失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

徳力製の24金 純金インゴットを買取【1g買取価格表示中】

2019年10月14日

2019年9月13日、須賀質店五反田本店で、徳力製の24金 純金インゴットを買取しました。純金のインゴットというの1000gとか500gとか、重量感のある大型のインゴットを連想しますが、純金のインゴットは5g・10g・20g・50g・100g・200g・300g・500g・1kgの9種類が市場に出回っています。須賀質店ではどの純金インゴットでも買取しているので、金を売ろうかお考えの方や特に純金インゴットを高く売りたいとお考えの方は、ぜひお問い合わせになってみてください。

 

 

須賀質店五反田本店で買取した24金インゴットは上記の9種類のうちの下から2番目に小さな10gのインゴットでしたが、小さいといっても純金インゴットの値段で高価買取いたしました。9月13日は24金インゴットは1g買取価格5,540円だったので、55,400円でのインゴット買取となりました。

 

 

インゴットの重量が10gと軽い金製品だったので、店舗の利益はほとんどありませんが、須賀質店では金やプラチナの買取は積極的に取り組んでいて、日本一高い金買取の質屋を目指しています。そのために、金買取の利幅を少なくしてでも、金買取の高い質屋、金買取の高い買取店舗を目指してゆく所存でおります。

 

 

皆さんが金をお持ちで、売ろうかどうしようか迷っているのであれば、ぜひ須賀質店にお問い合わせしてみてください。また、金買取で、少しでも高く売りないのであれば、また高い買取価格をご希望であるならば、須賀質店にお問い合わせしてみることをお勧めいたします。

 

 

今回の金、プラチナの買取の詳細は以下の通り

 

 

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
24金インゴット 10.0g 5,540円 55,400円

 

【2019年9月13日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

 

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 5,540 プラチナ1000インゴット 3,450円
24金 Au1000 5,400円 プラチナ1000 3,380円
22金 Au916 4,900円 プラチナ950 3,200円
20金 Au833 4,480円 プラチナ900 3,080円
18金 Au750 4,110円 プラチナ850 2,900円
14金 Au583 3,050円

 

 

今回須賀質店で買取した24金インゴットは、株式会社徳力本店製の製品でした。徳力、というと少しなじみのない金属メーカーの印象がありますが、日本の金のブランドで信頼のおけるメーカーです。日本の金のブランドというと、有名なところでは、三菱マテリアル㈱、田中貴金属工業㈱、三井金属工業㈱、住友金属鉱山㈱、石福金属興行㈱、古河機械金属㈱、同和鉱業㈱、松田産業㈱などがありますね。

 

 

こちらの金ブランドであれば、信頼できる純金インゴットの製造メーカーなので、どのインゴットでも同じ買取価格で買取をさせていただいています。最近は、日本マテリアル製のインゴットも流通しているようで、上記のメーカーの買取価格と同額での買取が可能です。

 

 

ただし、日本のメーカー以外の純金インゴットについては、今のところ取引することはできなくなっています。外国製のインゴットは密輸で持ち込まれた可能性があり、税関が厳しく取り締まっているのが現実です。日本の金買取は、金の買取価格に消費税が上乗せされて売主に手渡されるので、密輸で税関を通らなかった金を日本国内で売却すると、売主は消費税分が儲かるという状態になっています。

 

 

金の密輸は脱法行為であり、税関や財務省など、国を挙げて防止に力を入れ始めました。外国から金インゴットをこっそり持ち込めば儲かるに違いない、などと安易に考えて脱税行為をするのは絶対にやめましょう。

 

 

自分の持っている金がいくらになるか知っておきたい、質屋が教える金の計算方法と情報

 

 

皆さんが持っている金製品を売ってみようと思ったときに、最初に考えることは少しでも高く売りたいな、ということでしょう。金の指輪、金のネックレスやブレスレット、金のピアスに至るまで、金製品はたくさんあります。買ったときは大切に使っていた金製品や金のアクセサリーも、古くなったり、デザインが流行遅れになったり、壊れてしまったりすれば、だんだん使わなくなりますね。

 

 

20年くらい前は、現在ほど金の価格が高くなかったので、使わない金のアクセサリーはジュエリーケースにしまってそのままになっていたはずです。でも2019年10月現在、金の価格は当時の倍以上になっていて、18金の1gあたりの買取価格がなんと4,000円を超えるまでになりました。

