フランクミュラーのタリスマンNo.9ペンダントを高価買取です | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

フランクミュラーのタリスマンNo.9ペンダントを高価買取です

東京五反田に本店がある須賀質店渋谷営業所で、フランクミュラーのペンダントを9,000円で買取ました。

フランクミュラーのタリスマンを買取

今回のペンダントはタリスマンというシリーズで、アラビア数字のモチーフが特徴的なお品物です。今回買取したお品物はNo.9のお品物でした。

 

【 目次 】

☑フランクミュラーは腕時計以外も須賀質店で高価買取できます

 

☑フランクミュラーのタリスマン買取査定について

 

☑フランクミュラーのタリスマン定価の差とブランドジュエリー買取の小話

 

☑フランクミュラーのタリスマンNO.9買取についてのまとめ

フランクミュラーは腕時計以外も須賀質店で高価買取できます

 

フランクミュラーと言うブランドは、天才時計師ブレゲの再来と言われ注目された「フランク・ミュラー」氏が創設しました。

 

複雑な機構を搭載した腕時計が人気のブランドであり、1986年のバーゼルフェアで当時28歳のフランク・ミュラー氏がトゥールビョン付きの腕時計を創り上げ一躍脚光を浴びたのでした。

 

日本では2000年代に入ってから人気が爆発し、同社を象徴するビザン文字を用いたカサブランカやロングアイランドが絶大な人気を獲得しました。

フランクミュラーのロングアイランド

フランクミュラー
ロングアイランド

そのころ、同ブランドのジュエリーも人気を得て愛用者が増加したと言われています。

 

腕時計にも金(ゴールド)を用いる為、貴金属の加工技術を活かしてジュエリー制作も行っている点は納得できますね。

 

今回のペンダントやリング、ネックレスなど、フランクミュラーのジュエリーも須賀質店ではしっかり査定し買取させていただきます。

 

タリスマンシリーズは「アラビア数字」をモチーフにしていますので、スポーツ選手が自信の背番号と同じものを着用したり、誕生日やラッキーナンバーの数字を着用される方が多いのではないでしょうか?

 

各買取店の在庫状況や人気が高い数字は他よりも高額で買取される可能性もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

フランクミュラーのタリスマン買取査定について

 

フランクミュラーのタリスマンを今回は9,000円で買取りました。18金素材で1.7gのお品物でしたので、買取当日の18金買取相場×1.7gが買取金額となります。

タリスマンの査定について

ペンダント以外にもリングやネックレス、ブレスレット等を展開しているタリスマンシリーズですが、買取時に重要なポイントは重量(サイズ)です。

 

タリスマンの殆どは18金素材が使用されており、ダイヤモンド装飾の有無などによって数多くの種類がございます。

 

今回のお品物は1.7gと比較的軽量なお品物であり、ブランドジュエリーとして査定するよりも18金の買取相場で査定した方が買取額が高くなると判断して査定しました。

 

これはデザインやお品物の種類(ペンダントやネックレスなど)は関係なく、単純に重量が重い程買取価格も高額になるという事です。

 

ネックレスはチェーンの長さが長くなれば重量も重くなりますし、リングもサイズが大きくなるほど重量も重くなるでしょう。重量は査定をするうえで1つのポイントとなります。

貴金属の重さは重要なポイント

一方でダイヤモンド装飾があるお品物などは、ブランドジュエリーとして査定した方が買取額が高くなるお品物もあります。

 

ブランドジュエリーとして査定する場合、金(ゴールド)の買取相場+ブランドに対する価値=買取金額となります。

 

フランクミュラーのタリスマンは全てブランドジュエリーとして査定or全て18金の買取相場で査定と決まっているわけでは無い為、お品物によって査定方法が異なります。

 

この記事を書いている須賀質店では、タリスマンをはじめ数多くのブランドジュエリーと貴金属のお品物を査定した実績がございます。

 

