失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

0.562ct ルースダイヤを買取

2018年11月26日

気が付けばもうコートが必要なほど冷え込むことも増えてきた季節となりましたが、みなさんは風邪などひかないよう気を付けて過ごしてください。そんな寒い日に須賀質店渋谷営業所でルースダイヤを2万5千円で買取いたしました。

 

世界中の女性を魅了している宝石の王様とも言えるダイヤですが、今回買取いたしましたルースダイヤとはリングやネックレスなどに付いていない裸のダイヤの事を言います。ブランドジュエリーはもちろん、ノンブランドジュエリーや時計などにも多く使われているダイヤは世界で一番有名な宝石と言え、須賀質店でもダイヤが付いた品物を買取する事がとても多いです。今回のようにルースダイヤの状態でお持ちになる方も最近は増えてきましたので今回はルースダイヤの査定の方法やポイントなどをご紹介したいと思います。

 

ダイヤの査定

 

ダイヤには透明度を表すカラー、ダイヤのプロポーションを表すカット、ダイヤの重さを表すカラット、内包物など数を表すクラリティの4Cと言う査定基準があります。またブラックライトを当てると青くなってしまうダイヤがあり、そのような場合は蛍光色ありとなりマイナス査定になってしまいます。内包物がなく、透明に限りなく近いプロポーションが良い重いダイヤが質の良いものとなり、主に中石の大きさとしては0.30ct以上、そして1.00ctを超えると査定金額も大きく上がり高価査定に期待が出来ます。一般的に知られているダイヤはラウンドブリリアントカットと呼ばれる物なのですが、正方形の形をしたプリンセスカットや涙滴のような形をしたペアシェイプなど様々な形状があり、このようなカットの場合はラウンドブリリアントカットに比べると相場は低くなります。ダイヤは査定方法が難しいため、お店や査定する人によって金額が大きく変わってしまう事もあるので、きちんとダイヤを査定してくれる場所に買取にお持ちになる事がとても重要な査定アップのポイントです。須賀質店では日頃から全てのスタッフが市場に出向くなど真贋能力の向上に努めておりますので、もし他店でダイヤの査定に納得がいかない場合は須賀質店にお持ちになってみて下さい。

 

今回買取したダイヤ

 

今回須賀質店池袋営業所で買取いたしましたルースダイヤですが0.562ctのカラーがI、カットがグットのものとなっており、ダイヤの色は少し黄色がかってはいますが透明に近い色で、カットもよかったのですが、内包物がルーペを使わなくても確認できたという事もありクラリティの評価はI-1となってしまいました。それでも世界的に人気のあるダイヤという事と、なにより須賀質店に買取にお持ちいただいたという事で今回は精一杯査定金額を付けさせていただきました。

 

まとめ

 

須賀質店ではルースダイヤだけでなく、貴金属、ブランドジュエリー、ノンブランドジュエリー、腕時計、バッグや財布、サングラスなどの小物類を高価買取しています。

新品未使用品のお品物はもちろん、状態が悪く他のお店でお取引をお断りになられたお品物もできるだけ高価買取させていただきます。

 

また、現在須賀質店では金やプラチナの買取金額を大幅に上げています。もし他店で納得のいかない場合はぜひ須賀質店へお持ちください。須賀質店のホームページにその日の金、プラチナの買取価格が載っていますので、他社を圧倒する業界トップクラスの買い取り金額を一度ご覧になってみて下さい。

 

須賀質店は都内3店舗で営業していて、五反田、渋谷、池袋にあり、いずれも駅から近い場所にあるのと、創業も100年の質屋という実績と全国のオークション市場の落札結果を収集、分析し高価買取を実現しています。

 

 

店頭にお越しにならなくてもお電話で商品名や型番などお伝えいただければ買取査定をお伝えさせていただきますので、お客様のご都合のよろしい時などに、ぜひお問い合わせください。

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げております。