失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ジュエリー、ブランド品風のペンダントトップの買取

2019年8月20日

須賀質店五反田本店で、18金のペンダントトップを2つ買取いたしました。同一のデザインで、装飾に使われている宝石が片方はルビーで、片方がサファイアとなっています。18金を示す刻印は入っていましたが、宝石に関する刻印は入っていませんでした。ノンブランドジュエリーの買取となっています。

 

ブランドジュエリー風(コピー品ではありません)、18金ジュエリーの買取

 

実は今回の買取でお持ちいただいたペンダントトップは、とある有名なブランドで、同様のデザインの商品が販売されているのです。偽物であればお値段が付くはずが無く、では何故買取となったのでしょうか。

 

今回のお品物に関しては、コピー品いわゆる偽物と呼ばれる物ではありません。このデザインの商品をお店で販売する事が、法律上問題無いかまでは分かりませんが、ブランド名が入っている訳でも無く、しっかりと金が使われているのであれば、須賀質店としてはノンブランドジュエリー、金のお値段で買い取らせていただく事が可能です。

 

コピー品と呼ばれるのは、そのブランドの製品である、という事を偽装して作られた物を指しているのであって、デザインが似ているだけでは、買取が不可能になるわけではないのです。しかし、これが貴金属、金であるため買取が出来るのであって、同様にデザインだけを似せた時計やバッグでは買取は出来ない可能性が高いでしょう。

 

実際にコピー品のジュエリーというのも数多く存在しています。本物であれば定価が1,000万円を超えるような商品のコピー品というのも見た事があります。

 

今回のお品物も、ブランドジュエリーであれば高価査定となっていましたが、デザインが同じなだけではそうはいきませんでした。ちなみにブランドジュエリーは、どんな商品であれそのブランドの名前を背負っている分、作りがしっかりとした商品がほとんどです。

 

今回はデザインだけを似せた商品であるため、作りはあまりよくありませんでしたが、買取価格が金のお値段であるため、そこは関係ありませんでした。

 

さらに、ニュースでも話題になっているように、最近の金の高騰は、留まる所を知らないといった状況です。金としての買取価格は、現在が過去最高(日によって多少上下します)となっています。1つ6g、2つで12g、須賀質店五反田本店で48,000円で買取いたしました。

 

18金のジュエリーの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR