失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

大きなキズのあるルイヴィトン ロックミー・カバ(M42291)を高額で買取

2019年12月24日

須賀質店渋谷営業所にて、ルイヴィトンのロックミー・カバM42291を45,000円で買取いたしました。

 

今回買取しましたロックミー・カバは、大きめのトートバッグのデザインをしており、プライベートな時からビジネスシーンまで使用しやすいデザインのお品物です。

 

画像から見てもわかるように、今回買取しましたロックミー・カバはカドに大きなスレキズがありました。

 

そして、画像ではわかりにくいですが、表面にスレ傷も多く見られました。

 

今回は、キズが多いルイヴィトンのバッグの買取金額について紹介いたします。

 

近年はリサイクルショップなどが急増し、不用品の売却を検討している人はどのお店にいいのかわからないと悩む人も多いと思います。

 

今回は、買取店とリサイクルショップへ売却するのは何が違うのか紹介していきます。

 

買取店とリサイクルショップへ売却する違い

 

買取店とリサイクルショップは品物の買取を行っているという意味では同じですが、違いはいくつかあります。

 

代表的なポイントをいくつかあげます。

 

①リサイクルショップは買取対象商品の幅が広い

 

②買取店の方が専門知識が豊富

 

③買取店はリサイクルショップよりも販路が充実している

 

リサイクルショップは買取対象の幅がとても広く、ブランド物から、古着やホビー、骨董品など買取店よりも扱える種類が豊富です。

 

そのため、買取店では買取金額がお付けできないものであってもリサイクルショップなら金額が付く可能性があります。

 

しかし、取扱商品が豊富な反面、リサイクルショップでは取り扱い商品の専門知識が不足している可能性があります。

 

例えば、買取店であればルイヴィトンの同じモデルのバッグに新モデルと旧モデルがあることを熟知しており、新モデルの方が買取金額が高いことを知っていると、より高額な金額をお客様にご提示することが可能です。

 

買取店は、リサイクルショップに比べると取扱商品の規模は小さいですが、だからこそ取扱商品の専門知識は豊富であり、リサイクルショップよりも高額な買取金額を期待することができます。

 

最後に、リサイクルショップは買取した品物の販売方法が基本的に店頭販売になります。

 

買取店も店頭販売を行っているところはありますが、買取業者専門のオークションに売却するという方法もあります。

 

この買取業者専門オークションは、全国各地から専門業者が集まり、多くのブランド品がセリにかけられています。

 

業者専門のオークションは数多くあり、須賀質店もオークションへ買取した品物を出品していますが、それぞれのオークションにも特徴があり、時計の落札結果が高いオークション、ブランドバッグが高いオークション、ブランドジュエリーが高いオークションなど、買取った商品によって出品するオークションを変え、より高額な買取金額をお客様にご提示できるよう、日々研究しています

 

ルイヴィトン ロックミー・カバ(M42291)の買取金額について

ルイヴィトンに限らず、バッグの査定で重要なポイントはキズや汚れ、型崩れと言った状態です。

 

お持ち頂いたバッグのキズや汚れが目立つ場所に合ったり、大きければ買取金額は下がってしまいます。

 

その上で、今回買取しましたルイヴィトンのロックミー・カバは目立つ場所に大きなキズが合ったため、買取金額が45,000円になりました。

 

バッグを使用する上で、カドの部分は注意していてもぶつけたり擦ってしまうため、小規模のキズであれば買取金額を大きく下げることはありません。

 

しかし、今回買取しましたロックミー・カバは普段遣いでは付きにくい程大きなスレキズがあったため、査定の上でマイナスポイントとなってしまいました。

 

しかし、大きなキズがあってもルイヴィトンのバッグは中古品市場においてとても人気が高いため、買取金額をお付けすることができました。

 

そして大きなスレ傷があったものの、持ち手が千切れている、中に大きなシミ汚れがあるなどの大きなダメージがなかったために、買取金額をお付けすることは可能でした。

 

査定員は、スレ傷はあるものの、バッグの機能は失われておらす、内側も汚れなどが無かったため、目立つ傷のあるロックミー・カバとしては高額な45,000円で買取いたしました。

 

もしも、今回買取しましたロックミー・カバをリサイクルショップに持っていった場合、状態が悪いことから買取金額が付かない可能性もあったかもしれません。

 

須賀質店は数多くの状態の悪いブランドバッグを査定しているため、今回のようなキズの大きなバッグであっても、高額で買い取ることが可能です。

 

ルイヴィトンのみならず、ブランドのバッグを手放そうか考えている方はぜひ須賀質店をご利用ください。

 

須賀質店は買取のみならず質預かりにも力を入れています

須賀質店は買取も行っていますが、質屋であるため、買取専門店や、リサイクルショップにはできない「質預かり」について紹介します。

 

質預かりとは、お品物を担保にお金をご融資することを指します。

 

お預かりしたお品物は、元金(借りたお金)とお利息をお支払い頂ければ、お返し致します。

 

また、期間内にお持ち帰りのご予定がない場合は、お利息のみを後払いでお支払い頂ければ何回でも期間を延長することが出来ます。

 

買取と異なる大きなポイントは受け取る金額です。

 

買取の場合は、査定時の買取相場で金額をお付けするため買取金額をギリギリまでお付けすることが可能です。

 

対して、質預かりの場合は一時的にお品物をお預かりするため、保管中に相場の変動を考慮して買取金額より少しだけ低い金額をお付けします。

 

買取金額よりも少し低いものの、質入れの最大のメリットはお品物を手放さなくて良い事にあります。

 

お客様の思い出の詰まったお品物をいきなり売るとなると、迷ってしまう方は多くいらっしゃると思います。そんな時には一度質預かりをされることをお勧め致します。

 

ただいま新規の質入れのお客様にはお得なキャンペーンもご用意しているためこの機会にぜひご利用下さい。

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。