失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン、サンチュール・ポンヌフの買取

2019年4月22日

須賀質店五反田本店で、ルイヴィトン、サンチュール・ポンヌフのベルトを買取いたしました。サンチュールとは、フランス語でベルトという意味なので、商品名はそのままベルトという名前が付けられています。ポンヌフとは、フランスのセーヌ川に架かる橋の名前で、パリに現存する最古の橋ですが、ポンヌフという言葉自体の意味は、新しい橋となっています。

 

ルイヴィトンのベルトの買取

 

時計やジュエリーといった装飾品よりも、洋服のような物の方が、使っていると状態が悪化しやすいと思います。ネックレス等はキレイに使い続ければ、買った時の状態をある程度保っていられると思いますが、ベルトは一度使っただけでも穴に跡が残ってしまいます。状態が悪くなりやすいという事は、買取査定としては値が落ちやすく、高値を付け辛い商品であるという事です。

 

ルイヴィトンという、人気のある高級ブランドの商品であっても状態が悪くなってしまい過ぎると、高価査定とはいかなくなります。また、ベルトという商品も、人によって長さが足りずに使えない事もあるので、誰でも使う事の出来るバッグ等と比べると、高値が付け辛いという事になってしまうのです。

 

しかし、今回お持ちいただいたルイヴィトン、サンチュール・ポンヌフは違いました。高価査定のし辛いベルトという商品ではありましたが、ギリギリまで高値を付けて買取をしております。

 

先程も述べた通りに、一度通しただけでも、ベルトの穴には跡が残ってしまうものです。今回のお品物も、決して使っていなかった訳ではなかったので、穴に跡はありましたが、使った回数は極端に少ないようで、広がってしまっているような事はありませんでした。

 

高値で買取が出来た一番の理由は、状態が良かったからなのですが、新品未使用では無いベルトの買取で今回の金額をお付けするのは怖かったのですが、何とか頑張ってお付けした金額となっています。須賀質店五反田本店で、30,000円で買取いたしました。

 

状態が良い物であれば、当然悪い物よりも高値を付けてご提示いたします。今回は、状態が良かったという点もありますが、ルイヴィトンの商品が人気であるという事を分かっていたので須賀質店のスタッフがお付けした金額となっています。

 

まとめ

 

お持ち頂いたお品物は、状態の悪くなりやすく値が付き辛いベルトという商品でした。しかし、今回のように状態が良ければ、高値での買取金額の買取が可能なのです。必ず高値がお付け出来る訳ではありませんが、お客様に満足していただけるよう精一杯の買取査定をいたします。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗でも、100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使して買取査定を行っております。是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。