PATEK PHILIPPE

パテックフィリップ(取扱い品目一覧)

トゥエンティーフォー、アクアノート、ゴールデンエリプス、カラトラバ、ノーチラス、ゴンドーロなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
パテックフィリップ
創業 大正 9 年の老舗パテックフィリップの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではパテックフィリップ(PatekPhilippe)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。パテックフィリップの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

パテックフィリップの時計にはアニュアルカレンダー、カラトラバ、ゴールデンエリプス、ゴンドーロ、ノーチラス、アクアノート、トゥウエンティフォーなど、多数の種類の時計があります。
また、パテックフィリップには複雑機能の時計も存在しパーペチュアルカレンダー、ワールドタイムなどがありますが、このような複雑高級時計も取り扱っているので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

パテックフィリップの時計はマニュファクチュールとしての評価が高いうえに、世界最高峰の機械式時計を造るメーカーとしての伝統があるので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、パテックフィリップの時計の中でも、高値査定が出来る時計と高値査定が付けずらい時計があるので、その点はご相談してください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。パテックフィリップの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

パテックフィリップの査定相場

下記のパテックフィリップの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のパテックフィリップ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のパテックフィリップ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

パテックフィリップ 取扱い品目一覧
グランドコンプリケーション
GRANDCOMPLICATION
コンプリケーション
COMPLICATION
カラトラバ
CALATRAVA
ノーチラス
NAUTILUS
アクアノート
AQUANOTE
ゴンドーロ
GONDOLO
トゥエンティーフォー
TWENTYFOUR
ゴールデンエリプス
GOLDENELLIPSE
パテックフィリップの査定のポイント
パテックフィリップ(PatekPhilippe)について

スイス ジュネーブで世界最高の時計メーカーとして、長い歴史と数々の名声を得ているパテックフィリップについて説明いたします。
パテックフィリップは、ポーランド人のアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックと同じくポーランド移民で優秀な時計技術者であったフランソワ・チャペックが1839年に共同で設立した「パテックチャペック」という会社が始まりです。アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは軍人であり勲章を得るほどの実績がありましたが、ポーランドがロシアに占領されてからは亡命し、ジュネーブに住居を構えて、高級懐中時計の製作を始めていたのです。
もともとアントワーヌはヨーロッパの美術や時計機構に興味があっために、彼の製作する時計は美術的にも性能も高いものだったので、多くの顧客を獲得することが出来ました。
パテックチャペックでは6人の職人が時計の製作に携わり、美しさへのこだわりと技術の高さから、製造される時計は完成されたものでしたが、わずか6年ほどでフランソワ・チャペックは会社を退社することになります。

パテックフィリップ社の誕生

1815年にフランスでその後の時計業界に革命を起こす一人の人物が誕生します。彼の名はジャン‐アドリアン・フィリップ 時計技師の家にうまれたジャンは、若い時から才能にあふれた活躍をして、わずか21歳で自身の工房を持ち、年間150個もの懐中時計の製作をこなしていたのです。さらに27歳の時に、当時鍵を使って巻き上げていたゼンマイを竜頭で巻き上げ時刻合わせする機能を開発し、博覧会に出品する予定でいました。

1944年のこと、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックはジャン‐アドリアン・フィリップと、パリの博覧会で遭遇することになります。ふたりは意気投合し共同で仕事をすることを決定して1845年に「パテック社」を立ち上げます。1851年には社名を「パテックフィリップ社」に改めて、世界最高の時計を製作する、という社是のもとに時計の製造を始めることとなりました。

ふたりは共同で会社を立ち上げましたが、役割が異なっていました。ジャン‐アドリアン・フィリップは、当時すでに時計製造業界にも機械化の波が訪れていることを感じて、生産方法を一新し製造ラインの機械化に取り組み始めました。その成果として1845年には初めてのミニッツリピーター付の懐中時計の製造に成功します。
これに対してアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは、会社の発展には知名度の向上も必要であることを考えていたので、1851年にロンドンで行われた最初の万国博覧会に竜頭巻き上げ式の時計を発表します。パテックフィリップ社のこの作品は、ヴィクトリア女王をはじめ世界のリーダー的存在の人々から、高い評価を受けました。この後もパテックはヨーローーパ、アメリカなどに訪問し、自社の技術力のアピールと市場開拓を続け、1870年頃からは南米、中国などにも出向いて活動を続けました。
1867年のパリで行われた万国博覧会に、パテックフィリップは斬新な複雑機能を搭載した作品を発表していますが、技術者ジャン‐アドリアン・フィリップの時計技術力の探求と、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックの精力的な広報活動が、同社を時計の複雑機能製造のリーダー的存在に押し上げてゆきました。

パテックフィリップ社の危機

1877年にアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックが亡くなりますが、ジャン‐アドリアン・フィリップは一人になっても「世界最高の時計を製造する」という社是を忘れることはなく、1889年にパーペチュアルカレンダー機構の特許を取得します。しかしジャン‐アドリアン・フィリップも高齢になったことから、息子のジョゼフ・エミールに会社を譲り、3年後の1894年に亡くなりました。
その後は1901年にパテックフィリップは株式会社となりますが、1907年にジョセフ‐エミール・フィリップが亡くなり、社長に息子のアドリアンが就任することとなります。
アドリアンが社長に就任してからも、パテックフィリップの高性能の時計の制作意欲は変わることなく多数の複雑機能の時計を製造してきました。
しかし1929年の世界大恐慌の影響は、パテックフィリップにも重くのしかかることになり、アドリアン・フィリップは会社を手放さざるを得ないほど、業績が悪化してしまいました。この時にパテックフィリップに部品を供給していたスターン兄弟が資本参加することで、パテックフィリップは立ち直りますが、1932年アドリアン・フィリップが会社の経営から離れることで、曾祖父から受け継がれたパテックフィリップは完全に創業者一族の会社ではなくなってしまいました。