失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラネックレスを高価買取!アルハンブラの査定金額をUPさせる秘訣とは!?

2020年8月1日

 

VCAのアルハンブラネックレスの高価買取

『ヴァンクリーフ&アーペル』

 

ヴァンクリーフ&アーペルは、世界を代表する高級ジュエリーブランドです。

 

今回はそんなヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーの中でも、最も人気のある「アルハンブラ シリーズ」の買取の際のポイントや、査定金額UPの秘訣などについて解説したいと思います。

 

【 目次 】

☆ブランドジュエリーの査定のポイントについて解説

☆アルハンブラのジュエリーの査定金額をUPさせる秘訣

☆今回買取したアルハンブラネックレスの買取査定について解説

☆須賀質店がアルハンブラネックレスを高価買取できるわけ

☆ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラネックレスの買取についてのまとめ

 

☆ブランドジュエリーの査定のポイントについて解説

ジュエリーの査定で最も重要なポイントになってくるのが、

 

そのジュエリーが「ブランドジュエリーなのかノンブランドジュエリーなのか」

 

になります。

 

現在、世界中には様々なジュエリーブランドが存在します。

 

ティファニー、ハリー・ウィンストン、カルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アーペル…etc

 

有名なブランドはいくつかありますが、その他のブランドは数えたらきりがないほど存在します。

 

それらの中でも、”ブランドジュエリー”と呼ばれるものは、最初に挙げたブランドなどの、いわゆる誰でも知っているような有名なブランドであり、中古品となっても買いたい!という需要のあるブランドです。

 

ブランドジュエリーになれないジュエリーは、総じて”ノンブランドジュエリー”と呼ばれています。

 

ジュエリーは、ブランドジュエリーになるかノンブランドジュエリーになるかで、査定金額が大きく変わってしまいます。

 

それでは、実際にブランドジュエリーとノンブランドジュエリーでは、どれほど査定金額が変わってしまうのか、見てみましょう。

 

( 例 )

『ハリー・ウィンストン テニスブレス

ダイヤ合計で1.0ct程度 素材:18金 重量:15g』

 

≪ブランドジュエリーとして査定した場合≫

 

☆8月現在の買取相場での査定

 

買取金額:700,000円~900,000円

 

≪ノンブランドジュエリーとして査定した場合≫

 

☆その日の貴金属とダイヤモンドの買取金額での査定

 

買取金額:70,000円~80,000円

 

 

 

皆さんはこの価格差を見て、驚きませんか?

 

単純にハリー・ウィンストンのジュエリーと見るか、ノンブランドのジュエリーと見るかで約10倍も査定金額が変わってきます。

 

これは極端な例ではありますが、他のブランドのジュエリーでも同じような査定になることが多いです。

 

それほど、人気ブランドの付加価値(人気度)というのは強く査定に影響するのです。

 

☆アルハンブラのジュエリーの査定金額をUPさせる秘訣

それでは、ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラのジュエリーなどの、ブランドジュエリーの買取査定金額を少しでもUPさせるには、どうすればいいのか、その秘訣をお教えします。

 

査定金額をUPさせる秘訣は3つです。

 

まず1つ目は、「ジュエリーの状態」です。

 

ジュエリーの状態とは、キズや汚れ、破損などの程度のことを指します。

 

ブランドジュエリーは、一般的に買い取った後は中古品として再度販売します。

 

中古品は状態が良い方が売れやすいため、買取の業者はキズや汚れが多いものより、キレイなものの方が高値を付けやすくなります。

 

そのため、買取にお持ちになる際は、少しでも状態を良く見せるために、事前にクリーニングをするなどをしておくとよいでしょう。

 

次に2つ目は、「箱や保証書などの付属品の有無」です。

 

ブランドジュエリーには、購入した際には必ず純正の箱と、その品質を証明する保証書(ギャランティカード)が付属してきます。

 

須賀質店では、基本的には付属品の有無で査定金額に差はありませんが、買取業者によっては査定金額が数千円~数万円変わってくる所もあるようです。

 

そのため、購入時に付属してきたものは大切に保管し、売却の際に一緒にお持ちいただくとよいでしょう。

 

そして最後は、「中古品市場の相場」です。

 

相場とは、中古品を扱う業者間で行われる、オークションや競りでの取引価格のことです。

 

買取業者や質屋は基本的にこの相場をもとに査定金額を付けています。

 

この相場は一定の価格ではなく、その時の状況によって変動します。

 

現在は新型コロナウイルスの影響により、中古品市場の相場も大きく影響を受けています。

 

