失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

クリスチャンディオールのネックレス、シルバー、ジルコニアの買取

2020年3月5日

シルバーアクセサリー、クリスチャンディオールの買取

須賀質店池袋営業所で、クリスチャンディオールのシルバーアクセサリーを買取いたしました。金やプラチナを使ったネックレスの装飾には、ダイヤモンド等の高価な宝石が使われている事が多いのですが、シルバーやそれ以外の金属のネックレスの場合は、ジルコニア等の安価な石が使われている事が多くなります。これは、ブランド品、ノンブランドを問わずそうなっている事が多く、呼び方もジュエリーでは無く、アクセサリーと呼ぶ事が多くなります。

 

基本的にジュエリーというのは、金、プラチナといった高価な素材で、価値のある天然の宝石を使用した物で、より安価な金属で、人口の石等で作られた物をアクセサリーと呼びます。

 

クリスチャンディオールのシルバー、ジルコニアのネックレスの買取

 

シルバーは、金やプラチナと同じ貴金属の一種で、貴金属の名前の通りに希少な金属ではありますが、金やプラチナと比べると価格に大きな差があります。

 

シルバーアクセサリー、クリスチャンディオールの買取現在の相場で大まかに言うと、金の1/100、プラチナの1/50の価格で取引されているのがシルバーです。

 

有名なブランドの商品であっても、金やプラチナのジュエリーと違い、シルバーアクセサリーならばあまり高額では無いという商品も多いでしょう。

 

そして、そのシルバーアクセサリーを中古品として扱う場合には、かなり多くの割合でほとんど値が付かなくなってしまうものです。

 

金やプラチナであれば、人気等の面でブランド品として見る事の難しい商品であっても、素材の価値以下になってしまう事は無いため、数千円、数万円といった買取金額になります。

 

しかし、シルバーアクセサリーの場合は、ブランド品としての価値を見る事が難しいとなってしまうと、シルバー自体が安価であるため、ほとんど値が付かないのです。

 

今回お持ちいただいたのは、クエリスチャンディオールのシルバーネックレスです。有名な高級ブランドではありますが、中古品市場で見た時に、シルバーアクセサリーに人気があるかと言われると、お世辞にも絶大な人気であるとは言えません。

 

そして、商品自体の重さが5.8gであったため、シルバーとしての買取金額であれば、200、300円といったところでしょう。

 

さて、今回の買取査定の肝はここからです。

 

シルバーアクセサリー、クリスチャンディオールの買取このように値が付けづらい商品の場合は、見る人物や会社、業者によって判断が異なる場合が多くなります。なんらかの理由を付けて買取そのものを断ってしまう業者も多々あるでしょう。

 

しかし、須賀質店では、シルバーの価値とクリスチャンディオールの価値を見てという事で、金属の価格よりも高値を付けて買取をさせて頂きました。

 

須賀質店池袋営業所で、1,000円で買取をいたしました。この金額もあくまで須賀質店としての判断ではありますが、お客様にもお喜び頂いての買取となりました。

 

クリスチャンディオールのシルバー、ジルコニアのネックレスの買取を通してのまとめ

 

実は、どんな物でも買取査定というのは、それを見る人物、判断をする会社の方針等によって金額が違う事をご存じでしょうか?

 

金やプラチナといった、買取金額に差が出難いように見える物でさえ、大きく違いが出る事があります。

 

まずは、須賀質店のホームページの貴金属の買取価格を見て頂きたいと思います。須賀質店のホームページだけを見ても分かり辛いかもしれませんが、どこにも負けない高値で貴金属の買取を行っております。

 

もちろん、貴金属以外にも時計、バッグ等の買取を高価査定で行っております。

 

質屋として大正9年に創業して100年程が経ちました。現在では、本店の五反田の他にも池袋、渋谷にも営業所を構えて、三店舗で営業しております。どのような商品をお持ちいただいても、全店舗で高価査定で買取が出来るように心がけております。

 

さらに、日々変動する貴金属の値段、そして中古品の相場に対応出来るようにシステムを構築して、現在の相場で迅速に買取査定を行えるようにしております。

 

もし何か不要な物がありましたら、ブランド品のバッグ、時計、貴金属、カメラ等々、須賀質店に買取のご用命をお願いいたします。

 

お客様にご満足いただける買取金額と、丁寧な対応でお待ちしております。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。