失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ボッテガヴェネタ イントレチャートのベルトを買取

2018年12月10日

ボッテガのベルトを買取須賀質店池袋営業所でボッテガヴェネタのベルトを2万円で買い取りました。こちらのお品物はイントレチャートのベルトとなります。

 

 

ボッテガヴェネタとベルトについて

 

 

ボッテガヴェネタは1966年にミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロがイタリアで創業しました。創業からしばらくすると代表的な「イントレチャート」と呼ばれるレザーを格子模様に編み込んだデザインが生み出されます。

 

イントレチャートはデザイン性が高く評価され、バッグや財布等の革小物でも人気が高いモデルです。須賀質店の営業所がある池袋でも百貨店にブティックが入っている事もあり、男女問わずバッグや財布を愛用されている方をよく目にします。

 

また、イントレチャートのデザイン性をナイロンで気軽に楽しめるラインとして「イントレッチオリュージョン」というラインも存在します。こちらはナイロン生地にイントレチャートの柄をプリントしたものですが、革を編みこんで出来た陰影などもきちんと表現されておりとてもリアルなデザインを楽しめます。

 

ベルトというとズボンがずり落ちないようにウエスト部を固定する役割が主ですが、同時にファッションアイテムの一部としても人気が高いですね。女性がワンピースを着用した際にウエスト部を絞ることにより、飛脚効果が得られるともいわれています。

 

男性の正装時はサスペンダーを用いることがよいとされていますが、日常においてはイントレチャートのベルトなどでファッションを楽しみたいですね。

イントレチャートのベルトについて

 

今回の買取金額と査定のポイント

 

 

今回買取したイントレチャートのベルトは、箱と布袋の付属品があり、使用感もそれ程みられなかった為買取り額2万円の高額査定となりました。

 

ベルトの査定では、使用感が大きな判断材料になります。使用に伴いベルト穴の劣化は避けられませんし、着用者に合わせてベルトが反ってしまったり伸びがみられる事が多いです。バックルにベルトを通した部分が擦れてきたり、ズボンのベルトループにあたる部分も擦れたり傷んでしまいます。

 

またイントレチャートのお品物は一枚革のアイテムと比べると、革の編みこみの綻びがから痛みやすくなります。性質上仕方が無い事ですが、査定時に確認する重要なポイントです。

 

バッグや財布等の革小物と同様で、お品物の状態により査定額が大きく変わりますので、気になる点がございましたら、須賀質店にお気軽にお問合せ下さい。

ベルトの査定ポイント

 

須賀質店のシステム

 

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動しております。須賀質店では日々変動する相場を反映した独自の相場検索システムを、厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが駆使し、その日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

ボッテガヴェネタの財布買取事例←こちら

ボッテガヴェネタのバッグ買取事例←こちら

ボッテガヴェネタのキーホルダー買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。