失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金のネックレスやペンダントを都内の質屋が高価買取

2020年11月18日

18金 高価買取

須賀質店五反田本店にて、金のネックレス3点、ペンダント1点を買取致しました。

 

今回買取しましたジュエリーは、どれも18金という純度のお品物です。

 

18金という単語は聞いたことあるけど、そもそも18金とはなんだろうと思う方も少なくないと思います。

 

今回は、金の純度について老舗の質屋である須賀質店が解説いたします。

【目次】

①18金とはなに? ~金の純度について~

②なぜ金に割金を入れるのか

③今回買取したジュエリーについて

④今回の買取金額について

18金とはなに? ~金の純度について~

 

遺品整理の流れ

18金とは、全体の75%に金が使用されている場合のものを指します。

 

金の純度は24分率によって定められており、24金はすなわち純金であり、数字が下がるにつれて、金の純度は下がります。

 

ジュエリーに使用される素材の代表的な純度は18金であるといえます。

 

ティファニーやカルティエといったブランドジュエリーや、ロレックスなど高級時計に使用されている金もほとんどの純度は18金です。

 

もちろん純度の高い24金の指輪や、18金よりもさらに純度が低い14金や10金のジュエリーなども存在します。

 

金の純度は製品の色にも現れ、金の純度が高ければより明るい金色、純度が低ければ、他の金属の割合が上がるため、黒っぽい色が強くなる傾向があります。

 

18金は75%は金が使用されていますが、残りの25%は金以外の金属が使用されており、他の金属のことは割り金と一括に呼ばれることもあります。

 

次は、なぜ18金などにはわざわざ割金を入れて純度を下げるのか、解説していきます。

 

なぜ金に割金を入れるのか

 

こちらの表はそれ24金から10金までの純度を表したものです。

 

24金は金の純度が100%であり、20金、18金、14金と数字が下がるにつれて、金の純度が下がり、割金として使用されている他の金属の純度が上がります。

 

なぜ、わざわざ金の純度を下げた素材がジュエリーに使用されているのか、疑問に思う方もいるかも知れません。

 

金に割金を入れて加工する理由は、金の性質にあります。

 

金はほかの金属に比べ柔らかい性質を持っています。

 

そのため、ぶつけた際や落とした際などの衝撃によって破損しやすい素材であると言えます。

実際、純金で作られているインゴッドなどは、キズが付いていたり凹んだりしてしまっていることも珍しいことではありません。

 

特に、ネックレスや指輪は身につけ出歩く機会も多いため、ふとした拍子でぶつけてしまったりして、破損させてしまう可能性があります。

 

そういった金の性質から、金よりも硬い金属を割金として合わせて、形成することで頑丈でジュエリーとしても使いやすい素材が18金などです。

 

特に18金は、1/4が他の金属であるため、金としての輝きを一定に保ちつつ、頑丈な素材として認知されているため、カルティエやティファニーなどブランドジュエリーでも使用されている素材であり、ジュエリーの中では一般的な素材として位置づけられています。

 

今回買取したジュエリーについて

 

18金 とは

今回買取したジュエリーは全部で4点あり、そのうちの3点はネックレス、1点がペンダントでした。

 

ネックレスの内1点はメレダイヤと呼ばれる小粒のダイヤモンドが、合わせて0.1ct分埋め込まれていました。

 

ペンダントには小さなルビーが埋め込まれていました。

今回は、ダイヤモンドは0.1ctとジュエリーに使用されているダイヤモンドの量としては少ないものではありましたが、買取金額をお付けすることができました。

 

しかし、ペンダントに埋め込まれていたルビーには買取金額はお付けすることができませんでした。

 

ルビーは、ダイヤモンドとは異なり、買取金額をお付けできるものは限られています。

 

今回ペンダントに埋め込まれていたルビーは、大きさやスペックが充分になかったため、買取金額をおつけできない結果になってしまいました。

 

