18金のネックレスを高価買取、18金と金の買取について解説 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金のネックレスを高価買取、18金と金の買取について解説

K18 ネックレス 買取須賀質店五反田本店で、18金のネックレスを高価買取いたしました。

 

貴金属の買取は、基本的にはグラム単価×商品の重さという単純な計算で買取金額を出しています。

 

それなのに、同じ商品であってもお店によって買取金額に大きな違いがあったりするのは、貴金属の取り扱いには決められた金額があるわけでは無く、お店毎に、そして1日、1日毎に買取金額が違っているからです。

 

須賀質店では、金、プラチナといった貴金属の買取を高値で行っております。

 

 

【目次】

①まず、18金とは一体何なのでしょうか?

②金の相場と買取金額

③18金ネックレスの買取の解説

④金を高く売るためには

⑤金のネックレスの買取を通してのまとめ

⑥今回の金、プラチナの買取の詳細は以下の通り

 

 

まず、18金とは一体何なのでしょうか?

 

 

 

金製品というのは、製品としての強度を保つために100%の金ではあまり作られていません。何割か別の金属を混ぜる、合金する事で強度を保ちます。これは、金が他の金属と比べても柔らか過ぎるからです。

 

18金とはただ、金というのは大変高価な物であるため、一体何割が金であるかというのは重要な事です。その表記方法の一つが、24を100%とした24分率で、18/24が金であるという意味になるのが18金です。

 

なぜ24分率という半端な数字を使うのか、これに科学的な根拠は無いようで、金の取り扱いを人類が始めたのが%という概念が生まれるよりも早かったため、一日の時間である24を最大値とした説が有力なようです。

 

金がどれだけの割合なのかという情報は、基本的には製品そのものに書かれています。書かれていると言ってもペンで書いているわけでは無く、刻印が入っています。

 

K18と入っている事が多いと思いますが、これが18金であるという意味の刻印になります。日本は特に24分率をよく使いますが、他の国では1000分率を使う事も多く、その場合は750と入っています。

 

つまりK18と750は同じ意味で、両方とも金の含有率は75%で18金であるという意味になります。

 

金の相場と買取金額

 

冒頭でお話した通りに、基本的には金のグラム単価×商品の重さという単純な計算です。

 

ただ、このグラム単価というのが、一定ではありません。日によって違い、さらにお店によっても違います。

 

日によって違うというのは、金の相場が毎日変動しているからです。金やプラチナといった貴金属も、株や為替のように常に値が動いています。ただ、大抵のお店は一日単位での取り扱い金額を固定しているものなので、金の買取は日によって金額が変わる事になります。

 

相場がある以上、日によって買取金額が違うというのはお分かり頂けると思いますが、お店によって違うというのはどういう事なのでしょうか。

 

勘違いされている方も多いのですが、ニュース等で流れる金の相場とは、買取金額の事ではありません。実際の買取金額というのは、各お店が最終的な決定をしているもので、相場を元にして自社の利益を確保した上での取り扱い金額が、そのお店の買取金額となります。

 

お店によって利益の出し方にも違いがあるため、金の相場という大きな指標はありますが、買取金額は一定ではないという事です。

 

さらに、手数料やその他、別途料金が発生するお店もあります。金の買取金額自体はホームページで公表しているお店も多いですが、実際にいくら受け取る事が出来るのかと言う点に関しては、直接問い合わせるか、商品を実際に見てもらうのが確実です。

 

18金ネックレスの買取の解説

 

18金とは何か、金の買取金額がどのように決まっているのか、二つの解説をしてきましたが、では実際の買取結果はどうなったのでしょうか。

 

金 ネックレス 高価買取お持ちいただいた18金のネックレスがこちらです。

 

K18 18金 買取金具のところに入っているのが18金を表す刻印で、最もオーソドックスなK18と入っています。

 

査定をする上で、K18や750といった純度を表す刻印は重要な情報なのですが、金だと書いてあるからといって、それをそのまま鵜呑みにして査定をしている訳ではありません。

