失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

プラダ、カナパのバッグの買取

2019年10月18日

須賀質店五反田本店で、プラダ、カナパのバッグを買取いたしました。カナパは、プラダの商品の中でも買取査定にお持ちいただく事が多く、定番商品と言えます。今回は黒いデニム生地を使用したカナパをお持ちいただきました。

 

プラダの定番商品、カナパの買取

 

カナパはイタリア語で麻を意味する言葉ですが、プラダのカナパに使われている素材は麻では無く、デニムやキャンバス等の生地です。麻で作られたバッグをイメージしていたため、この名前が付けられたそうです。

 

布地の素材感の強く出ているカナパのバッグは、フォーマルな場面では無く、カジュアルな場面に適したバッグです。

 

ファーの付いた物や、表面にクリスタルのスタッズの付いた物等、様々な装飾がされた商品がありますが、今回は最もシンプルなデザインで、特段の装飾の無いオーソドックスな商品をお持ちいただきました。

 

バッグの買取のポイントは2つです。

 

まずは、どのブランドの、どのような商品かがポイントになります。世の中に出回っているバッグは、そのどれも違ったブランド、違った商品です。素材や定価も違えば、ブランドの人気も異なります。そのため、買取の際に付けるお値段の基準となるのが、どのブランドの、どのような商品であるかなのです。人気の無いブランド、誰も知らないブランドであれば、定価がいくらであったとしても中古品としてのお値段は付けづらくなってしまいます。

 

バッグの買取では、ブランド品である事はとても重要なのです。ジュエリーや時計の場合は、どこのブランドでもなかったとしても、素材が金であれば金としてのお値段を付ける事が可能です。しかし、バッグの場合は高価な革が使われていたとしても、ノンブランドであればお値段を付けるのが難しくなります。

 

そして有名な高級ブランドの商品であったとしても、例えば、エルメスのバーキンであれば、通常の商品であっても状態が良ければ100万円以上の金額での買取となりますが、プラダのカナパは、どれだけキレイな状態であったとしてもそのような金額にはなりません。付ける事の出来る金額の基準が違うのです。

 

そして、その基準に照らし合わせた上で、お持ちいただいた商品がどのような状態であるかを見極めてお値段を付けます。つまり、2つ目のポイントは、お品物の状態となります。

 

今回お持ちいただいたプラダ、カナパは、ボロボロではありませんでしたが、決して良い状態ではありませんでした。全体的な使用感と、角の部分に擦れがあり、これが査定としてはマイナスとなります。

 

それらを全て考慮に入れて査定をした結果、須賀質店五反田本店で15,000円での買取となりました。

 

高額なお取引ではありませんが、お持ちいただいたカナパにお付け出来るギリギリの高値での買取となっています。

 

プラダ、カナパの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR