失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

大きなルビーが付いた、プラチナの指輪を高価買取

2020年3月10日

ルビー、ダイヤモンド、プラチナの指輪の買取

須賀質店渋谷営業所で、ダイヤモンドとピンク色の石の付いた、プラチナの指輪を買取いたしました。

 

真ん中の大きなピンク色の石は、ルビーです。サファイアとルビーは同じ鉱物で違いは色だけであるため、このような石をルビーと呼ぶのか、サファイアと呼ぶのかは判断が分かれる所です。

 

赤をルビーと呼びますが、ピンクは色の薄いルビーなのか、赤とは別の色でピンクサファイアなのかという事です。実は、宝石を鑑定する専門の機関に出してみても、同じ石でルビーかサファイアかの判断が異なる事があります。

 

ルビー、ダイヤモンド付きの指輪の買取

 

冒頭でお話させて頂いた通り、宝石というのはルビー、サファイア程有名な物であっても、見分けるだけでこれだけ複雑なのです。

 

それに値を付ける事は簡単ではありません。

 

ルビー、ダイヤモンド、プラチナの指輪の買取実際に、買取査定をする際に、ルビー、サファイア、エメラルド等の色石と呼ばれる宝石には一切値を付けないという業者もあります。

 

確かに、高値で買取が出来る宝石だと思っても、実はほとんど価値の無い物である可能性もあるため、そのリスクを取るよりも値を付けないとする方が確実であるというのも分かります。

 

最近では、天然のダイヤモンドとほとんど同じ構造で、見分けの付かない人工のダイヤモンドという物が出回り始めているという事実もあります。

 

とは言え、買取査定をする側として、自信を持って高値を付ける事が出来るのであれば当然そうさせて頂きます。

 

今回のルビーも、色が薄くピンク色をしているという点では、品質の良い物ではありませんが、値が付かないような物ではありませんでした。

 

まずは、値の付けやすいダイヤモンドと周りのプラチナの値段です。指輪全体の重さで12.3g、ダイヤモンドはメレで1.95ctです。プラチナはPt900という刻印で、90%の純度でした。お持ちただいた日の相場で、ダイヤモンドとプラチナの部分で55,000円付けさせていただきました。

 

ルビー、ダイヤモンド、プラチナの指輪の買取ルビーに関しては、画像で見るよりも実物の方が内包物が多いため、あまり高値とは言えませんが、3.74ctで40,000円とさせて頂きました。

 

合計では95,000円となるのですが、今回は端数を切り上げる形で100,000円で買い取らせて頂きました。

 

ルビー、ダイヤモンド付きの指輪の買取を通してのまとめ

 

今回は大きなルビーの付いた指輪の買取のご紹介でした。先ほどもご説明した通りに、ルビーのような色石は査定が難しいので、値を付けないような業者もあります。

 

須賀質店の今回の買取がどこよりも高いかどうかは分かりませんが、少なくとも色石に値を付けないような業者よりも高値で買取が出来るという事です。

 

実際に、ルビーやエメラルドに数十万円という金額を付けて買取を行った事も何度もあります。

 

ルビー、色石の高価査定なら須賀質店にお任せください。

 

 

プラチナの買取相場←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

指輪の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。