 

金製品の偽物が何かと聞かれれば、“金を使っていないのに18金や純金を示す刻印が入っている”、“刻印よりも実際の純度が低い”、こういった物を指すと思います。

 

つまり、偽物にもK18という刻印は入っています。

 

刻印以外の情報でも金である、18金であるという事を確認した上で買い取るという判断をしています。金の取り扱いに慣れていれば、色味や重さを頼りに金を判別する事が可能になっていきます。

 

K18という刻印を含め、18金の製品であるという判断が出来たため、18金としての買取金額をご提示して、納得して頂けたため、須賀質店で買い取らせていただきました。

 

計算方法は、18金のグラム単価×商品の重さとなります。

 

買取の実施日は2021年3月24日で、この日の18金買取単価は4620円/gでした。

 

商品の重さは、27.0gでした。

 

4620円×27.0g=124,000円

 

こちらが今回の買取結果となっています。

 

金を高く売るためには

 

自身の持ち物を売る時には、誰でも、少しでも高く売りたいと思うものでしょう。

 

では、金はどうすれば高く売れるのでしょうか。

 

一番良いのは、金の相場と照らし合わせて高く売れる日を選ぶ事です。ですが、常に相場の変動している金を、ピンポイントで一番高く売る事は予知能力でも無い限りは不可能だと思います。

 

ある程度の期間、継続的に相場を確認し、自分で売っても良いと思える基準を作る。それが現実的な良い方法ではないかと思います。

 

例えば、金の価格が6,500円程で推移しているのであれば、7,000円まで上がった時が売り時、逆に6,000円まで下がってしまったら諦めて売ってしまう。このような売り方が良いではないかと思います。これはあくまでも、個人的な考えによる一例ですので、参考程度に考えて頂ければと思います。

 

そして、お店によって買取金額が違うと言う事は、出来るだけ高値で金の買取を行っているお店を探すとよいと思います。

 

これは金に限った話では無く、どんな物でもお店によって買取金額の違いというのはあるものです。

 

一店舗だけの査定ではなく、複数のお店に査定を依頼する事が大事です。

 

金のネックレスの買取を通してのまとめ

 

須賀質店では、金やプラチナ、貴金属の買取金額は毎日ホームページで公開しております。

 

買取にも査定にも、手数料等の別途料金は掛かりませんので、買取金額の確認がしやすく、安心してご来店頂けると思います。

 

また、他店に負けないようにと買取金額を高く設定しておりますので、金、プラチナを売りたいと思っていらっしゃる方は是非須賀質店にご依頼ください。

 

須賀質店は、五反田の本店と、渋谷、池袋の営業所の東京都内、3店舗を構える質屋です。

 

創業は今から100年程前、大正9年にまで遡ります。

 

信頼と実績のある老舗質屋、それが須賀質店です。

 

近隣にお住まいの方で、何か売りたい物があるという方は須賀質店にご相談ください。金やプラチナといった貴金属の買取だけでは無く、時計やバッグのブランドジュエリーといった商品の取り扱いも豊富にございます。

 

貴金属、時計、バッグ、ブランドジュエリー、どれにしても高額な商品であるため、売りたいと思っている皆様も不安があると思います。

 

100年続く老舗の質屋というのは、皆様に安心してご利用頂けると思います。

 

買取のご依頼は是非須賀質店までお願いいたします。

 

 

今回の金、プラチナの買取の詳細は以下の通り

 

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
K18 27.0g 1 4,620円 124,000円

【2021年3月24日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

 

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 6,240 プラチナ1000インゴット 4,190円
24金 Au1000 6,050円 プラチナ1000 4,060円
22金 Au916 5,500円 プラチナ950 3,850円
20金 Au833 5,020円 プラチナ900 3,710円
18金 Au750 4,620円 プラチナ850 3,500円
14金 Au583 3,430円

 

 

その他金製品の買取事例←はこちら

プラチナの買取事例←はこちら

金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。