そのため、相場によって左右されるブランドジュエリーは、売却のタイミングが重要になってきます。

 

ブランドジュエリーの買取金額を少しでもUPさせる秘訣のまとめ

 

①ジュエリーの状態を良く保つために大切に使用・保管する

②査定に持ち込む前にできる限りキレイにする

③付属品は大切に保管しておく

④買取相場が高いタイミングで売却する

 

☆今回買取したアルハンブラネックレスの買取査定について解説

アルハンブラネックレスの高価買取

今回、買取させていただいたお品物は、ヴァンクリーフ&アーペルのヴィンテージ・アルハンブラ ネックレスです。

 

素材は18金のホワイトゴールドが使用されており、トップにはホワイトシェルとワンポイントダイヤが付いているお品物になります。

 

ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーは、いわゆるハイジュエリーと呼ばれ、気軽に購入することができないほどの価格で販売されています。

 

アルハンブラのジュエリーには、大きさで名称が変わり、小さいものから「スウィート」「ヴィンテージ」「マジック」と3種類の大きさがあります。

 

今回のネックレスはそのうちの真ん中の大きさである、「ヴィンテージ」のサイズになります。

 

そして、アルハンブラといえば、クローバーの形をした独特のデザインのトップが特徴的だと思います。

 

実はそのトップ部分に使用されている素材はいくつか種類があります。

 

「マザーオブパール」

「オニキス」

「カーネリアン」

「マラカイト」

「カルセドニー」

「タイガーズアイ」

これらの貝や石が使用されることがほとんどです。

 

今回のネックレスには「マザーオブパール」通称ホワイトシェルと呼ばれる白色の貝が使用されていました。

 

アルハンブラのジュエリーは中古品となっても欲しい!という需要が絶えないため、ほとんどのモデルが高額での取引になることが多いです。

 

今回のアルハンブラネックレスは、普通のモデルとは違い、トップにダイヤモンドが付いている2012年のクリスマス限定の少し珍しいモデルでした。

 

そのため、今回は相場の状況も加味し、225,000円での買取となりました。

 

☆須賀質店がアルハンブラネックレスを高価買取できるわけ

 

須賀質店がVCAのアルハンブラネックレスをはじめとする、ブランドジュエリーを高価買取できるにはいくつか理由があります。

 

①店頭での販売がない買取専門

 

須賀質店は、質屋としては珍しく、質預かりと買取のみに特化した業態を取っています。

 

販売の際にかかるコストを限界まで削減することにより、質預かりや買取の金額を他の業者より高値で付けることができます。

 

②熟練の査定スタッフが査定

 

須賀質店には経験豊富なスタッフが複数在籍しています。

 

須賀質店のスタッフは、常に最新の相場状況を把握するために、日本全国のオークション会場や競りの市場に足を運んでいます。

 

③創業100年を超える歴史

 

須賀質店は大正9年創業の老舗質屋です。

 

約100年の歴史の中で、様々なお品物を査定してきました。

 

常に安心・安全・お客様第一の精神で営業していす。

 

☆ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラネックレスの買取についてのまとめ

 

ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーは、簡単に手にする事ができない高値の花です。

 

一部のセレブのみ着用が許された、いわば選ばれたものにしか購入することができません。

 

しかし、中古品となれば、定価よりぐんとお値段が下がるため、頑張れば手が届くかもしれません。

 

ヴァンクリーフ&アーペルのオーナーの方の中には、様々な理由でジュエリーを手放さなければならないという方もいることでしょう。

 

須賀質店は、創業100年を超える歴史の中で、数多くのヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーを高価買取してきた実績があります。

 

「どこに売却するか迷っている」

 

「査定が一番高く、信用できるところに売りたい」

 

などと思われている方は、ぜひ一度須賀質店にアルハンブラなどのジュエリーをお持ちください。

 

査定金額だけ知りたいという方も大歓迎です。

 

お電話、公式LINE、メールどちらでも構いません。お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

ヴィンテージ・アルハンブラネックレスの買取事例←はこちら

アルハンブラのイヤリングの買取事例←はこちら

ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
S.K
ご覧いただきありがとうございます。私は2018年入社とまだ日が浅いですが、前職でリサイクルショップに勤めていたこともあり、鑑定士として日々働かせていただいています。まだまだ学ばなければならないことも多くありますが、得意分野のスマホ・家電類を中心に、時計やバッグもしっかりと査定をさせていただきます。お客様の買取・質入れのご相談を心よりお待ちしております。