失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ パシャ42金無垢の時計を渋谷営業所で高価買取

2019年7月19日

須賀質店渋谷営業所でカルティエの時計を520,000円で買取りました。こちらの時計はカルティエのパシャというシリーズの時計です。

パシャ42の高価買取

 

カルティエの時計について須賀質店が解説します

 

カルティエは1847年フランスのパリでの創業し、世界中の方にジュエリーやレザーグッズ等を提供し続けているブランドです。

 

もちろん日本でもその人気は高く、優雅で魅力的なラインナップは男女問わず憧れる方が多いと思います。有名人にもカルティエ製品の愛用者は多く、デザインや品質が評価されています。

パシャの裏蓋

カルティエの腕時計のラインナップには今回のお品物である「パシャ」以外にも、「タンク」「カリブル」「サントス」「バロンブルー」・・・と数多くの人気モデルが存在します。

 

その多くのモデルにはリューズにブルーサファイアやブルースピネルなどの宝石がついています。シンプルなデザインにアクセントとして宝石を付けエレガントな印象に変えてしまうあたりは、さすがカルティエと言った感じです。

 

須賀質店のパシャ42の査定内容を説明します

 

今回買取したパシャ42はレザーベルトが大きく劣化しているお品物でしたが、時計そのものはしっかりと機能する状態でしたので、520,000円での買取となりました。

ベルトは劣化している

機械式時計の査定では、1日にどれくらい時間のズレが生じるかを専用の機械で確認します。大きく時間がズレたり、測定不能な場合は通常の査定額からマイナスとなります。

タイムグラファー

またパーツ交換が必要な状態(ガラスがカケたり割れている、ブレスレットやバックルが壊れている、リューズが抜けているなど)のお品物や、故障している場合もマイナスとなります。

上でも触れましたが、パシャ42のリューズには宝石がセットされていますが、不意にぶつけて石が破損している場合は大きなマイナスとなる事があります。

 

 

カルティエ パシャ42金無垢の時計買取についてのまとめ

 

今回の記事ではカルティエ パシャ42金無垢の時計買取について解説しました。パシャシリーズはサイズや素材、機能などで多くの種類が存在し、査定時にはそれらを特定する必要があります。

 

またマイナーチェンジも行われていたシリーズですので、発売されていた年代によって仕様が異なる事もございます。お客様がお持ちのパシャが、どのタイプなのかを特定することがまずは第一となります。

 

パシャはメンズ、レディースの展開があるお品物でありますが、カルティエと言うジュエリーブランドのイメージから女性らしさがあるお品物ではないでしょうか。

 

メンズサイズを男性が着用される場合も、アウトドアなどのアクティブなシーンよりは、スーツやスラックスなどキレイ目な服装に合わせる方がエレガントな雰囲気を活かせると思います。

 

カルティエの腕時計はパシャ以外にも、タンクシリーズやサントスシリーズなど数多くのラインがあります。大正9年に創業した須賀質店では、その長い歴史から数多くのカルティエ製品を取り扱ってきました。取り扱い実績が豊富であるため自信を持って高額査定を提示する事が可能です。売却をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。

カルティエ(取扱い品目一覧)←こちら

カルティエ時計買取事例←こちら

カルティエのジュエリー買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。