HUBLOT

ウブロ(取扱い品目一覧)

ビッグバンクロノグラフ、ビッグバンアイスバン、クロノグラフクラシックなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ウブロ
創業 大正 9 年の老舗ウブロの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではウブロ(Hublot)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも十数年前のモデルでも買取を強化しています。ウブロ(Hublot)の時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。また、壊れて動かない時計でも買取、質入れ可能ですが、できる限り正確に動く状態で、また汚れなどは落としてお持ちいただいた方が、より高価買取査定、質入れ査定が出来ると思います。
ウブロ(Hublot)は複数のモデルがあって、ビッグバン(Big Bang)、キングパワー(KingPower)、クラシックフュージョン(Classic Fusion)など、いずれのモデルでも高価買取査定、高価質入れ査定いたします。ウブロはケース素材の組み合わせにたくさんの種類があって、組み合わせによって査定価格が異なってきますが、須賀質店のスタッフはこれらのすべてのモデルの取り扱いの経験が多数あるので、安心して買取、質入れ共にお任せください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ウブロ(Hublot)の時計の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ウブロの査定相場

下記のHublot ウブロ時計買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。
商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。
そのために、下記のHublot ウブロ時計買取査定額とおりに買取をできない場合がありますので、下記Hublot ウブロ時計買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。
※預かりの場合のHublot ウブロ時計査定額は、買取査定額より若干下回ります。

ウブロ 取扱い品目一覧
ビッグバンクロノグラフ
BIGBANGCHRONOGRAPH
ビッグバンキングオールブラックレッド
BIGBANKINGALLBLACKRED
ビッグバンアイスバン
BIGBANGICEBUN
クラシック
CLASSIC
クロノグラフクラシック
CHRONOGRAPHCLASSIC
ウブロの査定のポイント
ウブロについて

ウブロは1980年にスイスのニヨンでカルロ・クロッコにより創業されました。当時のスイス時計業界はクォーツ時計の台頭によりその勢いを失いつつありましたが、ウブロの発表する斬新なデザインと「融合(フュージョン)」という独自のコンセプトは、スイス時計業界の大きな転換点となり業界を再度盛り上げるきっかけになりました。しかしウブロのデザインやアイデアは、全ての老舗時計メーカーから賞賛されていたわけではなく、異端児扱いされることもありました。そのために、ウブロはスイスだけでなく、斬新なファッションの発祥の地であるイタリアを中心に販売活動をおこない、イタリアのファッションデザイナーたちから大きな賞賛を得ていました。現在では、ウブロの斬新で個性的なデザインは世界中のセレブリティ、芸能人、スポーツ選手、著名人たちから賞賛され愛用されています。

斬新で個性的なデザイン

「HUBLOT」とは船の側面に設置された、丸い採光用の窓 「舷窓」のフランス語です。丸い窓の周りには固定のためのビスが等間隔で打ち込まれていて、ウブロのベゼルのビスと相通じるものがあります。カルロ・クロッコによって生み出された最初の時計は、このビス付きのベゼルに、ビスでケースに固定されたラバーベルト付きの18金の時計で、ラバーベルトの採用がタブー視されていた当時の時計業界に大きな驚きと感動を与えることとなりました。

ウブロの目指したもの

創業者のカルロ・クロッコが引退して、ウブロのCEOにジャン・クロード・リバーが就任したのが2004年のことです。当時のジャン・クロード・リバーは、ブランパンを経営不振から再興させ、またオメガでは有名アスリートを広告塔として利用する「アンバサダー戦略」を生み出した辣腕経営者で、当時の時計業界に知らない人はいないほどの影響力をもった人物です。彼はウブロに2つのコンセプトを掲げて、さらなる躍進を考えていました。
そのひとつが「ウブロ独自のDNAの継続」、もうひとつが「融合(フュージョン)」、の2つです。
最初のコンセプト「ウブロ独自のDNAの継続」とは、ビス留めベゼル、ビス留めストラップ、左右に飛び出た突起(オレイユリング)の継続、の3つです。初期の作品である「クラシック」にもこの3つのDNAは採用されていましたが、このウブロのDNAをより進化させて次のモデルにも採用することを決定しました。
ふたつめの「融合(フュージョン)」は、時計に使われる素材で伝統的な素材と、今まで使われたことのない素材を組み合わせることで、全く新しいインパクトのある作品の創造を目指したものでした。ステンレスや18金が伝統ある素材であるならば、セラミックやチタン、カーボンなどが先進的な素材であるとみなして、これらを組み合わせるということです。