失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネル、マトラッセ、チェーンショルダー、Wフラップを買取

2019年9月24日

須賀質店五反田本店で、シャネル、マトラッセ、チェーンショルダー、Wフラップ、ラムスキンのバッグを買取いたしました。シャネルの中でも高い人気を誇り、ブランドを代表すると言っても過言では無い、それが今回お持ちいただいたチェーンショルダーバッグです。

 

マトラッセ、チェーンショルダー、これこそがシャネルのバッグの定番商品となっています。時計やジュエリー等、人気商品の多いシャネルですが、やはりシャネルで一番に浮かぶのはバッグではないでしょうか。

 

シャネル、マトラッセ、チェーンショルダー、ラムスキンの買取

 

まずシャネルのバッグにはそれぞれシリアルナンバーが振られていて、その数字を見れば何年頃に製造された商品であるかが分かるようになっています。

 

今回のチェーンショルダーは23から始まる8桁の番号で、これは23番と呼ばれています。古い物では7桁の番号で、新しい物では8桁になっているため、頭の数字2つで製造年が分かるのです。

 

23番は2016年から2017年頃の製造です。現在では2年程前ですが、中古のブランドバッグ市場というのは、20年以上前に作られた商品も取引されているので、2年ではまだまだかなり新しい部類に入ります。

 

お持ちいただいたお品物の状態もかなり良好で、キズや汚れもあまり見られませんでした。ラムスキンは素材自体が柔らかいため、キズが付きやすく目立ちやすいので、買取査定で大きく下がってしまう事が多々ありますが、今回は製造が新しい事も含め、キズがほとんど無かったので、かなりの高額査定で買取となっています。

 

須賀質店五反田本店で、220,000円で買取いたしました。

 

バッグの買取査定では、最も重要なのがその状態です。今回の買取でも、製造がいくら新しかったとしてもキズだらけになってしまっていれば、大きく査定を下げざるを得ません。

 

もしも、お使いのブランドバッグを将来的に売るつもりがあるのであれば、使っている時からキズが付かないようにする事が高価査定に繋がるポイントとなります。

 

シャネル、マトラッセ、チェーンショルダー、ラムスキンの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR