失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

パテックフィリップ、アクアノート、5066を高価買取 相場高騰中です

2020年11月5日

パテック アクアノート 買取須賀質店五反田本店で、パテックフィリップ、アクアノート、5066/1A-001の時計を買取いたしました。世界三大高級時計ブランドと呼ばれる、歴史のある高級ブランドが3つあります。

 

パテックフィリップ、オーデマピゲ、バシュロンコンスタンタンの3つがそうです。

 

その中でも頂点にいるのがパテックフィリップであると認識されている方も多いと思います。パテックフィリップは、時計ブランドとしては世界有数の人気を誇るブランドです。

 

パテックフィリップの時計で、取り分け有名なモデルが3つあります。それがカラトラバ、ノーチラス、そして今回買い取らせていただいたアクアノートの3つです。

 

カラトラバはオーソドックスな丸形のドレスウォッチで、ノーチラスとアクアノートはよく似たスポーツ系の時計です。ノーチラスとアクアノートがよく似ているのは当然で、ノーチラスを基にして作られたのがアクアノートだからです。

 

 

【目次】

①パテックフィリップの相場について

②パテックフィリップ、アクアノート、5066/1A-001の買取について

③パテックフィリップ、アクアノート、5066/1A-001の買取を通してのまとめ

パテックフィリップの相場について

 

時計の買取価格について、定価が同じであればどのような時計であっても買取金額が同じとはなりません。定価100万円の時計で、買取金額が100万円を超えるような商品もあれば、50万円、10万円という金額になる商品もあります。

 

それは、ブランドやその商品に対する人気や中古品としての需要が関っていて、もちろん世の中の情勢によって変動したりもします。

 

時計の買取金額にはその時々、そして商品に応じた相場というものがあるのです。

 

しかし、相場の多少の上がり下がりはあるものの、全体的に見て、それほど大きく値上がりするような商品はほとんどありません。時計であっても、時間が経てばそれだけ古くなっていくので、値が下がる、人気が下がるのが当然なのです。

 

しかし、極一部のブランドや商品に限り例外が見られます。アンティークやプレミアと呼ばれるような価値が見出され、急激に相場が高騰する事があるのです。発売から10年以上経った商品が、急に定価よりも買取価格の方が高くなったりする事があります。

 

そして、パッテクフィリップの時計はここ数年で急激に相場の上がった商品と言えます。数年前には数十万円の買取金額を伝えていたのと同じ商品の買取金額が、現在では数百万円になってしまっているようなものもあります。

 

こういった値動きを予想して、時計を投資対象と見る方もいらっしゃるそうですが、中々予想するのが難しい世界ではないかと思います。

 

パテックフィリップの時計は、高値の付く今は売り時ではないでしょうか。もちろん今後さらに上がる可能性もあると思いますが。

 

パテックフィリップ、アクアノート、5066/1A-001の買取について

 

アクアノート 5066 買取パテックフィリップ、アクアノートの5066の型番の商品は、アクアノートの2世代目に当たるそうです。

 

1997年に初めて登場したアクアノートは、1839年創業というパテックフィリップの歴史から見れば、かなり新しい商品でしょう。

 

初期と2世代目の5066は、時計としてはボーイズと呼ばれるような、少し小ぶりな大きさのサイズで、現行ではエクストララージといった、初期と比べるとかなり大きな商品のラインナップもあります。

 

ノーチラスを基にしているため、デザインがよく似たアクアノートですが、見た目の違いとしては、文字盤のデザインが格子状になっているのがアクアノート、ストライプ状になっているのがノーチラスで、さらにケースの形がリューズ側だけが出っ張っているのがアクアノートで、両側が出っ張ったようなデザインになっているのがノーチラスです。

 

先ほど解説しましたパテックフィリップの相場についてですが、実は何でもかんでも上がっている訳ではありません。特に2つ、ノーチラスとアクアノートこの2モデルの相場が顕著に上がっていると言えます。

 

