失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ボロボロのシャネルは買取してもらえるのか?現役質屋が解説します!

2020年4月20日

シャネルといえば、高級ブランドバッグのメーカーとして、誰もが憧れる高級ブランドでしょう。シャネルのバッグや財布を持っているだけで、その所有者のグレードがワンランク上がるほどのブランド力があります。シャネルのバッグや財布を買取に出す場合、ボロボロでも買取してもらえるのかどうか気になります。高級ブランドであるシャネルのバッグや財布で、ボロボロでも買取できる場合と、買取できない場合の違いは何なのか解説します。

 

 

ボロボロのシャネルは買取可能か解説

中古買取市場でもシャネルは人気あり

シャネルのバッグや財布は、中古買取市場でも非常に人気があるブランドです。シャネルのバッグや財布は、エレガントなものからシンプルなデザインまで、幅広い商品のラインナップが揃っています。中古買取市場でもシャネルのバッグや財布が人気なのは、新品だと高くて買えない人でも、中古品なら手が届く価格に値下がりしてくるからでしょう。

 

 

本当にシャネルが好きな人や、シャネルを持ってステータスを上げたい人は、中古品でもよいからシャネルのバッグや財布を買いたいのです。中古市場でシャネルのバッグや財布をを買う人の年齢は、若年層から高齢層まで幅広いので、シャネルというブランドは年齢に関係なく、多くの人に愛されていることがわかります。シャネルには若い人が好むスタイリッシュなデザインから、高齢層が好むシックなデザインまで、さまざまな種類の商品が揃っているので、年齢に関係なく支持されるのもうなづけますね。

 

 

シャネルは人気の高いブランド

シャネルのバッグや財布が中古買取市場で人気があるのには、もうひとつ理由があります。その理由は、中古買取市場では製造年の古い商品は買取価格が値下がりしてしまうものですが、シャネルに限っては20年以上前に製造されたビンテージ物と呼ばれる商品でも高価買取価格がつくことが多いからです。つまり、シャネルはボロボロの年代物であっても、ある程度の買取価格がついて買取してもらえるということでしょう。

 

 

ただし、シャネルのすべてのボロボロの年代物商品がすべて高値で買取されるということでなく、マトラッセチェーンショルダーバッグのような一部の代表的な商品に限られた話です。これは、シャネルマトラッセのようなブランドを代表するとような商品の場合、古くなっても価値が下がりにくいため、それだけシャネルというブランドに力があることでもありますね。

 

 

シャネルマトラッセチェーンショルダーは人気が高い

シャネルマトラッセ以外の商品であっても、シャネルのブランド力のおかげでたとえボロボロであっても高めの買取価格がつく場合はよくあります。シャネルのバッグや財布を所有していれば、10年後や20年後でも、中古市場で買い取ってもらえる可能性が高く、持っていて損のないブランドであることもシャネルの人気の秘密でしょう。

 

 

シャネルはボロボロでも買取してもらえる

シャネルのバッグや財布の場合、たとえボロボロになっていても、高価買取してもらえる可能性は高いといえます。それは、中古であってもシャネルブランドには一定のファンがいるためでしょう。そのようなコアなシャネルのファンは、過去に見たことのない商品や、手に入れられなかった商品を中古市場で探していることが多いといわれています。

 

 

ボロボロでも買取可能

こうしたシャネルのコアなファンが多いからこそ、シャネルの商品はは中古買取市場でも需要があり、たとえボロボロであっても売れるのです。他のブランドの商品なら、バッグや財布に傷や擦れがあったり色褪せしたりしていると、買取査定額が大きく下がるか買取を断られることもあるでしょう。しかし、シャネルなら傷んでいても壊れていても、買い取ってもらえる可能性が高いといえます。

 

 

それは前述しましたように、シャネルには一定のコアなファンがいるからです。しかし、こういった現象は他のブランドではあまり見られません。つまり、シャネルと同等のブランド品であっても、やはりどこか違うということなのです。そのため、ブランド品の買取店でも、シャネルだけは買取を強化していることが多いようです。

