失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ルビーとダイヤモンドつきリングを買取

2019年2月23日

須賀質店池袋営業所でノンブランドのリングを1万9千円で買い取りました。こちらのお品物は18金のイエローゴールド製で、ルビーとダイヤモンドで装飾された華やかなお品物となります。

18金のリングを買取

 

宝石言葉は「情熱と自由」のルビーがついたリングを須賀質店が買取ました

 

 

今回のお品物は中石と呼ばれるメインの宝石はルビーがセットされています。

 

ルビーはコランダムという石の変種であり、ダイヤモンドに次ぐ硬度の宝石です。天然ルビーの産地はアジアに偏っていて、古くはヨーロッパで貴重な宝石として重用されていました。現在は7月の誕生石として親しまれていますね。

 

石言葉は「情熱・勇気・威厳・・・など」です。その燃えあがる炎の様な赤色は、災難・困難に打ち勝つ力があるとも言われており、勝利の石としてとも呼ばれています。また、情熱的な愛の象徴ともされており、ルビーは恋愛成就にオススメな石ともされています。ルビーの赤色は血液を浄化するとも伝えられているので、身につけた人が元気になるとも言われているそうです。

ルビーについて

 

今回の18金ルビーとダイヤモンドつきリング査定方法と高額買取に有効なポイント

 

 

今回の様なノンブランドジュエリーの査定方法は、金やプラチナなどお品物の材質を特定し、重さに応じて査定額を算出します。ルビーやダイヤモンドなどの宝石が付いている場合は、宝石のクオリティーによって査定額を算出し、合計した金額で買取させて頂きます。

 

今回の場合は18金に対する評価が殆どになりました。ダイヤモンドは合計0.18ctと小さく、合計2.02ctついたルビーはクオリティーが低いものであったので、残念ながらお値段をお付けする事ができませんでした。

 

お品物の材質やダイヤモンドのクオリティーを変える事は出来ませんが、高額査定を期待するためにお客様自身で出来る簡単なポイントもお教え致します。宝石類は汚れが付着すると輝きが失われてしまいます。その為、査定時に汚れがひどいと本来の輝きが得られずに低い査定額の提示になってしまうかも知れません。

 

特殊な器具などは必要なく、柔らかいクロスなどで表面を優しく拭くことと、宝石の裏やや金属との間にたまった汚れを毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出して汚れを落とします。お持ちのジュエリー本来の価値を引き出す為にも、汚れを取った状態で高額査定を引き出しましょう。

ジュエリーの査定ポイント

 

18金ルビーとダイヤモンドつきリング買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金ルビーとダイヤモンドつきリング買取について解説しました。今回の指輪では残念ながらルビーとダイヤモンドに査定額をつけることが出来ませんでしたが、須賀質店では金(ゴールド)やプラチナの貴金属買取価格を業界最高レベルまで上げて買取を行っております。

 

毎日相場の変動がある貴金属の買取価格ですが、須賀質店ではホームページで毎日更新・公開しております。日々の相場管理に、売却当日の相場はどうなのかなど参考になさってください。

 

 

18金のダイヤモンド付き指輪の買取事例←はこちら

18金やプラチナなどの貴金属ジュエリーの買取相場←はこちら

ルビーつきリングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。