失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブランドジュエリー、ブレスレットの買取

2019年5月1日

須賀質店五反田本店で、ヴァンクリーフ&アーペル、ペルレ、シニアチュールブレスレットを買取いたしました。基本的に金を素材としたジュエリーは18金で製造されます。24金だと金属として柔らかいため、強度面で不安があるからです。ヴァンクリーフ&アーペル(以下VCA)のペルレのブレスレットも18金が素材で、24金の色に一番近いイエローゴールドのお品物でした。

 

表面に入ったVCAのロゴは、カリグラフィ(文字そのものを美しく見せる手法)としてデザインの一部となっています。また、ペルレの特徴である金のビーズは、ブレスレットの両端を飾っています。

 

ヴァンクリーフ&アーペル

 

VCAは、フランスを代表するジュエリーブランドで、カルティエやピアジェ、ヴァシュロンコンスタンタンと同じリシュモングループに所属しています。創業は1906年で、パリのヴァンドーム広場でスタートしました。1968年に発表された、四葉のクローバーをモチーフとした、幸運の象徴アルハンブラはVCAを代表するシリーズとなっています。また、ジュエリー等を宝石で装飾する際に、宝石のみを敷き詰めたように見えるミステリーセッティングという技法は、VCAが考案し特許を取得した技法となっています。

 

ブランドジュエリーのブレスレットの買取

 

ペルレというシリーズは、アルハンブラにも負けないVCAを代表する商品ではありますが、非常にシンプルなデザインで、VCAを知らない人にはパッと見では分からない商品かもしれません。

 

しかし、だからと言ってノンブランドジュエリーと同じように金の価格でお値段を付けてしまうと、買取査定としては安すぎてしまいます。

 

ブランドジュエリーはブランドジュエリーとしての買取価格となるのが当然ではありますが、その金額は金としての価格とは大きく開く事が多々あるのです。あくまで今回は、VCAのペルレのブレスレットの買取のご紹介ではありますが、ブランドジュエリーの買取が金の価格での買取とどのくらい違うのかをご紹介いたします。

 

ブレスレットの重さが24.5gであったため、18金の買取価格で換算すると85,000円ほどになります。この金額は日によって金の買取価格が変わるため、おおよその金額ではありますが、金としての買取価格はこのくらいになります。

 

しかし、今回のペルレはブランドジュエリーとしての金額で買取をしているため、金の価格よりも大幅な高値をお付けする事が出来たのです。ブランドジュエリーとしての買取を行うためには、ブランドや商品に対する確かな知識が必要になります。知識を持った査定員のいる須賀質店をお選びください。須賀質店五反田本店で、350,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。