失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ダイヤモンド、ルースダイヤ、0.3ctを高価買取

2019年11月13日

 

須賀質店渋谷営業所で、ダイヤモンドの買取をいたしました。ダイヤモンドというのは、大きさだけではなく、質によっても買取金額が大きく異なるため、何よりも質を見極める目が必要になります。

 

正確にダイヤモンドの質を見極められない査定員であれば、無駄にマージンを取る事になるため、買取金額が安くなってしまうのです。

 

須賀質店では、日々の研鑚によってダイヤモンドにより高値をお付け出来るようにしております。

 

ルースダイヤモンド、0.3ctの買取

 

ダイヤモンドの買取をする際には、提示する事の出来る買取金額が、購入金額から大きく下がってしまう事が多く、多くの場合で「何カラットあるのに何故ですか?」というような事を言われます。

 

しかし、一般的なジュエリーに使われているようなダイヤモンドであれば、どれだけカラットがあり大きなダイヤモンドであっても質が良く無ければ高価査定とはなりません。

 

1カラットのダイヤモンドであっても質が良く無ければ、0.1カラットのダイヤモンドよりも買取金額が安くなってしまう事もあるのです。

 

ダイヤモンドの買取に於いて質というのは、それほど重要な要素なのです。

 

今回はルースという一般的には少し珍しい状態でお持ちいただいての買取となりました。珍しい状態とは言っても、指輪やネックレスといった製品になっていない、ダイヤモンドだけの状態というだけです。

 

ダイヤモンドは、指輪やネックレス等のジュエリーを主として、製品に使われてこそ、であるため、それだけで売っているという事はあまりありません。そのため、買取査定でお持ちいただくのも基本的にはジュエリー等の製品です。

 

今回の場合は、指輪が壊れてしまってダイヤモンドだけで保管していたという事で、ルースのダイヤモンドの買取となりました。

 

今回のダイヤモンドの質について

 

カラーはI、これは若干黄色み掛かっているといった程度で比較的には、キレイな方であると言える物です。

 

クラリティーはSI-2、これは10倍のルーペで見た時に発見しやすい内包物がそこそこある、といった程度です。

 

カットはGood、これは良くも悪くもないが、どちらかと言うと良い形をしているといった程度です。

 

以上が今回のダイヤモンドを見て判断した質になります。

 

これが正しいのかは鑑定機関し出して確認してみないと分かりませんが、ここまでしっかりと質を判断する事が出来るため、須賀質店では高値でのダイヤモンドの買取が可能なのです。

 

実際の買取金額

 

冒頭でも述べた通りに、今回の買取は渋谷店でのお取引となっています。

 

須賀質店渋谷営業所で、15,000円で買取いたしました。

 

ルースダイヤモンド、0.3ctの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

ダイヤモンドの買取をするためには、ダイヤモンドに値段を付ける必要があります。

 

しかし、何も知らない状態で石に値段を付けろと言われても困ってしまうように、ダイヤモンドの査定も知識と経験がないと出来ないのです。

 

今回の買取査定のように、須賀質店ではダイヤモンドをお持ちいただければこのように4Cを確認してお値段を出させていただきます。

 

売りたいダイヤモンドがあるのであれば、五反田、渋谷、池袋の須賀質店までお越しください。

 

 

 

 

ダイヤモンドの他の買取事例←はこちら

ダイヤモンド4Cの解説←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。