 

 

買取できないか相談しよう

「こんなに傷んだものは買い取ってもらえない」と決めつける前に、一度査定してもらいましょう。シャネルのバッグや財布であれば買い取ってもらえるかもしれません。傷んだシャネルのバッグや財布をを買取に出したところ、思った以上に高値がついてシャネルのブランド力のすごさを知り、なお一層シャネルファンになった人もいるようです。

 

 

シャネルの本当のすごさは、新品よりも中古品を売りに出したときにわかります。そんなシャネルを、さらに高く買い取りしてもらうコツがあるのでこっそり教えましょう。それは、必ず複数の買取店や質屋で買取査定してもらうことです。シャネルの買取を積極的に行っている質屋や買取専門店は、Webサイトをチェックすることで探し出すことができます。

 

 

シャネルの問い合わせをしてみよう

複数のシャネル買取の店舗を見つけ出して、事前に問合せして買取価格を調べてみましょう。シャネルのバッグや財布は、商品が多数あって一般の方では商品名や型番を絞り込むのは難しいと思います。そんな時はスマートフォンで画像を複数撮影して、ライン査定を利用するものよいと思います。

 

 

そして、1軒目で買取を断られたり満足のゆく買取価格を提示されなかったとしても、シャネルの商品であればあきらめることはありません。2軒目に行けば満足のゆく買取価格がつくこともあるので、必ず複数の店舗で査定してもらって、一番高値を付けてくれた店舗で買い取ってもらいましょう。

 

 

シャネルの買取をお願いしよう

須賀質店でのシャネルの買取例とは

こちらのサイトの運営会社である須賀質店では、シャネルのバッグや財布の買取については以前より買取強化の商品として積極的に買取をしてきました。こうした営業方針のなかで、ボロボロのシャネルの商品、状態の悪いシャネルのバッグや財布の買取の事例を紹介しますので、もし皆さんがボロボロのシャネルのバッグや財布の買取を考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

商品画像 商品名 状態 買取価格
シャネルの2つ折り財布 全体的な変形

角部分の擦れ

コイン入れ汚れ

4,000円
シャネルのファスナー付き長財布 全体的な変形

角部分の擦れ

表面部分の擦れ

4,000円
シャネルのマトラッセ長財布 全体的な変形

角部分の擦れ

ピンク地の変色

7,000円
シャネルのエナメル製チェーンショルダー 全体的な変色

エナメル地の焼け

黄色の変色

12,000円
シャネルのスウェードショルダーバッグ 全体的な変形

表面部分の擦れ

黄色地の変色

7,000円
シャネルのキルティングショルダーバッグ 全体的な変形

角部分の擦れ

表面の擦れと変色

12,000円

 

 

シャネルで買取してもらえないケースとは

どんなに傷んでいても買取してもらえるシャネルでも、買取を断られる場合があります。それはどんな場合なのかと言いますと、例として偽物(コピー)商品は絶対に買取してもらえません。偽物(コピー)商品とは、シャネルのバッグや財布そっくりに作った模造品です。偽物(コピー)商品は、そもそもシャネルの製品ではないので、シャネルのブランドや価値がなく買取してもらえないのは当たり前ですね。

 

 

また、質屋や買取業者は偽物(コピー)商品を買取したり販売することが、価値がない商品だからという理由だけでなく、法令順守の精神から考えても望ましい取引ではないという、よりはっきりした理由があるからでもあります。シャネルに限らず、有名ブランド品の偽物(コピー)商品を取り扱う行為は、商標権の侵害にあたる行為に当たり、法律で処罰される行為とみなされる場合があることを、質屋も買取業者も強く意識しているのです。

 

 

コピーは買取できない

シャネルの偽物(コピー)商品を持ち込む方は、わずかではありますがいらっしゃって、買ったときは本物と思ったのに、質屋や買取店で買取査定に出して初めてコピー商品だったことがわかり、ショックを受けていらっしゃいます。シャネルの正規代理店以外の店舗で、「シャネルなのに随分安い」と思ったら、シャネルのコピー商品であることを考えたほうが良いと思います。

