動かないロレックスは買取に出せる?高く買い取ってもらうコツを紹介! | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

動かないロレックスは買取に出せる?高く買い取ってもらうコツを紹介!

誰しもが一度は聞いたことのある高級ブランド時計のロレックス。
実用的で頑丈にできているのもその特徴ですが、そんなロレックスでも故障で動かなくなることがあります。
では、そんなロレックスでも買取に出せるのでしょうか。
そこで今回は、動かなくなったロレックスでも買取に出せるかどうか解説していきます。

□動かないロレックスでも売れる?

高級時計と聞けば、「ロレックス」の時計を想像される方は多いでしょう。
これは、ただ有名ブランドの時計というだけでなく、実用的で頑丈にできているため壊れにくい点がその特徴だと言えます。
しかし、そんな頑丈なロレックスの時計でも壊れて動かなくなってしまう場合があります。
その際、気になるのが買取に出せるかどうかですよね。

では、ここからそんなロレックスの買取について見ていきましょう。

まず初めに結論から言うと、ロレックスは中古市場でも非常に価値が高いため、ほとんどの場合故障してしまい動かないものでも買い取ってもらえます。
これは実用性のある時計として知られていますが、動かないと時計としての価値がありません。
そのため、ロレックスを買い取る場合は動くことが前提となりますが、壊れた時計でも買い取ってもらえることが多いようです。

その理由はロレックスの場合、修理して中古市場で販売したとしても十分な利益が出るからです。
ロレックス以外のブランド時計では、修理して再販すると赤字になりやすいため、買い取ってもらえないことが多いのですが、これはそうではありません。

ロレックスには高いブランド力があり高額で取引されることから、そのような十分な利益が出せるのです。
また、ロレックスならどんなモデルでもすぐに高く売れるため、買取店は1個でも多く仕入れたいと考えている場合が多いでしょう。
そのため、多少壊れていても買い取ってくれるのです。

また、他にも多少故障していても買い取ってもらえる理由の1つに、ロレックスは製造後約30年間、パーツを保管していることが挙げられます。
そのため、約30年経っても正規品のパーツを使って修理できることも、ロレックスの価値を高める理由となっているのです。
また、壊れて動かないものでも、分解してパーツとして再販することも可能であるため、ほとんどの場合買い取ってもらえるわけです。

つまり、ロレックスには高いブランド力があり、中古市場でも高値で売れるため、費用をかけて修理してもまだ十分に利益があるため、故障していても買取ってもらえる場合が多いのです。

□高く買取してもらうコツ!

ロレックスは非常に価値の高いブランド時計であるため、基本的に高く買取してもらえます。
しかし、ちょっとした工夫をすることでもっと高値が期待できるのです。
では、ここからはそのコツをご紹介しましょう。

*付属品を揃える

ロレックスを買取に出す際は、購入時についていた付属品をなるべく多く残しておき、セットで売ることで高値になります。
購入時の付属品とは、外箱、保証書、小冊子、タグ、コマなどです。
コマはブレスレットの長さを調整する際に必要なものです。
そして、外箱があると5千円から1万円くらい買取額が上がるでしょう。

また、保証書があればさらに1万円から2万円ほど価格が高くなります。
保証書がなくても、買取店の査定士は本物かどうか見分けることができますが、中古市場で買う人は保証書があった方が安心して買ってくれるため、その分高値をつけてもらえるでしょう。
小冊子やタグは買取額にはあまり影響しませんが、中古市場で買う方の中には、できるだけ新品の状態に近いロレックスを欲しがる方が多いため、揃っていた方が喜ばれます。

*オーバーホールの証明書

オーバーホールとは時計を分解し、部品を清掃して再び組み立てるものです。
ロレックスは、定期的にオーバーホールすると数十年使い続けられます。
そのため、買取に出す際にオーバーホールした証明書をつけることで、高値が期待できますよ。

オーバーホール時に部品の損傷などが見つかると、その場で新品の部品と交換できるため、故障を未然に防ぐことにもつながります。
証明書があればいつオーバーホールしたかがわかるため、オーバーホールした日が査定日に近いほど高値が期待できるでしょう。
ただし、オーバーホールにはかなりの費用がかかるため、査定額を上げるためにオーバーホールに出すと、かえって赤字になってしまう点に注意が必要です。

*きれいにする

査定に出す前に、ロレックスをきれいに拭いておきましょう。
布などで拭けば、すぐ取れるような汚れをそのままで出すより、きれいにして査定に出す方が、高値をつけてもらいやすくなります。
特にブレスレットの隙間に汚れがたまりやすいため、不要になった歯ブラシなどを使ってきれいにしましょう。

*早めに査定に出す

ロレックスは新しいモデルほど高値がつきやすいです。
そのため、不要になったらできるだけ早く買取に出す方が高く売れやすいのです。
これは古いモデルでもそれほど値下がりしませんが、新しいほど高値がつきやすいのは間違いありません。

また、年数が経てば、その分同じモデルが中古市場に多数出回る可能性もあるため、市場価値が下がり買取額も下がってしまいます。
売ろうかどうしようか迷ったら、一度査定に出してみてから提示された査定額によって、売るかどうか決めるのも1つの方法です。

*需要が高まる時期がある

ロレックスは高値で売れるといっても、年間を通して同じ金額で売れるわけではありません。
実は、高く売れる時期があるのをご存じでしょうか。
例えば、夏と冬のボーナスシーズンには、中古市場で買い求める人が増えるため、ボーナスの少し前に買取に出すと高値がつきやすいでしょう。
また、卒業や就職シーズンもプレゼント用として需要が増えるため、シーズンの少し前に買取に出すと高値が期待できます。

□場合によっては買取してもらえないケースもある

ロレックスは、基本的に動かなくても買取してもらえますが、動かない理由によっては買取してもらえないこともあります。
ひと口に故障といってもさまざまですが、部品を交換すれば動く程度の故障であれば問題ありません。
しかし、かなりの修理費用がかかると予想される場合や、修理が不可能と判断されると、買取してもらえないこともあります。

例えば、交換する部品によってはかなり高額な価格になる部品もあるため、修理するとそのモデルの買取価格を上回ってしまう場合があります。
そうなると買取店が赤字になってしまうため、買取を拒否されてしまうのです。

そして、極端に損傷がひどくて修理できない時計も、買取してもらえません。
例えば、文字盤に錆が発生すると、研磨して取り除くことができません。
この場合の対処法は文字盤を交換するしかありませんが、文字盤だけが中古市場に出回ることはまずないので、対応不可となります。

また、買取店によっては修理に限界があり、その店では買取できないという場合もあります。
しかし反対に、その店以外の買取店なら買取してもらえる場合もあります。
そのため、買取を拒否されてもすぐあきらめずに、他店で見てもらうことも大切です。

□まとめ

ロレックスは中古市場でも非常に価値が高いため、動かないロレックスでもほとんどの場合買取してもらえます。
さらに高値で買い取ってもらうには、購入時についていた付属品をなるべく多く揃えたり、夏冬のボーナス前や卒業、就職の前に買取に出したりすると、高値が期待できますよ。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。