失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

1.003ctのダイヤモンドを五反田本店で買取りました

2019年7月18日

須賀質店五反田本店で1.003ctのダイヤモンドを40,000円で買取りました。1ct以上のダイヤモンドは珍しい大きさになるので取引価格が高額になりやすい傾向があります。俗に言う「1ctアップ」と呼ばれるものです。

ルースダイヤの買取

 

「ダイヤモンドの4C」と「1ctアップ」について須賀質店が解説します

 

「Cut(カット)」「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティ)」の頭文字が全て「C」から始まるため「4C」と呼ばれているダイヤモンドの評価基準。すべてのランクが高いほどダイヤモンドは美しく輝き、取引値も高額になります。

「Cut」はラウンド・ブリリアント・カットにおいて、ダイヤモンドが綺麗にカッティングされているかをランク付けしています。カッティングが綺麗なダイヤは多くの光を取り込み・放出する事で煌びやかな輝きをみせます。ラウンド・ブリリアント・カット以外のものに関しては評価を行わない場合が多いです。

 

「Color」はダイヤモンドの色を表します。一般的には無色透明なほど綺麗とされています。

 

「Clarity」は内包物や傷などの程度を表します。内包物や傷が少ないほど綺麗な輝きを見せます。

 

「Carat(ct)」はダイヤモンドの重さを表します。重さが重いほど大きいダイヤモンドとなりますので存在感が増します。一般的にはct=大きさと認識されている事が多く、大きさを見極める際の参考にもなります。

 

1ct以上のダイヤモンドは希少ですが、カットを甘くして無理やり1ctにしたものや、カラーやクラリティが悪い1ctのダイヤモンドも多くあります。今回買取したダイヤモンドも、特殊なカットでカラーやクラリティの評価が低いお品物でしたので高額査定にはなりませんでした。

 

1.003ctのダイヤモンド買取についてのまとめ

 

今回の記事では1.003ctのダイヤモンド買取について解説しました。残念ながらカットが特殊でカラーもかなり黄色味がかったお品物でしたので査定額は伸び悩んでしまいました。

 

須賀質店ではダイヤモンドの買取において、鑑定書などの付属品がない状態でも査定・買取させていただきます。しかしご自宅などで保管している際は、素早くより正確な査定金額を提示するためにお持ちいただけると幸いです。

 

 

 

ダイヤモンドの買取の際には先にも説明した通り4Cという評価基準を用いて査定を行います。この判断を正確に出来る査定スタッフがいるお店にダイヤモンドを売却する事が高額査定の近道となります。

 

須賀質店は五反田本店、渋谷営業所、池袋営業所と東京都内に3店舗展開しております。各店舗にはダイヤモンドの査定経験豊富なスタッフが常駐しており、お客様のお品物を正確に査定させて頂きます。

 

ルースダイヤモンドはもちろんですが、指輪やネックレスにセットされた状態のジュエリーとしての買取も須賀質店にお任せください。須賀質店では金(ゴールド)やプラチナの買取価格を業界最高レベルまで上げております。

 

ルースダイヤモンドやダイヤモンドジュエリーの売却をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。

ダイヤモンドの相場←こちら

ダイヤモンドの買取事例→こちら

ダイヤモンドの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。