失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン、キャリーバッグ、ペガスの買取

2019年6月25日

須賀質店池袋営業所で、ルイヴィトン、ダミエ、ペガス55、N23294型のバッグを買取いたしました。近年ペガスのようなキャリーバッグの需要が増え、街中や電車の中でもキャリーバッグをお持ちの方を見かける事が多くなってきました。

 

ルイヴィトンの歴史とペガスの買取

 

ルイヴィトンは、旅行用のカバンの専門店としてスタートしているため、キャリーバッグのペガスは、まさにルイヴィトンらしいお品物と言えるでしょう。

 

ルイヴィトンの名前が知れ渡るきっかけとなった創業当初のトランクケースは、移動手段が変化していく中で、荷物を積み重ねる事が出来るようにと平らな蓋という形がとられるようになりました。また、船旅の多かった当時、ルイヴィトンのトランクケースは水に浮くという事でも重宝されていました。このように、時代背景を味方につける事でルイヴィトンの評判は広まっていったのです。

 

1854年の創業から現在に至るまで、数々の人気商品を世に出してきたブランド、それがルイヴィトンなのです。

 

ペガスというバッグは、以前は45cmから70cmの複数のサイズ展開で販売されていましたが、現在は55cmのみのサイズ展開となっています。

 

バッグの査定において、お品物の状態はとても重要な要素です。その点で、キャリーバッグには他のバッグには無い特徴があります。それは、持ち運びで地面を引きずるという事です。それように作られているため車輪が付いているとは言え、引きずって使うと言う事は、それだけキズや汚れが付きやすいという事になります。

 

キズが付きやすい、汚れやすいというのは、買取査定が下がりやすいという事に直結していまいます。ペガスの買取の場合も、買取価格の上下が大きいので、見る人によって金額に違いが出やすい商品だと思います。

 

今回のお品物は、キズ、汚れの付きやすいキャリーバッグの中では、すこぶる良い状態でお持ちいただけました。未使用ではなかったため、車輪に跡がありましたげ、それ以外にはキズも汚れもほとんどなかったのです。

 

先程述べた通りに、上下に金額がズレやすい商品ですが、このように状態の良い物であれば、まさに上に金額のズレる商品となります。N23294型のペガスは、現行の商品ではなく、少し前の型番ですが、状態が良ければ買取価格はここまで行く、というような買取金額となりました。須賀質店池袋営業所で、120,000円で買取いたしました。

 

質屋の買取、質預かりとまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。