失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメス アザップロングシルクインの財布を買取

2019年5月23日

須賀質店五反田本店でエルメスの財布を3万円で買取りました。こちらの財布はアザップというラインの長財布(ロング)で、内側はスカーフ生地で仕上げられたシルクインというタイプになります。

アザップシルクインの買取

 

馬具工房から発展した高級ブランドエルメス

 

エルメスはフランスのパリに本社を構える高級ブランドです。創業は馬具の製作を手掛ける工房でした。

 

1800年代は馬車が主力の時代で、1878にパリ万博に出品した鞍は金賞を獲得する等、当時から高い技術力を誇示していました。馬車から自動車へと移動手段が進化していく中で、エルメスもその高い技術力を活かして馬具からバッグや革小物へとラインナップの軸足を移していきます。そうした中でエルメスを代表する「バーキン」や「ケリー」といったアイテムが生まれました。

 

 

中古市場でのアザップロング

 

今回買取したアザップロングは、ヴォーエプソンという仔牛の革に型押しを施した素材が使用されています。これ以外にも素材の種類があり、希少なエキゾチックレザーであるクロコダイルやアリゲーターの革を使ったお品物の場合、中古市場でも高額で取引されています。

エルメスの査定について

長財布タイプのアザップロングですが、外観が同じでも査定額が大きく異なる場合もあります。今回買取したお品物は、内側がスカーフ生地で仕上げられた「シルクイン」ですが、「クラシック」と呼ばれるお品物もございます。こちらは内側もレザーで仕上げられております。どちらも良さがありますが、クラシックは総レザーの分だけ査定額は高くなります。

 

 

エルメス アザップロングシルクインの財布買取

 

今回買取したアザップロングシルクインは、表面と小銭入れ部分に汚れがあり、角に擦りキズもありました。綺麗な状態ではありませんでしたが、まだ使用することができるお品物ですので買取額3万円の査定となりました。

 

財布類の査定では、全体のキズ・汚れ・型崩れ、角部分のキズ、ファスナーなどの金具部分のメッキ剥がれ等を確認しながら査定を行ないます。コインケースつきのお品物の場合は、内部に硬貨の汚れが付きやすいです。これらの状態を確認し、査定額を提示させて頂きます。

 

須賀質店では新品や状態が良いお品物は勿論ですが、使用感が大きいお品物も精一杯査定させていただきます。時にはお値段をお付けする事が難しいお品物もありご希望に沿うことができない事もあります。ご来店前に「お値段がつくお品物なのか?」「使用感が大きく買い取っておらえるのか?」など少しでも気になる点がございましたらお気軽に須賀質店にお問い合わせ下さい。

買取査定のポイント

 

エルメス アザップロングシルクインの財布買取についてまとめ

 

今回の記事ではエルメス アザップロングシルクインの財布買取について解説しました。アザップロングのシルクインはエルメスの上質なレザーとこちらもエルメス特有の優雅なスカーフを1つのお品物で味わえる魅力的なお品物です。

 

更にオールレザーのお品物と比べて価格も低く抑えられているので、新品・中古問わず人気が高いです。人気が高いという事は査定額も高額になりやすいお品物ですので、売却をお考えの際は須賀質店にご相談ください。

エルメス アザップロングシルクインの買取事例←はこちら

エルメスの財布の買取相場←はこちら

エルメスのバッグ買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。