 

 

また、メルカリやフリマアプリを使った個人間売買や、過去の販売実績が十分でない中古ブランド業者などから、シャネルの中古品のバッグや財布を購入する場合も、わずかな確率で偽物(コピー)商品に遭遇する場合があるので気をつけましょう。人気ブランドのシャネルはコピー商品が多いため、質屋や買取店でも慎重に査定をしていますが、コピー商品の精度も高くなってきているので、まったく0にすることができないのが実態です。

 

 

コピー品はなくならない

 

コピー商品は、質屋や買取店の鑑定士でも見分けがつかないくらい精巧にできていますから、普通の人が見てもまず偽物だとはわかりません。しかし、プロの査定士が見れば、何となく感じる素材の違和感や縫製の粗雑さ、ブランドロゴのわずかなズレやフォントの違いなどによって、コピー商品かどうかを判断しています。

 

 

シャネルのバッグや財布は、国内正規代理店が販売した製品だけでなく、並行輸入品も日本国内に流通しています。こうした国内正規代理店経由でない並行輸入のシャネル製品は買取できないという説明をされることもあるようですが、並行輸入のシャネル製品も問題なく買取や質入れは可能です。国内正規代理店経由のシャネル製品には、下記のような独特のシールが貼られているので、すぐにわかります。

 

 

シャネルのシール

シャネルのバッグや財布は、並行輸入製品か正規代理店製品なのか、こうしたシールの有無ですぐにわかるので、並行輸入品のシャネルは買取できないなどの情報が出回っているのではないでしょうか。当然のことではありますが、並行輸入品は国内の正規購入品よりも買取価格が安くなるといったこともありません。

 

 

また、国内正規代理店のシャネル製品に貼られている金色のシールがあれば、偽物(コピー)ではないという情報もあるようですが、シールの有無で偽物(コピー)ではないかどうかは判断ができないと思います。シャネルに限らず、偽物製品を流通させようと考える人々は、品物そのものだけでなくギャランティーカード、袋や箱、取り扱い説明書の類もみんなコピーしていますので、シャネルの正規代理店経由の製品を表す金色のシールにしても簡単にコピーしてしまうでしょうね。

 

 

シャネルノシール

 

また、質屋としてシャネルのバッグや財布を買取査定していると、タバコや香水、ペットと思われる動物臭などの強烈なにおいが付いた製品が持ち込まれることがあります。これらの強い臭いが付着していると買取してもらえなかったり、大幅に査定額が下がったりすることがあります。においの除去は、風通しの良いところに数日間放置する、ファブリーズを利用する以外に有効な方法がなく、臭いを取り切れないことがあると、再販できないケースがあります。たとえボロボロでも購入してくれるコアなシャネルファンでも、皆が不快に思うような臭いがするようなバッグや財布は敬遠されるでしょう。

 

 

シャネルを少しでも高く買取してもらうには

高い金額を出して買ったシャネルのバッグや財布であれば、買取に出すなら少しでも高く買い取ってもらいたいものですね。シャネルのバッグや財布は、ボロボロであっても高価買取してもらえる可能性がありますが、シャネルをより高値で買取してもらうには、どうすればいいのでしょうか。実は、目に見えない汚れを除去するだけで、買取価格が変わることがあるのです。

 

 

シャネルを買取に出す場合、表面をきれいにする人は多いようですが、目に見えない部分の汚れを取らないとあまり意味がありません。シャネルの汚れは、表面のシミや内部の黒ずみだけではありません。では、目に見えない汚れとはどんな汚れなのでしょうか。

 

 

シャネルをきれいに掃除する

実は、バッグなどには臭いや内側の汚れやほこり、髪の毛やボールペンの跡があることが多いです。臭いに関しては、所有者は普段から慣れている匂いなので、よほど強烈な臭いでない限り本人は気づかないことが多いようです。鑑定士は外側だけでなく内側もじっっくり観察しますので、鑑定士がタバコを吸わなかったりペットを飼っていなかったりすると、すぐに気が付くものです。バッグや財布の臭いは、使っている方の生活臭からくるものなので、他人は気づいても自分ではわからないことが多いようですね。

