iPhoneXS MAX 256GBの買取と相場の解説 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

iPhoneXS MAX 256GBの買取と相場の解説

iPhoneXS 買取須賀質店五反田本店で、iPhoneXS MAX 256GBのスマホを買取いたしました。現在の最新は12になるため、2世代前にあたるモデルです。

 

スマホの買取では、どの機種かという事の他にも容量等の情報が買取金額を大きく左右します。

 

さらに、須賀質店の買取で取り扱っている他の商品、ブランド品や貴金属と大きく違うのは、買取金額が下がっていくのが早いという点です。時計にしてもバッグにしても、年月が経った事で値が上がるという事が起きますが、スマホやパソコン等の電子機器ではほとんど起こりません。発売からの年月が、経てば経つだけ買取金額は下がってしまいます。

 

今回のiPhoneXSの買取事例にしてみても、この時に買い取る事が出来たという金額ではありますが、高値で買い取らせて頂けたとお思います。

 

【目次】

①iPhoneXSの買取の詳細をご紹介

②iPhoneを検索する時に便利な型番について

③買取の出来るiPhone、その他スマートフォンについて

④iPhoneXS MAX 256GBの買取を通してのまとめ

 

iPhoneXSの買取の詳細をご紹介

 

iPhoneXS NT6U2J/A 買取iPhoneXS MAX 256GBを50,000円で買い取らせて頂きました。

 

実は、この記事を書いているのと、実際の買取が行われた時期には若干のタイムラグがあるため、現在の相場よりも少し高めの買取金額となっています。

 

実際の買取は2020年の11月です。

 

この記事を書いているのが、2021年の3月になりますので、およそ4カ月前になります。

 

スマホの買取金額は、4カ月でどのくらい変動するのでしょうか?

 

まずは、お持ちいただいた端末どのような状態であったのか、詳しく説明をしていきます。

 

未使用品ではありませんでした。キズは特に見当たりませんでしたが、保護シールは無く、ある程度は使用していたのであろうと思われます。

 

未使用品の定義というのは実は難しいもので、使っていないがイコール未使用品ではありません。

 

iPhoneに関しては、販売時に貼られていた保護シールが“そのままの状態”で貼られているのかが一つの基準になります。

 

そのままの状態という注釈が付くのは、保護シールが残っているだけではダメだという事です。一度剥がして貼り直しても、それは未使用の基準からは外れてしまいます。どれだけキレイであっても、保護シールが“そのままの状態“でなければ未使用品として見る事はほぼ出来ません。

 

では、パッケージングされたままの、本当に一度も使用していない物というのはどうなのでしょう。これならば未使用品として見る事は出来ると思いますが、パッケージングしたままで買取という訳にもいきません。

 

スマホの買取をするためには、当然動作の確認をする必要もありますし、端末を開いて確認しなければいけない情報もあります。そのためには、開封して端末本体の確認をしなければ、取り扱いは出来ません。これに関しては、査定をする人物、会社による判断の違いがあるかもしれないので、他社様の事は分かりませんが、須賀質店のスマホ買取では、査定時に開封させて頂く事が前提となります。

 

未使用品の説明が長くなってしまいましたが、つまり今回買取をしたiPhoneXS MAX 256GBを端的に言うのであれば、状態の良い中古品という事です。

 

iPhoneXSMAX 256GB NT6U2J/A 買取2020年11月にiPhoneXS MAX 256GBを、状態の良い中古品でお持ちいただいた結果が50,000円という買取金額となったわけです。

 

では、この金額は2021年の3月現在ではどうなっているのでしょう。同じ物をお持ちいただいても40,000円お付けするのも難しいと思います。ハッキリと金額を言うのであれば35,000円が買取金額になります。

 

4カ月の間に、買取金額が7割程になってしまったという事です。

 

ブランド品や貴金属にも相場はあり、大きく下がる事もありますが、4カ月で7割というのはあまり見かけない程大きな下げ幅です。

 

これには新製品の発売等の影響もあると思われるので、スマホは4カ月経てば買取が7割になってしまうような公式が成り立つわけではありません。

 

