失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金指輪(K18 Au750)を高価買取【1gの買取価格表示中】

2019年10月18日

2019年10月2日、須賀質店五反田本店で18金の指輪を買取しました。今回の買取は18金で出来ている指輪で、ダイヤモンドやルビー、エメラルドといった宝石は全くついていないシンプルな指輪です。お客様は、須賀質店と何度か取引のあるお客様で、今回はこの18金の指輪1個だけの買取となりました。

 

 

18金の指輪ひとつだけ、といっても2019年10月現在、金の買取価格は高値で安定しているので結構な金額で買取が成立します。10月2日の18金の買取価格は14,000円になりました。一晩の飲み代としては十分な金額なのではないでしょうか。

 

 

須賀質店では今回の18金指輪買取のように、指輪1点からでも買取をいたします。点数が少ないから、金額が少ないからといって、買取価格を目減りさせるような取引はしていません。皆さんのなかに「金を売ってみたいけど、点数が少ないから持って行きにくいなあ」なんて考えている方はいませんか?

 

 

 

須賀質店では指輪1点でも、細いネックレス1本でも買取させていただいています。金の買取価格、プラチナの買取価格、2019年10月現在でとても高くなっているので、金買取やプラチナ買取をお考えの方はぜひ須賀質店にお問い合わせになってみてください。金買取、プラチナ買取で買取価格日本一を目指している須賀質店が、皆さんのご満足いただけるような買取価格をご提示いたします!

 

 

 

今回の金、プラチナの買取の詳細は以下の通り

 

金属の品名 重量 数量 単価 買取金額
18金 K18 3.4g 4,120円 14,000円

 

【2019年10月2日 須賀質店の金・プラチナ買取価格表】

 

金属の品名 買取価格 金属の品名 買取価格
24金インゴット 5,540 プラチナ1000インゴット 3,240円
24金 Au1000 5,400円 プラチナ1000 3,170円
22金 Au916 4,910円 プラチナ950 3,000円
20金 Au833 4,480円 プラチナ900 2,890円
18金 Au750 4,120円 プラチナ850 2,720円
14金 Au583 3,050円

 

 

自分が持っている金製品の買取価格を知る方法

もし皆さんが金製品を所有していて金買取を考えたとすると、一番最初に考えることが「この金はいったいいくらで売れるのだろうか、金買取をしてもらったときにどのくらいのお金がもらえるのかな」ということではないでしょうか。そして、この金買取価格によっては「ぜひとも売ってみよう」となることもあれば「金買取って、あまりお金にならないようだからやめておこう」となる場合もあるでしょう。

 

 

今日の正確な金買取価格を知りたいと思えば、質屋や買取店に持って行って買取価格を出してもらうのが一番良い方法ですが、とりあえずおよその買取金額を知りたいと思うこともありますよね。そんな時のために、簡単なおよその金買取価格の出し方をご案内します。およそであっても、金買取の価格を把握しておけば、今が売り時なのか、今は売るのをやめて先に延ばすかどうかも予想を付けられます。

 

 

金買取の価格を調べることはそんなに難しいことではないので、ぜひ実践してみて金買取を有利に進めるようにしてください。

 

 

最初に集める情報は3種類

金の買取価格を調べることはそれほど難しいことではありません。必要な情報を集めることができれば、あとは簡単な数式で計算してみることができます。集める情報は3種類あり、それは「純金インゴットの1gの価格」「持っている金製品の金の種類」「金製品の重さ」です。

 

 

金買取価格を算出するための3つの情報

①純金インゴットの1gの価格

②持っている金製品の種類

③持っている金製品の重さ

 

 

これから①~③について、簡単に解説してゆきます。

 

 

①純金インゴットの1gの価格

純金インゴットの価格は地金価格という表現で、新聞のマーケット欄などにも毎日掲載されています。またインターネットで調べれば、いろいろなWebサイトで紹介されていたりします。この地金価格は、毎日変動するので、金の価格が上昇中なのか下落中なのかを知りたい場合は、ある程度の期間 毎日調査して金の価格のトレンドを把握する必要があります。

