失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネルのブランドバッグを高価買取

2019年10月25日

 

須賀質店 渋谷営業所でシャネルのチェーンウォレットバッグを買取致しました。

 

今回はシャネルなどのブランドバッグの査定について解説します。

 

シャネルなどのブランドバッグの査定のポイント

 

シャネルを始めとする、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグに共通して、査定におけるポイントがいくつかあります。

 

まず一つ目は、その品物の状態です。

 

バッグは同じ商品でも、状態の良し悪しで査定額が大きく違ってきます。

 

特に長年使ったことによる劣化やスレなどは査定時の減点ポイントになり、高額査定は望めません。

 

バッグは長年愛用していれば、スレや汚れが生じてしまうことは仕方ありませんが、中古品となった時にはどうしても品物の状態が重要になってきます。

 

さらに、普段使わずに仕舞ってあるバッグでも、湿気によってカビが生えてしまったり、型崩れしてしまうとこれもまた減点の対象となります。

 

普段使いするバッグであれば取り扱いに注意したり、仕舞ってあるバッグであれば、中に詰め物をして型崩れを防いだり、防湿剤を置いたりなど対策をすると、いざバッグを買取に持っていった時に役に立つかもしれません。

 

そして二つ目はその品物の中古品市場での相場です。

 

須賀質店では、お持ちいただいたお品物の中古品市場での相場を基に査定額をご提示します。

 

中古品市場とは?と思われた方に説明しますと、私たち質屋や買取店が買い取った品物は、店頭で販売(須賀質店は店頭販売は行っておりません)する他に、業者間オークション(市場)に出品します。

 

そのオークション(市場)で過去いくらで落札されたか、というところを基準にしています。

 

その落札価格がその品物の中古品としての相場ということになります。

 

相場は日々変動しており、その動向を把握しておかないと大変なことになってしまいます。

 

須賀質店は、全国各地のオークション会場に足を運び、相場のチェックを行っています。

 

ご提示する金額はその時にご提示できる最大値を出していますので、ご安心ください。

 

ブランドバッグ査定におけるポイントはこの二つになります。

 

もし、買取に持っていこうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

今回のシャネルのバッグの査定

 

今回のシャネルのバッグの査定についてお話します。

 

今回のバッグは、チェーンウォレットということで、大きさはさほど大きくありませんが、デザイン・機能の面から見ても非常に素敵なバッグです。

 

シャネルのバッグの特徴として、バッグの中にシールが貼ってあります。

 

そのシールはシャネルが製造番号などを記載し、管理しているものです。

 

お店にもよりますが、このシールがないと取り扱いしないという店もありますが、須賀質店ではシールだけでは判断せず、しっかりとお品物を査定し、値段を付けるか付けないかを決めます。

 

他の店で断られてしまったら、一度須賀質店へお持ちください。

 

さて、今回のバッグは、ほとんど使っていないとのことで、非常に状態が良く、さらに人気のあるバッグのため、相場も高い水準を保っていました。

 

そのため、お客様にもご納得いただける金額をご提示することができました。

 

今回はシャネルのマトラッセ、チェーンウォレットバッグを130,000円で買取させていただきました。

東京・五反田の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

この記事の執筆者SK