失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金テニスネックレスを買取

2018年12月18日

須賀質店池袋営業所でノンブランドのネックレスを3万5千円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製で、ダイヤモンドで装飾された華やかなお品物となります。

テニスネックレスの買取

 

テニスブレスレット(ネックレス)とお手入れについてs須賀質店が解説

 

 

今回買取したネックレスは「テニスネックレス」と呼ばれるデザインのお品物。このデザインのブレスレットのことは「テニスブレスレット」と呼ばれます。

 

お品物の全周にダイヤモンドが施されているゴージャスなデザインで、日本では1990年代にブームが来て以来定番のデザインとして受け入れられました。

 

なぜテニスブレスレットと呼ばれているかと言うと、クリス・エバートというテニスプレーヤーが試合の際にラインストーンのブレスレットを身につけていたことからその名前がつきました。

 

1987年のUSオープンテニスで身につけていたのですが、大きな大会のプレッシャーを感じていた彼女が、ラインストーンのブレスレットをお守りとして身につけていたのだと言われています。その光景をみた人々から、全周にダイヤモンドがちりばめられたブレスレットをテニスブレスレットと呼ばれるようになり広まりました。

 

クリス・エバートのアメリカでは現在でも根強い人気があり、自分自身のお守りとして購入する人と、永遠の愛を象徴する贈りものとして婚約者に贈る人も多くいます。

 

テニスブレスレットのようにダイヤモンドがついたお品物は、日常使用で汚れが溜まると本来の輝きが失われてしまいます。購入店でクリーニングをお願いすると綺麗になりますが、クリーニングの回数制限や、保障期間が決められていることもありますよね。

 

そんな時は自宅で日々のお手入れをして、汚れを溜めずにジュエリーの輝きを維持してみてはいかがでしょうか?柔らかいクロスなどで表面を優しく拭いて、宝石の裏や金属との間にたまった汚れは毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出して汚れを落とすだけで輝きが違ってきます。

 

買取査定の場合でも、査定員はきれいに輝くダイヤモンドには強気の査定がしやすくなります。ご来店前にお手入れしてからお持ちになると、高額査定を引き出しやすくなるでしょう。

 

 

18金テニスネックレス買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金テニスネックレス買取について解説しました。テニスネックレスはダイヤモンドの合計ct数が大きくなることが多く、査定額も高額になるケースがたたあります。ただし、ダイヤモンドの質があまりよくないと、沢山のダイヤモンドがついていても査定額が伸び悩むこととになります。

 

今回の買取金額は35,000円でしたが、同程度のct数のテニスネックレスで100,000円を超える査定額になるお品物のも多々ございます。18金やプラチナ900などの素材の価値は日々の変動以外は重さが同じならば変わりませんが、ダイヤモンドは質によって査定額が大きく変わる事を覚えておいてください。

 

これは購入時の目安にもなり、同じようなテニスネックレスを購入する際価格が違うのであれば、ダイヤモンドの質が違うかも知れないという事です。

 

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。