創業大正9年と100年に及ぶ歴史の中で培われた経験と、独自の相場検索システムを用いてお品物によって最適な査定方法を選択し、お客様に提示できる買取金額を少しでも高くできる様に努めております。

 

これが、経験の浅いお店や査定員の場合、査定方法が限られてしまう為、もっと高額で買取る事ができたお品物に対して最高額の提示が出来ない可能性もあります。

お問い合わせだけでも構いませんので、売却したいお品物をお持ちの方はお気軽に須賀質店にご相談下さい。

 

 

フランクミュラーのタリスマン定価の差とブランドジュエリー買取の小話

 

 

公式ホームページによると、タリスマンの定価は数字によって異なっており、No.2が583,000円と最高額で、No.4、5、6、8、9が572,000円、NO.3が539,000円、No.1が495,000円となっております。

 

なぜこのような金額差があるのかは分かりませんが、中古市場でも人気の数字やお店の在庫状況によって買取金額に差が生じる可能性があります。

 

今回買取したフランクミュラーのタリスマンNo.9は、重量が1.7gという事もあり18金の買取相場に基づいての査定となりましたが、ブランドジュエリーとして査定を行う場合は金(ゴールド)の色味に注意してみると良いかも知れません。

 

フランクミュラーをはじめ多くのブランドジュエリーで金(ゴールド)として使われている素材は18金です。

 

18金とは、純金(24金)に割金と呼ばれる金属を混ぜて作られた合金です。金(ゴールド)が75%、割金25%という比率になります。

 

この割金の種類や比率によって18金の色味を変化させることができるのです。代表的な呼び方ではイエローゴールド(YG)、ピンクゴールド(PG)、ホワイトゴールド(WG)となります。

18金の種類について

画像は左からイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドとなります。

 

イエローゴールドは純金の色味を継承した黄色味が強い色、ピンクゴールドは女性に人気で肌馴染みもよいピンクがかった色、ホワイトゴールドはかっちりしたフォーマルな場でも着用しやすい銀色系の色となります。

 

ちなみに、ホワイトゴールドの割金には銀やパラジウムが使われますが、それだけでは黄色味がかった仕上がりとなり写真の様な銀色に輝く状態ではありません。

 

最終的にロジウムでメッキ掛けを行って銀色の状態になりますので、メッキ掛けが剥がれてくると少し黄色味がかった下地が見える事もあります。再度メッキ掛けを行えば綺麗な銀色に戻りますし、品質的に問題がある訳ではないのでご安心ください。

 

須賀質店では18金の相場に基づき査定を行う場合、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドで査定額に差が出る事はありません。

 

しかし、ブランドジュエリーとして査定を行う際は、その時々で流行の色味が高額になるケースか多いです。

ブランドジュエリーの査定ポイント

現在ではピンクゴールドの人気が高く、次いでイエローゴールド、ホワイトゴールドは少し落ち着いている印象があります。

 

今後流行が変化すればこの構図も変わると思いますが、買取査定時の豆知識として覚えておくと良いかも知れません。

 

 

フランクミュラーのタリスマンNO.9買取についてのまとめ

 

今回の記事ではフランクミュラーのタリスマンNO.9買取について解説しました。腕時計の人気が高いフランクミュラーですが、ジュエリーも高額買取が可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

この記事を書いている須賀質店では、今回買取したフランクミュラー等のブランドジュエリー以外にも、腕時計やバッグ、貴金属、スマートフォン・タブレット、ノートパソコン、カメラ等数多くのアイテムを取扱っております。

 

ご来店での査定は勿論の事、おおよその査定額を事前に確認できるLINE査定やホームページからのお問い合わせも可能です。

 

新型コロナウイルス感染対策として、店内の換気、手指消毒剤の設置、従業員のマスク着用、毎日の検温、カウンターの消毒を行っております。

店頭のアルコール消毒材

査定額はもちろん、お客様に安心してご利用いただけるように努めております。皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

フランクミュラーペンダントの買取事例←こちら

 

フランクミュラーネックレスの買取事例←こちら

 

フランクミュラーの腕時計買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。