 

 

金は高くなったとしても、いざ売ろうとなれば少しでも高く売りたいですよね。少しでも高く禁制品を売るには、何に気を付けてどんな情報を入手することが大切なのでしょうか。現役の質屋で、毎日たくさんの金やプラチナを扱っている須賀質店が、皆さんにこっそりお伝えします。

 

 

最初に調べるのは、自分が持っている金の価格

自分の持っている金を高く売ろうと思ったときに、皆さんが最初に知っておいてほしいことは、お手元の金の価格です。「金の価格」といっても、購入したときの値段のことではありません。皆さんの持っている金製品や金の指輪、金のネックレス、金のアクセサリーは、金の価値の値段があります。

 

 

ここでいう金の価値の値段というのは、金の買取価格とはまた別の価格です。後ほど詳しく解説いたしますが、金の買取価格というのは金の価値の価格よりも低い価格になることが多いです。そして、金の価値の価格はだいたい同じ価格になりますが、金の買取価格は買取する店舗によってかなりのばらつきがあります。この理由は後ほど詳しく解説します。

 

 

金の価値の価格の調べ方は?

金の価格については、毎日更新されて地金商社のWebサイトや新聞に発表されています。こちらの価格から、自分の持っている金製品、金のアクセサリーの価格を調べることができます。

 

 

①自分の持っている金製品、金アクセサリーの重さを測る

まず、自分の持っている金製品や金のアクセサリーの重さを測ってみましょう。皆さんが貴金属買取業者や質屋が使っているような、本格的な秤を持っていることはあり得ませんが、仕事で計測するのではなく、あくまでも自分の持っている金の価値を知るために重さを測るので、多少の誤差は許容しましょう。

 

いちばんお勧めなのが、料理で使用する「キッチンスケール」でしょう。最近のキッチンスケールはリーズナブルで精度も高く、0.1g単位まで測定できる秤もあるようです。料理用の秤であればお持ちの方も多いはずなので、こちらを使ってお手持ちの金製品や金のアクセサリーの重さを測ります。

 

 

②自分の持っている金製品、金アクセサリーの金の種類を知る

皆さんは金の指輪やネックレス、ピアスなどに使われる金の種類をご存じでしょうか?「金の種類ってなに?金は金でみんな同じ金じゃないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。金はいくつかの種類に分かれていて、同じ重さでも金の内容が異なるのです。

 

 

このページの最初の部分で、須賀質店が「徳力製の24金 純金インゴットの買取」について解説してきましたが、ここでいう24金、とか純金、というのが金の種類です。金は金属の性質上、柔らかく傷がつきやすい、変形しやすい、熱に弱いといった特徴があり、混ざりものが全くない純金は製品として利用しにくいといわれています。

 

 

こうした金の欠点を解消するために、金製品や金のアクセサリーに利用される金は、金以外の金属を混ぜて利用することが多いのです。金以外に混ぜる金属には、銅、銀、パラジウム、ロジウムなどが多いといわれていて、金と金以外の金属の比率により呼び名が変わっています。

 

金製品名 表記① 表記② 金と金以外の金属の比率
24金 Au1000 K24 100:0
22金 Au916 K22 916:8.4
20金 Au833 K20 833:16.7
18金 Au750 K18 75:25
14金 Au583 K14 583:417

 

 

上記のように、同じ金であってもその金の内容が異なるということがご理解いただけたでしょうか。

 

 

次に調べるのは、自分の金製品や金のアクセサリーが、上の表でいうところのどれに該当するか調べる必要があります。そのためには上の表で説明している「表記①」「表記②」の刻印が、自分で持っている金製品や金のアクセサリーに打ち込まれていることで確認することができます。ただし、この刻印は小さくて見えにくいので、業者は専用のルーペを使ってみることができますが、皆さんは普通の虫眼鏡などを上手に使って金製品に打ち込まれた刻印を見てみましょう。

 

 

金製品や金のアクセサリーに打刻された刻印は、下記の表のように見ることができます。刻印を発見して金の種類が分かれば、金の価値の価格は算出することが可能です。

 

金の刻印 刻印の意味 金の種類 純金に対する金の割合
Au1000 K24 100:0
Au916 K22 916:8.4
Au833 K20 833:16.7
Au750 K18 750:250
Au750 K18 750:250

