失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ サントスドゥモワゼルSMの時計を買取

2017年10月4日

ドゥモ

須賀質店五反田本店で、カルティエ サントスドゥモワゼルSMの時計を買取いたしました。カルティエが時計を製造するきっかけとなった、サントス・デュモン氏が最後に乗っていた飛行機のデュモン号の名前を冠する時計です。SMはレディースサイズの事で、素材はステンレスの品物です。

 

定価と中古品相場

 

時計の相場が決まる要因はどんな物だと思われますか?それは様々な要因が重なって決まっていくので一概には言えませんが、ブランドが販売している定価というのも大きな要因の一つです。

 

少し前に為替の影響で、カルティエが日本で販売する品物の定価を下げるという事がありました。定価が下がるということは、新品の時計等の品物に手が出やすくなるという事に繋がるので、その分中古品市場の相場が下がる傾向にあります。実際に、カルティエの買取価格はその時に大きな下落をしました。

 

そして現在、カルティエが今度は定価を上げたのです。下がった時の逆の現象が今度は起こる事になるはずです。実際その時に株式を上場している大手買取専門業者の株価が上昇するという事が起こりました。中古品の販売価格が上がる事と、定価の上昇によって中古品に流れる買い物客を見込んでの事です。今回買取をしたサントスドゥモワゼルはどうなのでしょうか。

 

サントスドゥモワゼルの買取

 

サントスドゥモワゼルは、現在は廃盤となっているため、基本的には新品の購入が出来ない状況です。そうなると定価の上下は買取査定に関係なくなると思われるかもしれませんが、そんなことはありません。以前に戻ったという程度にはなってしまいますが、相場の復活により買取査定の価格は上がっています。

 

お持ちいただいたのは、レディースサイズでステンレス製、クォーツの時計です。サントスシリーズの中で、ドゥモワゼルはビスのデザインがないタイプの時計で、シンプルなデザインで合わせやすい時計です。

ブレスレットの調整をしてあり若干短くなっているのと、そのコマがありませんでしたが、キズも少なく綺麗な状態でお持ちいただけました。

 

カルティエの時計の中でもオーソドックスな品物で、それだけ人気のある品物です。やはり流通量の多い人気のある品物というのは、中古品市場でも好まれる品物なので高価査定となりました。

須賀質店五反田本店で、160,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

中古品市場の相場は上がったり、下がったりと様々な要因で変化するものです。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のカルティエ相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

 

 

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。
おすすめ記事