失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

壊れたロレックスをお持ちの方へ!ロレックスでも買取できない場合はあるの?

2020年10月24日

高級時計のロレックスも、ある程度使ったら、買取に出して新しいモデルを買いたくなることもあるでしょう。
ロレックスは壊れていても買取してもらえますが、買取できないケースもあるのでしょうか。
破損がひどければ買取を拒否されますが、買い取ってもらえない故障とはどんな故障なのでしょうか。
また、ロレックスには壊れていなくても買取できない場合があるので、どんな時計が買取できないのか解説します。

□買取不可になりやすい故障

ロレックスの査定で、買取不可となりやすい故障は文字盤割れ、本体破損、時計の針が動かないといった故障です。
文字盤が割れたり時計本体が破損したりしていると、修理が困難なので買取を拒否される可能性が高くなります。
また、時計の針が動かないのは、内部機構に致命的な故障がある可能性が高いので、こういったケースでは修理できても費用が高くついてしまいます。

買取店では、買い取った時計を修理して中古市場で再販しますが、修理費用が高いと利益が出ないので、買取不可となってしまうのです。
ただし、ロレックスの場合は定価の高いモデルが多く、その分利幅があるので、他のブランド時計と比べると、買取不可となるケースは少ないようです。
そのため、ロレックスであれば故障していても、買取してくれる店舗も多いのです。

 

*故障していても買い取ってくれる店とは

他店では買取不可となるほどの故障でも、買取してくれる店舗もありますが、その多くは社内に修理工房を持っている買取業者です。
自社内で修理できれば修理費用が安いので、ひどい故障でも買取できるのです。
もし自社内に修理工房を持っていないと、外注先に修理を依頼することになるため、どうしても修理費用が割高になってしまいます。
そのため、ひどい故障の場合は、自社で修理できるかどうかによって、買い取ってもらえるかどうかが決まるのです。

 

*パーツとして再販する方法もある

故障のひどいロレックスの場合、時計として再販することはできなくても、分解して使えるパーツだけを再販することがあります。
ただし、この場合は、ロレックスのパーツを再販できるルートを持っている業者でなければ、買取してもらえません。
分解してパーツを再販する場合、査定額はかなり下がってしまいますが、それでもいくらかのお金になります。
ロレックスを買取に出してお金に換えたいなら、こういった方法があることも知っておきましょう。

□アフターダイヤのロレックスは基本的に買取不可

故障していないロレックスでも、アフターダイヤと呼ばれる時計は、買い取ってもらえない可能性が高くなります。
アフターダイヤというのは、ロレックスに宝石類をつけて装飾したものです。ロレックスの公式な装飾ではないので、2018年にロレックスからの申し出により、中古市場では取り扱わなくなりました。

ロレックスは当初、アフターダイヤを黙認していましたが、装飾の品質にばらつきがあり、かなりひどいものもあったようです。
そのため、ロレックスとしても、ブランドイメージを守るために、やむを得なかったのでしょう。
こういった経緯から、アフターダイヤは国内の中古市場では取引がないため、通常の買取店では買い取ってもらえません。
ただし、一部の個人店や海外のバイヤーの中には、買い取ってくれる業者もあるようです。

 

*買取できるアフターダイヤもある

アフターダイヤはすべて買取不可なのではなく、中には買取可能なものもあります。
たとえば、ベゼルなど、交換が可能な部分だけに装飾が施されたアフターダイヤは、その部分だけ正規品と交換すれば、あとは通常のロレックスと変わらないので買取してもらえます。
ただし、装飾した部分の交換費用の分だけ、査定額は下がってしまうでしょう。

また、時計全体にアフターダイヤの装飾がしてあっても、内部のパーツは問題なく使えるので、分解してパーツだけを販売できます。
パーツとして販売すると買取額は下がりますが、アフターダイヤでもこのような方法で、買い取ってもらうことも可能なのです。
中古市場で数多く流通しているロレックスは、当然ながら修理のためのパーツも需要があるので、買い取ってもらえる可能性があるわけです。

アフターダイヤは、個人で楽しむ分には何ら問題ありません。
自分で買ったロレックスを自分で装飾するのですから、自由にやってかまわないでしょう。
しかし、粗悪なアフターダイヤが出回ったことから、ロレックスがブランドイメージを守るために非公式としました。
そのため、アフターダイヤを買取に出しても拒否される場合が多いのですが、将来買取に出すことを考えるなら、アフターダイヤにしないほうがいいでしょう。

□故障していても修理せずに査定に出そう

ロレックスを買取に出すなら、少しでも高く買い取ってもらいたいと誰でも思うでしょう。
故障したままのロレックスより、故障を直したロレックスのほうが、高値になるのは間違いないので、故障を修理してから買取に出そうと考える人もいるかもしれません。
しかし、この方法はおすすめできません。

というのは、ロレックスを修理するとかなりの費用がかかるため、修理したことによる査定額アップよりも、修理代のほうが高くついてしまうからです。
そのため、故障したロレックスは、修理しないでそのまま買取に出すようにしましょう。
買取店では、自社内に修理工場を持っている場合も多いので、安い費用で修理ができるのです。

では、買取店が自社で修理工場を持っているかどうかは、どう判断すればいいのでしょうか。
買取店のホームページに、自社工場について書いてあることもありますが、必ず書いてあるわけではありません。
そこで、確かめるためには、直接問い合わせるのが一番いいでしょう。
ちなみに、買取店の中でも規模が大きく、全国に多くの店舗を構えているような業者は、ほとんどの場合自社内に修理工場を持っていると考えられます。

 

*ブランド時計の中でもロレックスは強い

高級ブランド時計のメーカーはいくつもありますが、その中でもロレックスはいろんな意味で強いと言えます。
まず、ロレックスはブランド時計でありながら、頑丈で実用性のある時計です。
そういう意味の強さだけでなく、ロレックスは中古市場でも強いブランド力を持っています。
そのため、どんなに壊れていても、ロレックスなら買い取ってもらえる可能性が高いのです。

「こんなに壊れた時計は買い取ってもらえないだろう」「こんなに破損したら買取拒否される」などと決めつけずに、一度査定に出してみましょう。
他のブランド時計なら確実に買取拒否されるような状態でも、ロレックスの場合は買い取ってもらえるケースが多いのです。
このように、ロレックスはいろんな意味で強い時計なのです。

□まとめ

ロレックスは、どんなに壊れていても買い取ってもらえる可能性が高いのですが、それでも買取を拒否される故障があります。
それは、文字盤が割れたり時計本体が破損したり、時計の針が動かないといったケースです。
このような場合はかなりの修理費かかるので、買取業者も利益が出ないために買い取ってもらえないのです。
しかし、中にはひどく故障した時計でも、買い取ってくれる業者もあります。

そのような業者は、自社内に修理工場を持っていることが多いようです。
また、故障がひどい時計はパーツに分解して再販もできます。
アフターダイヤはロレックス非公式なので、多くの店舗で買取不可となりますが、一部の店舗では買い取ってもらえる場合もあります。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。