が出来ない事の方が多いくらいなのです。

 

宝石の種類としてお値段が付かない場合、宝石の種類は高値が付く事もある物でも、実際に使われている物の大きさや質が、値段が付くレベルでは無い物、こういった物が大半と言って良いと思います。

 

値段の付く宝石というのは、天然で希少性があり、大きくて綺麗、人の手が余計に加えられていない物、定義付けするのであればこんなところでしょうか。大きくて綺麗というのは宝石の種類によっても基準が大きく変わります。そういった基準が、ある程度悪かったとしても値段が付きやすいのは、ほぼダイヤモンドくらいです。

 

以上が、値段の付く金属、宝石の解説なのですが、実際にジュエリーの買取をするうえでは、ダイヤモンド以外の宝石に値段を付ける事はあまりありません。それだけ珍しいという事です。もちろん、高値の付く宝石であれば、その時は高額な査定をいたします。

 

実際の指輪の買取、メレのサファイアとダイヤモンド

 

18金の指輪を高価買取今回ご紹介させて頂いている指輪を見てみると、透明な宝石が3粒、青い宝石が6粒使われているのが分かると思います。透明なのがダイヤモンドで、青いのがサファイアです。宝石の種類としては、どちらも高値が付いてもおかしくは無い物ですが、やはり一粒の大きさが小さいため、それぞれにお値段を付ける事は出来ません。

 

こういった場合は、その種類の宝石が全部でいくらかというような計算をします。指輪に入っている宝石に関する刻印も、それぞれが全部でという刻印になっています。このような一粒が小さく、合計で表すような宝石をメレと呼びます。

 

まずは、サファイアですが、メレ6粒の合計で1.30ctと刻印が入っていました。残念ですが、サファイアに関してはメレとしても、お値段を付ける事は出来ませんでした。単純に値段を付ける事の出来る質ではなかったという事です。もちろん一粒が小さいというのも理由です。

 

続いてダイヤモンドは0.65ctという刻印でした。先ほど少し説明させていただきましたが、サファイアとダイヤモンドでは、ダイヤモンドの方が値が付きやすいため、ダイヤモンドの分は上乗せする事が出来ました。

 

ここまでが指輪の宝石の部分についてです。そして、こういった指輪等の買取で基本となる金属の部分に関してですが、18金でした。

 

18金というのは、記事を読んでくださっている方もご存じかもしれませんが、純金を24金とした時の18/24で、金が75%の合金です。金を100%にしないのは強度足りなくなってしまうからで、金は柔らかい金属なのです。

 

指輪全体の重さは3.6gでしたが、そこから宝石の分の重さを引くと3.2g程度、これが金の重さとなります。金が高騰しているので、以前と比べるとかなり高額で、18金で1gが5,050円が買取をした日の価格でした。

 

金の部分で16,000円、ダイヤモンドで2,000円、指輪の買取価格は18,000円となりました。

 

ダイヤ、サファイア付きの指輪の買取を通してのまとめ

 

今回お持ちいただいた指輪を例に、金や宝石、ジュエリーと呼ばれる商品の買取について解説させていただきました。全ての買取査定に当てはまるわけではありませんが、指輪やネックレス、ジュエリーの買取はこのように行われております。

 

須賀質店では、ジュエリーの買取で他店には負けないように、金の買取価格を高く設定しております。

 

池袋、渋谷、五反田で皆様をお待ちしておりますので、ジュエリーの買取は須賀質店までお願いいたします。

 

 

18金の別の指輪の買取事例←はこちら

サファイア付きの別の指輪の買取事例←はこちら

金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事