 

 

②持っている金製品の種類

持っている金製品の種類は、金製品の一部に打ち込まれていることが多いです。金の種類を表している刻印はとても小さいので、ルーペを使わないと発見することは難しいと思いますし、打ち込まれている場所を特定することも一般の方々にはなれない作業なので大変です。

 

 

金製品に打ち込まれている刻印はK24、K18、K14などが多く、K24は24金(純金)を表しています。同じようにK18は18金、K14は14金をあらわしており、18金はAu750、14金はAu583と刻印されていることもあります。

 

 

これは18金は金が75%、その他の金属を25%まぜた金製品であるためで、同じように14金は金が58.3%、その他の金属が41.7%の割合でまぜた金製品であるという理由です。24金(純金)はAu1000といった刻印がされることもあり、その数字の通り金が100%で純金という意味ですね。

 

 

プラチナ製品の場合はPt1000、Pt950、Pt900、Pt850といった刻印が多く見られます。Ptのあとに打ち込まれた数字は、金製品の時と同様にプラチナの混ぜられている割合を示していて、Pt1000はプラチナの割合が100%、Pt950はプラチナの割合が95%、Pt900はプラチナの割合が90%、Pt850はプラチナの割合が85%のプラチナ製品であることを示しています。

 

 

金の買取価格は、持っている金製品の種類によって大きく変わってくるので、金の種類を知っておくことは、金買取でどのくらいの現金を手にできるかに大きく影響する情報といえます。

 

 

③持っている金製品の重さ

持っている金製品の重さは、金買取で手にできるお金にダイレクトに影響する情報なので、事前に調べておくことが重要です。質屋や買取業者が使っているような精度の高い秤でなくても、料理に使うようなスケールでも良いので、自分の金製品の重さは知っておきましょう。

 

 

 

具体的な金の価格の計算方法

「金買取価格を算出するための3つの情報」を知ったら、金の価格を算出して具体的な金額を出してみましょう。金の価格の計算式はとてもシンプルな計算式で求められます。計算式は以下の通りです。

 

 

純金インゴットの1gの価格×金製品の重さ×金の含まれている割合=持っている金製品の価格

 

 

純金インゴットの1gの価格は、「本日の地金価格」のような表記で、新聞やインターネットで検索することができます。そして、金の含まれている割合ですが、先にご案内したように、以下の数字を掛け合わせてください。

 

 

24金⇒1

18金⇒0.75

14金⇒0.58

10金⇒0.41

 

 

ここでご注意いただきたいのは、こちらの計算式で求めた金の価格は「金の理論価格」のために、かなり高めの金の価格が算出されることになります。そして「金の理論価格」とは、金の相場価格から算出しているために、実際の金の買取価格と異なっていることに注意してください。

 

 

「金の理論価格」と「金買取価格」が異なる理由は?

「金の理論価格」と「金買取価格」が異なる理由はなぜでしょうか。この理由は、金買取業者は金買取を仕事としておこなって、利益を出さなければなりません。皆さんは金買取業者を通じて金を売却するのであれば、必ず業者の利益、業者を利用するコストを負担しなければならないということです。

 

 

しかし、金買取の業者も金買取でどのくらいの利益を求めるかは、業者によってさまざまで金買取価格はどの業者も同じではありません。皆さんが算出した「金の理論価格」とあまりに離れた買取価格を提示する買取業者は、取引を考え直した方が良いかもしれないですね。

 

 

「金の理論価格」で自分の金製品を売却できるのであれば、それは理想で実現するのは難しいのであれば、少しでも高い金買取価格を提示する業者を探すということになります。「金の理論価格」を事前に知っておくことは、自分の金製品を少しでも高く売るために必要な知識であるということをご理解いただければと思います。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。