 

 

 

金の種類、金の重さが判れば、手持ちの金製品の金の価格は算出できる

金製品や金のアクセサリーに打刻してある刻印から、金の種類を判断することができたのであれば、あとは簡単な計算式から金の価値の価格を算出することができます。先に説明したこちらの表をもう一度思い出してみてください。

 

 

こちらの表を見れば、各刻印の金製品にどのくらいの金が含まれているかがわかります。例えば、金のアクセサリーでよく使われている18金の場合、重さに対して含まれている割合は以下の式で算出することができますね。

 

当日の金の価格×75/100=18金の価値の価格

 

もし、新聞の記事や地金商社のWebサイトで、本日の金の価格が5,500円だったら上記の式に当てはめてみると、この日の18金の価値の価格は以下の通りになります。

 

5,500円×75/100=4,125円

 

この日の18金の価値の価格は4,125円になりました!それでは、同様に、他の金の価値の価格も算出してみましょう。

 

24金 5,500円×100/100=5,500円

 

22金 5,500円×91.6/100=5,038円

 

20金 5,500円×83.3/100=4,581円

 

18金 5,500円×75/100=4,125円

 

14金 5,500円×58.3/100=3,206円

 

 

こちらで算出した金の価値の価格は、まったく不純物の含まれていない純金から算出した金の価格なので、実際取引されている金の価格とは少し誤差があると思います。金製品は工業製品なので、まったく不純物が含まれないということは難しく、もっとも不純物の少ない金製品と言われている純金インゴットでも、金の純度は99.99%(フォーナイン)といわれているのです。ですから上記の金額は、各種の金の理論上の価格ということでご理解いただければと思います。

 

 

金の買取価格が高い業者を探す方法

ここまでお読みいただいた皆さんは、手持ちの金製品や金のアクセサリーがいくらになるのか、およその価格は知ることができるようになりました。ただ、皆さんが計算した金の価格は「金の理論上の価格」なので、折り込みチラシやWebサイトに載っている「金の買取価格」とは異なる金額です。

 

 

この理由は、金の買取は様々な買取業者を通じてお願いすることになるので、業者のコストや利益が金の買取価格に反映されるからです。そのために、金の買取価格は金の理論上の価格より下回ることになりますね。

 

 

ただ、金の買取業者が表示している金買取価格が、皆さんの計算した金の理論上の価格よりもあまりにも下回っているのであれば、買取をお願いすることを考え直して、他の金買取業者やリサイクルショップ、質屋を探してみてもよいかもしれません。

 

 

金買取の仕事は、業者のコストや利益の割合が各業者で異なっているので、各業者の金買取価格は同じではないのです。実際、金買取を仕事にしている買取専門店、質屋、リサイクルショップの発表している金買取価格を比較してみると、かなりばらつきがあるものです。

 

 

徳力製の24金 純金インゴットを買取 まとめ

 

 

2019年9月13日、須賀質店五反田本店で、徳力製の24金 純金インゴットを買取したお話といっしょに、皆さんが金買取でお役に立つお話として、金の理論上の価格のお話をいたしました。金の買取価格が上昇しているので、さまざまな業者が金買取を始めていますが、各業者の金買取価格は均一ではありません。

 

 

せっかく金買取を考えたのであれば、少しでも高く売りたい、高い買取をしてもらいたいと思うのは、皆さんの共通の思いだと思います。金製品や金のアクセサリーの価格というのは、皆さんでもある程度知ることができる価格なので、この金の理論上の価格を知ったうえで、買取業者の買取価格を比べてみるのがよいと思います。

 

 

須賀質店では、金の買取には以前より積極的に取り組んできていて、今回買取した純金のインゴットはもちろん、金のアクセサリーによく使われる18金、14金など、どの種類の金でも高価買取をしています。金製品や金のアクセサリーの買取で、どの業者に相談すればよいか迷っているのであれば、ぜひ須賀質店にお問い合わせになってみてください。

 

 

須賀質店では金の買取だけでなく、質入れに対応することもできます。お手持ちの金を売ってしまうのでなく、とりあえずお金を調達したいといったニーズに、質入れは対応することができます。皆さんが金の買取、金の質入れをお考えであれば、ぜひとも須賀質店にお問い合わせくださいますようにお願いいたします。