 

 

生活を共にしているバッグや財布に、タバコを吸う人ならタバコのにおいもついているでしょうし、香水をつける人なら香水臭もするでしょうけれども、買取を考えて少しでも高く売るのであれば、これらを防ぐ方法を考えなければなりません。ペットの臭いもバッグなどにつきやすいので、犬や猫を飼っている人は特に注意が必要です。バッグや財布の臭いを取るには、風通しのよい直射日光の当たらない場所で、1~2日くらい吊るしておけばかなり取れるでしょう。

 

 

ペットのにおいは買取できない

内側の汚れやほこり、髪の毛は、セロテープを使って隅々まで張り付けてみれば、かなりの量を取り除くことができます。掃除機を使うのも有効ですが、細かい隅の部分まではほこりや髪の毛が取り除けないことが多いですね。ガムテープは粘着力が強力なので、使う前に少し粘着力を弱めておかないとバッグや財布の内側を痛めることがあります。

 

 

ボールペンの跡、化粧品のシミ、財布のコインケース内側の汚れには、市販のクリーナーなどを使わないほうがよい場合があります。ボールペンの跡はもう落とすことができませんし、財布のコインケース内側の汚れも無理に落とそうとすると、素材を痛めてしまうことがあります。シャネルのバッグや財布は、ボロボロであっても買取価格がつく可能性が高いので、自分でできる範囲までのクリーニングにとどめて、製品を痛めるようなことがないように心がけたいですね。

 

 

ボロボロのシャネルは買取してもらえるのか? まとめ

シャネルのバッグや財布は、ボロボロであったり状態があまり良くなかったとしても買取価格がつく可能性が高いブランド製品です。その理由は、シャネルは人気が高い高級ブランドで、いつの時代も世界中にファンがいるので中古でも欲しがる人がたくさん存在するというのがその理由です。世界中のコアなシャネルファンの中には、中古のシャネルであれば状態が悪くともボロボロであっても気に入った商品があれば購入してみたいと思っている方が一定数います。

 

 

買取りできます

こちらのページをお読みいただいている皆様で、シャネルのバッグや財布の買取を考えているけれども、その製品の状態があまり良くないとか、ボロボロなのでちょっとためらっているという方はいらっしゃいませんか。須賀質店では、こちらのページで触れているように、状態が良くないボロボロのシャネルであっても、積極的に買取を実施している質屋です。

 

 

もし、ボロボロのシャネルの買取を考えているのであれば、一度須賀質店の店舗にお持ちになってみてはいかがでしょうか。皆さんがスマートフォンでこちらのサイトに訪れているのであれば、フッター部分にライン査定のボタンがあるので、こちらからライン査定の依頼をしてみるのもボロボロのシャネルの高価買取を実現させる有効な方法といえます。

 

 

ライン査定で問合せしよう

状態が悪かったり、ボロボロであるシャネルを高価買取するためには、鑑定士はシャネルの状態を詳細に知ることが必要になります。ラインで送る画像は容量が大きく、細かい状態まで知ることができるので、店舗に来店することなくある程度の買取査定額をお伝えすることが可能です。皆さんがボロボロのシャネルを少しでも高く売るのであれば、須賀質店にご相談することをお勧めいたします。

この記事を書いた人
T.K
2018年より須賀質店で働き始めました。質屋で仕事をする前はフリーのライターとして雑誌の記事投稿や、ブログサイトの更新などに記事を書いてきました。 先輩社員の方々に商品の知識や査定の方法について、教えていただいている最中ですが、今のところ文字を書く方が得意なので、仕事で覚えた知識や出来事をWebサイトに書いてゆくつもりです。 取り扱い商品の中では、時計に興味があり勉強中なので、時計の質入れをお考えの方はよろしくお願いいたします。