しかし、その上で須賀質店の金の買取金額は他のお店に負けないようかなり高額に設定されています。

金の買取相場は毎日変化しており、それぞれの買取店は当日の買取相場を確認し、お店の利益率も考えて、買取金額を公表しています。

 

最近では金製品を取り扱うリサイクルショップも増え、さらには金の買取を行うお店も多く出てきているため、須賀質店もそういった波に負けないよう、何度も価格設定を見直し、より多くのお客様に利用して頂けるよう取り組んでいます。

 

また、2020年は新型コロナウィルスの感染を受け、金の相場がかなり急激に上昇しました。

 

しかし、急激に上昇した金相場は、同じ様に急激に下落する可能性もあります。

 

ここ最近では感染第3波と言われるほど、感染者が急増しているため、またいつ相場が変化するか、感染拡大を受け金の流通がストップしないかなど、様々な要因が心配されているため、金の買取を一時中断したり、価格設定を下げているお店もあるようです。

 

須賀質店は、相場や流通が不安定な状況であっても金の買取を積極的に行なっています。

 

須賀質店は100年以上質屋を続けている老舗であるため、金の流通ルートをいつくも持っています。

 

そのため、他の買取店では金の買取を制限していたとしても、須賀質店では問題なく買取を行え、さらに高額な買取金額をご提示致します。

 

他の買取店では買取を断られてしまったり、買取金額に納得できなかった方はぜひ須賀質店をご利用下さい。

 

今回の買取金額について

 

買取価格を算出

今回の買取金額のほとんどは、素材として使用されていた18金のお値段になります。

 

そのため、お品物の重さが多ければ多いほど高額な買取金額を期待できます。

 

今回買取したネックレスは、重さがそれぞれ0.7g、2.1g、2.1g、ペンダントは0.5gでした。

 

全部合わせて重さは5.4gであり、須賀質店五反田本店にて4点で26,000円で買取致しました。

 

今回売却されたお客様は何度も須賀質店をご利用頂いている方であり、「何件かお店をまわったが、須賀質店の買取金額が一番高かった」といって頂き、今回も査定金額に納得して頂き、買取契約へと進みました。

 

須賀質店は、五反田、渋谷、池袋と都内に3店舗構えています。

 

どのお店も駅から近く、日々多くのお客様からご利用していただいています。

 

お客様の中には、遺品整理のために初めて来た方、ネットの評判を見た方の他にも、リピーターとして来店される方も多くいらっしゃいます。

 

質屋と聞けば、ドラマなどの影響からかどうしても敷居が高いイメージを浮かべる方がいらっしゃるとお思います。

 

須賀質店はそんな昔ながらのイメージを払拭すべく、日々様々なことに取り組んでいます。

 

初めての方でもお店に入りやすいよう店内を明るく綺麗に保ち、従業員の接客対応もきちんと指導されています。

そのため、初めて利用された方でも接客態度やお店の雰囲気が良かったと評価をいただき、再度ご来店していただくことも少なくありません。

 

不要な金のジュエリーを持っているが、初めてでお店の敷居が高いと思う方は、ぜひ一度須賀質店にご来店下さい。

 

査定員が丁寧に接客し、査定自体も無料であるため、査定金額を知りたいといった来店理由でも歓迎しております。

 

皆様のご来店を査定員一同お待ちしております。

今回の金、プラチナの買取の詳細は以下の通り

 

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
18金 5.4g 4,930円 26,000円

【2020年11月4日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 6,650 プラチナ1000インゴット 3,030円
24金 Au1000 6,450円 プラチナ1000 2,940円
22金 Au916 5,860円 プラチナ950 2,790円
20金 Au833 5,350円 プラチナ900 2,680円
18金 Au750 4,930円 プラチナ850 2,530円
14金 Au583 3,650円

 

 

本日の金の買取価格←はこちら

純金カードの買取事例←はこちら

インゴッドの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。