失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスの買取で必要なものは?買取店を選ぶ時のポイントも紹介します

2021年1月12日

ロレックスは、世界に名高い高級ブランド時計です。
そのため、中古市場でも非常に人気があり、常に高値で取引されています。
そんなロレックスを買取に出す際に必要なものには何があるのでしょうか。

今回は、ロレックスを買取に出す際に必要なものと、買取価格の決め方についてご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

□ロレックスの買取価格はこうして決まる

ロレックスは人気の高いブランド時計なので、基本的にどのモデルも高値で買取されます。
モデルによっても買取価格に差はありますが、時計の価値は色やデザイン、人気などの要素によって決まります。
しかし、あまり人気のなかったモデルでも、製造中止になると中古市場で求めるしかないので、急に買取価格が上がることもあります。
こういった要素のほかに、買取に出す時計の傷の有無や付属品の有無によっても、買取価格が変わることもあるでしょう。

また、ロレックスはいつ売るかによっても買取価格が変わります。
そのモデルを有名な俳優が使ったり、テレビで話題になったりすると価格が高騰することもあります。
加えて、ロレックスは海外製品なので、為替相場の影響によっても価格が変動するでしょう。

さらに、1年のうちいつでも同じ価格で買い取られるのではなく、シーズンによって値下がりしたり値上がりしたりします。
なぜなら、ロレックスは中古品でもかなり高額なので、いつでも買えるものではないからです。

そのため、ロレックスはボーナスが出た直後によく売れます。
また、ロレックスはプレゼント品としても需要があるので、卒業や就職などの節目に、身内や知人などへの贈り物として使われることもあります。
そこで、卒業や就職シーズンの直前の、2月後半から3月初め頃に買取に出すと高値で買い取ってもらえる場合が多いです。

このように、ロレックスには高値で売れやすい時期があるので、買取に出す際は時期を見て出すと良いでしょう。

□買取の際に必要なもの

ここでは、ロレックスの買取の際に必要なものを3つご紹介します。
それぞれについて、詳しく確認していきましょう。

まず1つ目は、時計本体とブレスレッドです。
こちらは、査定してもらうメインとなるものです。

「メインのものを忘れることなんてあるの。」
このようにお考えの方もいらっしゃいますよね。
しかし、複数の時計を買取に出すと、時計本体を1個入れ忘れたり、ブレスレットを忘れたりすることがあるので注意しましょう。

2つ目は、付属品です。
ロレックスは、購入時にさまざまな付属品がついています。
買取に出す際は、この付属品を1つでも多くつけた方が高値の査定になりやすいです。
買取の際に特に必要となるものとしては、時計の外箱やブレスレットの長さを調整するためのコマ、保証書など挙げられます。

また、ロレックスをオーバーホールに出していれば、その証明書もつけるようにしましょう。
ロレックスは、定期的にオーバーホールすることによって、長持ちします。
そのため、最後にいつオーバーホールしたかによって買取額が変わりますが、証明書がないと信用してもらえない可能性があるからです。

3つ目は、身分証明書です。
特に、初めて買取に出す際には、身分証明書が必要な場合がほとんどです。
免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどのいずれかを用意しておくようにしましょう。

買取店によっては、顔写真つきの身分証明書でないと買取しないこともあります。
そのため、健康保険証では買取してもらえないケースもあるので、顔写真つきの身分証明書が必要かどうか、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

□付属品がない場合の買取価格はどう変わる?

「買取に必要なものとして付属品が挙げられていたけど、付属品をなくしてしまった。」
このような方もいらっしゃると思います。

ロレックスは、付属品がついていた方が高く買い取ってもらえますが、付属品がなくても買取自体は基本的にしてもらえます。
そのため、付属品は買取に必須というわけではありません。
しかし、付属品がないと買取額が下がってしまう場合がほとんどです。

では、具体的にどの程度下がるのでしょうか。
時計だけ査定に出した場合と、コマなどの付属品やオーバーホールの証明書がある場合では、千円~1万円程度の差があります。
そのため、少しでも高く売りたいなら、付属品をつけることをおすすめします。

□買取店を選ぶポイント

ロレックスを売るなら買取店に出すのがおすすめですが、買取店ならどこでも同じではありません。
では、何をポイントに買取店を選べば良いのでしょうか。
ここでは、買取店を選ぶ際のポイントを5つご紹介します。

*買取と販売を行っている

買取店にはいろんな営業形態があります。
中には買取だけ行う買取店もありますが、買取と販売の両方を行っている店の方が、高く買い取ってもらえることが多いのです。
買取のみの買取店は販売ルートを持っていないため、買い取った時計を他の業者に転売することで利益を得ています。
しかし、業者の買取価格は小売価格よりも低いので、買取のみの店は利幅があまりありません。そのため、買取額も低くなってしまうのです。

*買取サービスに力を入れている

買取は店舗での買取のほか、宅配やLINEで写真を送るだけのLINE買取も増えています。
このような、さまざまな買取サービスが充実している買取店の方が、高く買い取ってくれる傾向があります。
このようなサービスを導入するほど、買取に力を入れているからです。

*激戦区に店舗がある

競合店が多い地域にある買取店は、他の店にお客を取られないように高く査定する傾向があります。
そのため、買取店が多く集まる地域にある店の方が高く売れやすいと言えるでしょう。

*ベテランの査定士がいる

ブラント時計の買取店には査定士がいますが、必ずしもベテラン査定士ばかりとは限りません。
たとえば、買取店の大手チェーンではフランチャイズ展開しているケースが多いのですが、そこで働く査定士は、査定の研修を終えたばかりという場合もあります。
ロレックスの査定は、ベテラン査定士に行ってもらわないと正しく査定できません。

査定の経験が浅ければ、自分の査定に自信が持てないため、どうしても低めに査定額を出すことになってしまいます。
なぜなら、「値打ちのある時計」と判断して、高値の査定額を出したあとで間違いだったとわかると、店が損するからです。
その結果、無難な査定額を出そうとする傾向があるので、ベテラン査定士がいない店の方が買取額が低くなるのです。

ベテランの査定士がいると厳しく査定されて、「買い叩かれる」と思う人もいるようですが実際は逆なのですね。
ベテランの査定士の方が適切な価格を提示してくれるので、安心できるでしょう。

*口コミの評価が高い

ネットには、買取店の口コミが多数寄せられています。
口コミは実際にその店に買取に出した人の評価ですから、買取店の良し悪しを判断する材料になります。
ネットで検索できることからあまり手間もかからないので、ぜひ参考にしてみてください。

□まとめ

ロレックスの買取価格は、色やデザイン、人気などの要素によって決まります。
買取の際には、今回ご紹介したものを事前にしっかりと準備しておきましょう。
高値で買取してもらうためには、買取店選びも重要となります。
買取店を選ぶポイントについても、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。