失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトンの小銭入れ ポシェット・クレを買取

2019年4月26日

須賀質店五反田本店でルイヴィトンの小銭入れを5千円で買い取りました。こちらのお品物はモノグラム・アンプラントラインのポシェット・クレというアイテムです。

ルイヴィトンと言えば「ダミエ・キャンバス」、「モノグラム・キャンバス」が有名で、多くの方が見ただけで「ルイヴィトンの品物!」とわかる人気ラインがあります。「キャンバス」という名前からもわかりますが、素材はエジプト綿のキャンバス素材にPVC加工を施した使い勝手がよいものです。

 

一方、今回買取したポシェット・クレのモノグラム・アンプラントはレザー素材です。レザー素材はエピ、タイガ、モノグラム・ヴェルニなどがあります。モノグラム・アンプラントはその名の通り、モノグラム柄をカーフレザーに型押した素材で2010年に登場しました。ミネラルなめしで仕上げられたレザーは隅々まで発色よく染色され、柔らかな風合いが魅力的です。

 

 

ルイヴィトンについて

 

ルイヴィトン1854年にフランスで、スーツケースの職人であったルイ・ヴィトン氏によって設立されました。創業から40年ほど経った1896年、モノグラムの初代となる「モノグラム・キャンバス」が誕生します。その後ルイヴィトンを代表するラインへと成長していくわけですが、「モノグラム」は日本の家紋の影響を受けていると言われています。1867年に開催されたパリ万博には日本から薩摩藩が参加しており、出展物中の島津家の家紋を参考にしたと言われています。

 

 

ルイヴィトンの買取と財布や小銭入れの査定

 

今回買取した小銭入れは使用感が見受けられ、内側の黒ズミやキズ等がありました。他のブランドでは更に低い買取額か、場合によってはお値段が付かない事もありそうですが流石ルイヴィトンのお品物です。買取額5千円でのお取引となりました。

 

小銭入れや財布の場合、毎日持ち歩き使うものです。使用頻度が高ければ、どうしてもキズや汚れがついて劣化してしまう事が多いと思います。財布は全体の型崩れやキズ・汚れを査定時に確認します。男性に多いですがポケットに入れて持ち歩いている場合、型崩れなど状態悪化が早くなるので注意が必要です。また、小銭を入れる場合は硬貨の汚れがどうしてもうつってしまいます。

新品や状態がよいお品物は勿論ですが、須賀質店では使用感が大きいお品物も精一杯査定させていただきます。時にはお値段をお付けする事が難しいお品物もありますが、少しでも気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

須賀質店のシステム

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスをご提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。