失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

コーチのトートバッグを五反田本店で高価買取

2019年7月2日

須賀質店五反田本店でコーチのバッグを2,000円で買取りました。こちらのバッグはキャンバス地にコーチの代名詞であるシグネチャーがデザインされたトートバッグとなります。

 

今回買取したバッグのブランド「コーチ」について解説します

 

コーチは1941年にアメリカのニューヨークで皮革工房として創業し、当初はクラシカルスタイルで富裕層の男性をターゲットにしたブランドでした。

 

野球のグローブに使われているレザーを研究し、使い込むほどに手になじむ深みのある質感や味わい・柔軟性を表現する事ができ、創業時のメンバーも皮革製品の優秀な職人ばかりでしたので、丈夫で耐久性が高いと評判になり規模を拡大していきます。

90年代には現在のターゲット層である若年層・女性を取り込む為、「アクセシブル・ラグジュアリー=手の届く高級品」の考えのもと、買いやすい価格設定でありながら高品質なアイテムを販売する方針を打ち出し、購入者の層を一気に拡大しました。

 

現在ではデパートなどにブティックを構えると同時に、アウトレットモールにも積極的に進出しており、女性を中心に幅広い方々がコーチのアイテムを愛用していますね。

また、コーチのブランドロゴといえば「馬車」を思い浮かべますよね?馬車は貴族の移動や、大切な物を運ぶ際に用いられていました。コーチのバッグも「大切なものを運ぶ際に使用してほしい」という願いから、馬車がロゴになりました。

 

ちなみに「コーチ」の由来は、ハンガリーの首都ブダペストに近い町「Kocs(コチ)」からきています。「コチ」は、世界で初めてサスペンション付きの4輪馬車を製造した町なので「コチ」=馬車のイメージから「コーチ」となりました。

 

今回の買取金額を須賀質店が説明します

 

今回買取したバッグは、シグネチャーラインのトートバッグになります。多少使用感が感じられますが、まだまだ使える状態ですので2,000円の買取査定となりました。

 

バッグの査定ポイントは、使用の際にキズが付きやすい角の状態、ハンドル部分やショルダーストラップの状態、チャームやカデナがついたお品物はその周辺のすれ傷、外側・内側の全体的な傷・汚れ、型崩れなどを確認して査定額を算出します。

上記の状態を総合的に判断してお値段をお付けしますので、お持ちのお品物で少しでも気になる事がある場合は、お気軽にご相談下さい。

 

 

須賀質店のシステムについてと、買取・質預かりについてのまとめ

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。

 

質預かりでは業界最低水準の利息や、各種キャンペーンによってお客様が利用しやすい環境を整えております。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスを提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。

 

五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。