ただ、相場の変動、下落が早い商品である事は間違いありません。使っていない、いらないiPhone等のスマホをお持ちの方は、早めに売却してしまうのが良いと思います。

 

iPhoneを検索する時に便利な型番について

 

iPhoneを売りたいと思っている方は、どこに売れば良いのか、いくら位になるのか、こういった検索をしている方が多いと思います。

 

その時に役に立つのが、個々に設定されている型番です。型番が分かれば、そのiPhoneがいくらで売れるのかという検索が簡単になります。

 

どこを見れば型番がわかるのかと言うと、ホーム画面から、設定→一般→情報と進んでいただければ確認する事が出来ます。

 

モデル番号と書かれた欄にあるのが、いわゆる型番です。この情報だけで、機種名、容量、色といった情報を特定する事が出来るため、検索する時にこれを入力すると良いでしょう。

 

今回この記事の本文でご紹介している、買取のiPhineXS MAX 256GBは、NT6U2J/Aというのが型番でした。

 

この他にも、型番と呼べるようなものがいくつかあるのですが、機種を正確に特定出来るのが末尾J/Aのこのモデル番号だけになります。

 

ちなみに、J/Aは日本国内向けに製造された製品である事を表しています。

 

買取の出来るiPhone、その他スマートフォンについて

 

ガラケーと呼ばれていた頃の携帯電話と比べ、近年販売されているスマートフォンは全般的に、端末そのものにかかる代金が高くなってきました。

 

多くの方が、端末代をスマートフォンの利用料と一緒に月々支払う、分割払いをされているのではなでしょうか?

 

スマートフォンの買取でお客様に頂くお問い合わせで、分割払い中の端末の買取は出来ますか?という内容の質問がよくあります。

 

この質問に対する回答を端的に言ってしまうと、出来ます!!

 

分割払いに滞納がある等、買取が出来ない場合もありますが、分割払い中であるというだけでは、買取不可とはなりません。

 

こういった情報は、ネットワーク利用制限を使って確認をします。

 

ネットワーク利用制限とは何か、これは各キャリアが犯罪、規約違反等に絡んだ端末のネットワーク接続に制限をかける措置の事です。

 

それぞれの端末に設定されているIMEIという15桁の番号を、各キャリアのサイトにあるネットワーク利用制限の確認ページに入力する事で、どういった状態なのかを調べる事が出来ます。

 

表示されるのは、〇、△、×、―のいずれかです。

 

〇は、端末代の支払い済でネットワーク利用制限は基本的に対象外

 

△は、端末代に残債あるが制限は掛かっておらず使用には問題無し

 

×は、何かしらの理由で制限が掛かった状態で、この状態の端末はWi-Fiでのみネット接続可能

 

―は、確認しているキャリアでの登録無し。これは他のキャリアで購入している、購入時にキャリアに登録していない(アップルで購入等)、反映されていない等の複数の理由が考えられます。

 

〇と△は買取可能

×は買取不可

―は状況に応じて

 

このような判断になります。

 

△と表示される、分割払い中の端末の取り扱いは会社によって異なるため、どこでも買取を行っている訳ではありません。須賀質店であれば買取可能です。

 

端末代の支払いを滞納するとどうなる?

 

月々の使用料と一緒になっているため、端末代の滞納というよりも使用料を滞納してしまっているつもりで、そしてそれを軽く考えている方が多いようです。

 

実は端末代の分割払いというのは、ローンを組む、クレジットカードで買い物する等と同じように、支払いが滞ってしまうと信用情報に載ってしまいます。

 

後々、ローンを組む、クレジットカードを作る等が出来なくなってしまう可能性があるので注意した方が良いでしょう。

 

iPhoneXS MAX 256GBの買取を通してのまとめ

 

須賀質店では様々な商品の買取を行っており、今回はiPhoneの買取事例と相場に関する解説をさせて頂きました。

 

五反田、渋谷、池袋に店舗を構える須賀質店は、営業を始めて100年程が経過している老舗の質屋です。

 

お近くにお住まいの方で、売りたい物があるという方は、是非ご相談ください。

 

長い歴史の中で培ってきた知識や経験を基に、皆様に喜んで頂けるよう、高価買取を目指しております。

 

iPhone8の買取事例←はこちら

iPhone11の買取事例←はこちら

iPadの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。