失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネルを買取してもらうときのコツとは?流れも紹介します

家にシャネルをはじめとするブランド品が多くあるため、買取に出そうか検討している方はいませんか。
初めて買取を利用しようとお考えの方は、どのようなことに注意すれば良いのか分からないですよね。
そこで今回は、シャネルを買取してもらう際のコツや買取に出す際の流れをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□買取を利用するときの流れとは?

シャネルは、世界的に有名な高級ブランドであり、多くの人が憧れを抱いているのではないでしょうか。
シャネルのアイテムを持つことが1つのステータスとされ、持っているだけで気分が上がるという方も多いでしょう。
そのため、シャネルは中古市場でも絶大な人気があり、高値で取引されることが多いです。
もし、使わなくなったシャネルのアイテムが家にあるという方は、早めに買取に出すことをオススメします。

では、買取を利用する際はどのような流れで進めていけば良いのでしょうか。
ここからは、具体的な流れについてご紹介します。

まず、買取を利用する際には身分証が必要なので、買取してもらいたい品物と合わせて必ず持参するようにしましょう。
この身分証とは、運転免許証、保険証、パスポート、在留カードまたは外国人登録証明書などの、現住所が分かるものです。

用意した身分証と買取に出す品物を店舗に持っていきます。
店舗では、基本的にスタッフの方がお客様の目の前で査定をしてくれるでしょう。
査定にかかる時間は、品物の内容や数によって変わりますが、目安として10分から20分程度です。
その際、査定について何か分からないことや質問があれば担当のスタッフの方に聞いてみましょう。

商品の査定は、傷みや汚れなど商品の状態をチェックします。
査定が終了すると査定額が提示されるので、その金額に納得すれば買取成立となります。
希望金額よりも少し低い金額であった場合は、多少の値段交渉をしてみるのも良いでしょう。

万が一、査定額に納得がいかない場合は無理に品物を置いていく必要はありません。
キャンセルをしても、基本的に費用はかからないため、正直にキャンセルする旨を伝えましょう。
もしかしたら、何らかの名目で料金を請求される可能性もあるため、あらかじめしっかりと確認しておくことが重要です。

査定額に納得して買取を希望される方は、名前や住所、連絡先などを記入します。
それら基本情報の記入が終わったら、身分証明書のコピーを提出します。
その後、品物と現金を交換してもらいます。

以上が大まかな買取の流れになります。
あまり複雑なことはありませんが、もし気になることがあった場合は、気軽にスタッフの方に相談してみましょう。

□シャネルを査定してもらう際にチェックされるポイントを紹介!

ここまでは、買取に出す際の流れをご紹介しました。
実際に査定してもらう際は、どのような部分がチェックされているのか気になる方が多いのではないでしょうか。
買取業者の方が査定する際は、様々なポイントをチェックしていますが、今回はその中でも3つのチェックポイントをご紹介します。

*商品の状態

まず、1つ目のチェックポイントは、買取に出す商品の状態です。
シャネルは、新品と同じように中古市場においてもとても人気があります。
そのため、万が一アイテムに多少の傷や汚れがあったとしても、査定や買取をしてくれるでしょう。
しかし、ブランド品を買取してくれる業者は、お客様から買い取ったアイテムを中古市場で再び販売することで利益を得ているため、傷や汚れのない状態の方が高い価格で買い取ってもらえます。

では、アイテムの状態について、どのような部分をチェックしているのでしょうか。
基本的にブランド品を買い取ってくれる業者の方は、以下のポイントをチェックしていることが多いです。

・持ち手部分の汚れや擦れ
・角の擦れ
・全体的な色あせやシミ
・内部のにおい

においについてはご自分でメンテナンスできますが、汚れや色あせなどをご自分でメンテナンスするのは難しいです。
無理に改善しようとすると、かえって買取価格が下がったり、買取不可になったりする可能性があるため注意しましょう。
内部のにおいに関しては、直射日光の当たらない風通しが良い場所で干すことで、状態が改善されます。
干した後は表面を乾いた布などで拭いておくだけでも印象は良くなります。

*付属品の有無

2つ目のチェックポイントは、付属品が揃っているかどうかです。
先ほどもご紹介した通り、ブランド品を回収してくれる業者は、買い取ったアイテムを再び売りに出します。
そのため、査定時にはそのアイテムが中古市場において売れるものなのかが重要になります。
特にシャネルは世界的なブランドとして知られているが故に、コピーや偽物も多く出回っているでしょう。

もし、みなさんが買い手だった場合、そのアイテムが本物のシャネルの商品なのか気になりますよね。
そんな気になっているアイテムに、正規品を証明するためのギャランティーカードや保証書などが付属されていれば、本物だと信頼できるでしょう。
そのため、査定に出す際は付属品を揃えておくことが重要になります。

もちろん、付属品がなくても買い取ってもらえますが、中にはギャランティーカードや証明書がないと査定や買取をしてくれない業者もあるので注意しましょう。
もし、ギャランティーカードや証明書をはじめとする付属品をなくしてしまったという方は、一度買取をしてもらう業者の方に問い合わせてみることをオススメします。

*トレンドのアイテムかどうか

3つ目のチェックポイントは、そのアイテムが流行のものかどうかです。
定番アイテムが多いシャネルにも、ある程度流行があります。
シャネル製品の中には、あまりトレンドは関係ないものもありますが、「ガブリエルドゥシャネル」や「ボーイシャネル」などを中古市場で売る場合は、トレンド感が重要となります。
トレンドが過ぎてしまうと、買取価格が大幅に下がることもあるので、すでに使用していないシャネル製品がある場合は、なるべく早く買取に出すのがオススメです。

□高額で買取してもらうためにはどうすればいいの?

次に、シャネル製品をできるだけ高い価格で買い取ってもらうためのコツをご紹介します。

1つ目のポイントは、メンテナンスをしてから持っていくことです。
先ほどもご紹介した通り、アイテムの状態は査定額に大きく関係します。
査定の際は、第一印象が重要になるので、できるだけ良い状態にしてからアイテムを持ち込むようにしましょう。

軽い汚れを落とすだけでも見た目の印象は変わります。
また、バッグや財布、ポーチなどを買取に出す際は中のゴミやホコリも取り除いておくことをオススメします。

2つ目のポイントは、付属品を忘れずに持っていくことです。
やはり付属品があるのと無いのとでは、査定額が大きく変わります。
ギャランティーカードや証明書はもちろん、箱やケース、ショルダーストラップなども一緒に持っていくようにしましょう。

3つ目のポイントは、ブランド品に関して専門的な知識を持っている業者を選ぶことです。
適正な価格で買取をしてもらうには、ブランド品の知識が豊富な業者に依頼するのが重要です。
一見同じように見える買取店でも、それぞれ取扱商品や得意なジャンルは異なります。
そのため、シャネル製品の買取実績が豊富にあるか、専門的な知識を持っているスタッフが在籍しているのかなどをあらかじめ確認しておきましょう。

□まとめ

今回は、シャネルを買取してもらう際のコツや買取に出す際の流れについてご紹介しました。
シャネルは世界的に有名なブランドであるため、不要になったアイテムがある方はぜひ買取を依頼してみてはいかがでしょうか。
その際は、今回ご紹介したコツを参考にして、少しでも高い金額で買い取ってもらえるようにしましょう。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。