失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ボロボロのシャネルの財布の買取

2019年4月10日

須賀質店池袋営業所で、シャネル、エナメル素材、ラウンドファスナーの財布を買取いたしました。ひし形を並べたようなデザインのマトラッセは、シャネルの定番商品です。バッグにも財布にも使われるこのマトラッセは、一目見ればシャネルと分かるお品物の一つです。素材としては、ラムスキンやキャビアスキンが定番ですが、今回お持ち頂いた財布はエナメルでした。革に光沢のあるガラスのようなコーティングを施した物をエナメルと呼びますが、コーティングそのものがエナメルという名前で、コーティング後の革をエナメルと呼ぶのも一般的です。

 

ボロボロの財布の買取

 

どんな物であれ、買取をさせて頂いた後には、売却をする事が前提となります。そのため、金やプラチナのように、素材そのものにお値段をお付け出来る物でなければ、状態が悪くなるに連れ査定金額は下がってしまいます。

 

ブランド品のバッグや財布を高価査定で買取る事が出来るのも、中古品であっても欲しがる方が多いからこそです。しかし、中古品とはいえ、それを購入する方は新しく手にする訳ですから、あまりにボロボロであったり、壊れてしまっている物を購入しようとは思わないのではないでしょうか。定価10万円で購入したようなブランド品の財布でも、状態しだいでは買取査定でお値段をお付け出来ないような場合もあるのです。

 

今回のシャネルの財布は、正にボロボロ過ぎてお値段を付ける事の難しいお品物でした。写真では分かり辛くなっていますが、表面にキズが多く、エナメルの光沢も曇ってしまっていました。外側のエナメルは汚れの付き辛い素材ですが、内側はそうはなっていないため、内側の汚れは看過出来る物ではありませんでした。さらに、ラウンドファスナーの取っ手の金具が壊れてしまって、無くなっている状態だったのです。

 

いくらシャネルというネームバリューがあるとはいえ、ここまでボロボロになってしまうと、財布として再販するのは簡単ではありません。正直、買取をお断りしようかと思いましたが、シャネルの財布であるという一点だけを見てなんとかお値段をお付けいたしました。須賀質店池袋営業所で、2,000円で買取いたしました。須賀質店にいらしていただいたお客様をそのままお帰りいただくのが申し訳なかったという感謝の気持ちを込めた金額という意味もあって買取をさせていただきました。

 

まとめ

 

今回のお品物の買取は若干特殊なお値段の付け方をさせていただきました。ボロボロになってしまったお品物を必ず高価査定とは申し上げられませんが、精一杯買取を出来るようにさせていただいております。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗でも、100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。