今回お持ちいただいている商品は、その相場の上がっているアクアノートです。当然買取金額は、現在の相場に合わせて、高価査定で買取をしております。

 

時計の査定に関しては、故障や大きなキズが無ければ、状態の良し悪しはそれ程査定金額には影響しません。バッグや財布の買取査定では、状態による金額の上下が大きく、時計やジュエリーの場合はそれが小さい、このような査定になる事が多いです。

 

今回のアクアノートに関して言えば、比較的状態は良かったと言えます。故障や大きなキズは無く、その点についてはよくある一般的な中古品といった感じですが、特筆する点としては付属品が、かなりしっかりと揃っていた事が好印象となりました。

 

パテックフィリップ 保証書箱、保証書、替えのラバーベルト、こういった付属品が揃っていました。保証書の有無で相場の大きく違う時計もあるため、どんな商品であれ保証書が付いているのは良い事です。

 

実は、こういったブランド品、高級時計を扱う業者の中には、保証書の無い商品は取り扱わないとしている所もあるようです。本物、偽物という事を見極めるポイントとしても重要視しているようです。

 

須賀質店の場合は、本体のみをお持ちいただいても買取を行っております。

 

例外もありますが、見極める目に自信を持っているため、本体だけでも買取可能です。他店で保証書等の付属品が無いという理由で買取を断られた事のある方は須賀質店にご相談ください。

 

話をパテックフィリップ、アクアノートの買取に戻します。

 

少し古いパテックフィリップの時計に関しては、付属品の一切無い、本体のみでお持ちいただく事も多いため、今回の付属品がしっかりと揃っているというのは、印象が良いのです。

 

須賀質店五反田本店で、パテックフィリップ、アクアノートを2,000,000円で買取いたしました。数年前に同じ物をお持ちいただいても、この金額の査定は出来ませんでした。ここ数年で相場が大きく上がったからこその査定額となります。

 

時計の相場というのは、上がる事があれば下がる事もあります。数年前よりも買取金額が安くなってしまったというような商品も多々ありますが、高値を付ける事が出来る商品であれば高値で買い取らせていただきます。

 

パテックフィリップ、アクアノート、5066/1A-001の買取を通してのまとめ

 

パテックフィリップ 買取今回はパッテクフィリップという時計の王様とでも言うべきブランドの時計の買取をご紹介させていただきました。

 

パテックフィリップの時計らしい、かなり高額な買取となっています。時計の買取で、数百万円という金額になるのは、やはりそれだけ凄いブランド、凄い商品であると言う事です。

 

須賀質店ではこういった高級、高額な商品の取り扱いを多数行っております。金額が金額だけに慣れていないような業者に査定に持って行くのも怖いと思いますが、須賀質店であれば安心してお持ちいただけると思います。

 

日本において質屋というのは鎌倉時代から続く事業モデルであり、その中で須賀質店は大正9年から続く、老舗の質屋です。

 

長い歴史の中で培った知識や経験、技術があるからこそ、今回のような高額品の買取も行えるのです。

 

本店は山手線五反田駅を出て頂いてすぐ、徒歩1分程の場所にございます。

 

その他に、同じく山手線沿線で渋谷、池袋に店舗を構えております。渋谷は駅から徒歩5分程、池袋は徒歩1分、どの店舗であっても駅から近く、交通の便の良い場所にございます。

 

時計を売りたい、でもどこに売れば良いのか分からない、そういった方がいらっしゃいましたら、老舗の質屋の須賀質店に是非ご相談ください。

 

まずは査定だけ、お話だけでも構いません。査定は無料ですので、査定後にキャンセルして頂いて問題ございません。何よりも、何か高価な物を売る時には、複数のお店で査定をしてもらった方が良いと思います。

 

皆様のご来店をお持ちしております。

 

パテックフィリップ、カラトラバの買取事例←はこちら

パテックフィリップのカフスの買取事例←はこちら

パテックフィリップの財布の買取事例←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。
おすすめ記事