失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

質屋で18金喜平ネックレスを高価買取

2017年10月15日

Exif_JPEG_PICTURE

質屋で18金喜平ネックレスを高価買取

須賀質店池袋営業所で、18金で出来た喜平のネックレスを買取いたしました。画像にあるように、極太のずっしりした重さのある喜平のネックレスで、最近はあまり見かけなくなりました。

 

 

でも重量が100.4gありましたので、この重さをもってしても十分な買取金額になります。18金の喜平のネックレスの場合、18金の買取値段に重さを掛けるだけの計算になるために、担当者の査定の技量などはあまり関係なく買取金額が算出され、こちらの18金の喜平のネックレスは334,000円で買取をいたしました。

 

 

【目次】

質屋で18金喜平ネックレスを高価買取

金買取に対する須賀質店の考え方

喜平のネックレスとは

金の買取の時によく聞く18金とは何ですか?

資産としての金製品

質屋で18金喜平ネックレスを高価買取 まとめ

 

 

金買取に対する須賀質店の考え方

金買取、プラチナ買取、最近では街中にたくさん看板やのぼり旗を見るようになりました。金買取やプラチナ買取は、昔から質屋が行ってきた仕事ですが、現在ではブランド買取専門店やリサイクルショップがチェーン店で多店舗展開していますし、金やプラチナの買取に特化した専門店も登場しています。

 

 

皆さんは、質屋や買取店が買取で集めた金やプラチナをどうするか、ご存知でしょうか。質屋や買取店が集めた金やプラチナは、自分たちでずっと抱えているわけではなく、転売して換金することになるのです。そして、この転売する価格はその日の価格が金もプラチナもおよそ決まっているために、業者が転売できる価格は決まってきます。

 

業者が転売できる価格が決まっているということは、金やプラチナの買取は、質屋や買取店がどのくらいの利益を取るかどうかでお客様へ案内する価格は上下してきます。利益が少なくてもお客様に高値を提示して、お客様にご満足いただこうという方針のお店の買取価格は、高いということになりますね。

 

 

須賀質店の金・プラチナ買取に対する考え方は、金・プラチナ買取の利益が少なくても質屋を知っていただこう、また再度ご利用していただこうという方針のもと、金・プラチナの買取価格で業界最高値を目標に設定しています。

 

また皆さんは、質屋は「質入れ」というビジネスモデルがあって、お客様の品物をあずかってお金を貸すという仕事をしているのをご存知でしょうか。お客様にお金を貸すということになるので、利息が質屋の収益になることになります。

 

 

須賀質店の金・プラチナの高価買取をご利用いただいたお客様が、「質入れ」というシステムを知っていただき「質入れ」をご利用いただくことも期待して、少ない利益であっても金・プラチナの高価買取を続けているのです。

 

 

須賀質店の本日の金買取相場は(←こちら)

須賀質店の本日のプラチナ買取相場は(←こちら)

 

 

喜平のネックレスとは

喜平のネックレスとはどのような商品化というと画像の通り、鎖状のネックレスを90度にねじった状態でつぶしたような形状のネックレスを指します。押しつぶした面が平面になり、素材の輝きが強調されるので、金やプラチナのネックレスの形状として良く使われています。

 

 

喜平の形状はネックレスに良くみられますが、アンクレットやブレスレットの形状としても良く見かける形状です。喜平ネックレスはコマの断面の形状とつなぎ方でいくつかの種類に分けられて、2平面の二面喜平、6平面の六面喜平、8平面の八面喜平が代表的な形状となり、つなぎ方も1つの輪に対して1つの輪をつなげているのがシングル喜平、1つの輪に対して2つの輪をつなげているのがダブル喜平と呼ばれています。

 

 

断面が多くなったり、つなぎ方が複雑になったりすると価値が上がると言われていますが、金やプラチナの買取の現場では、金やプラチナの種類とその重さで買取価格が決まってしまいます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

金の買取の時によく聞く18金とは何ですか?

金の種類を表す表現に、純金とか18金とか750などの表現方法がありますが、これはいったいなんでしょうか?

 

 

それは、簡単にいうと金の含まれる量の割合を表す言葉です。宝飾品として出回っている金製品は、金の傷つきやすく変形しやすいという特徴に対応するために、一定量の混ぜ物をして傷がつきにくく変形しにくい金製品を製造しています。

 

 

例えば全く混ぜ物がない、100%の金製品は24金とか純金とかAu1000などと呼ばれますが、25%ほど混ぜ物をした金製品は18金とかAu750などと呼ばれています。

 

 

純金の24金に対して、金の割合が75%なので、18金とかAu750などと呼ばれていたわけですね。 同じように14金は純金に対して金の割合が58.3%、9金は金の割合が37.5%の金製品であるということなのです。

 

 

資産としての金製品

喜平のネックレスは、日本では1980年代後半から1990年前半までのバブル景気のころに大いに流行しました。見た目がキラキラと金やプラチナ特有の輝きを放っている太い喜平のネックレスは、バブル景気の雰囲気ともうまく融合したのでしょう。

 

 

しかし、現在ではこうした派手なネックレスを首元から下げている人はほとんど見かけなくなりましたが、金やプラチナの貴金属はバブル当時よりも大きく値上がりしています。とくに、金の価格はリーマンショックの暴落も乗り越えてバブル景気の頃の3倍近くまで値上がりしています。

 

これからの時代は宝飾品として金製品を保有すると同じくらいの割合で、資産として金製品を保有する方が増えてくるのではないでしょうか。

 

 

質屋で18金喜平ネックレスを高価買取 まとめ

須賀質店は都内に3店舗、池袋、渋谷と五反田に店舗があります。創業は1920年(大正9年)に、東京西五反田で創業し、平成22年6月に渋谷営業所、平成27年6月に池袋営業所を開設しました。

 

 

須賀質店は都内の3店舗すべてで、買取だけでなく質入れのシステムもご用意しております。質入れのシステム、買取のシステムはどの店舗でも同じなので、お住まいの近く、仕事場の近くの須賀質店の店舗で質入れ、買取のご相談をすることが出来ます。

 

 

今回の18金喜平のネックレスの買取は、池袋営業所で平成29年10月に行われたものです。須賀質店池袋営業所は開設3年目にはいり、質入れのお客様だけでなく買取のお客様もたくさん来店していただけるようになりました。

 

 

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、創業以来長い歴史の中で全国の高級 宝飾品オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。 貴金属である金やプラチナの買取についても、買取価格は随時更新し自社の利益は限界まで少なくして、できる限り高い買取価格をお客様に提供できる努力を続けています。

 

 

そして、質屋には「質入れ」というビジネスモデルがあり、お客様の品物を預かってお金を貸して、利息をいただく仕事を買取の他にしていることをご案内いたしました。質屋は買取と質入れが出来るので、須賀質店では買取の査定価格を業界最高値まで上げているという自信はあります。

 

 

須賀質店は都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い 買取査定価格、もしくは質入れ査定価格しか付かなかった時でも、あきらめずに須賀質店に相談してみてください。金・プラチナなどの貴金属、宝石、ダイヤ、エメラルド、ルビー、サファイアなどのジュエリー、ブランドバッグ等の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。